30代、40代の転職は本当に難しいのかを本気で考えてみる

      2017/06/08

30代、40代の転職は本当に難しいのかを本気で考えるブログです

30代、40代の転職は厳しい?

転職市場はバブル崩壊以降、かなり成長した。

転職する人が多くなって、企業側も中途採用に期待するようになっている。

時代が変わってきたわけだ。

それなのに、いまだに30代、40代の転職は厳しいようなことが言われる。

他のサイトや転職関連の本なんかを見ても、やっぱり難しいようなことを書いている。

まるで脅しじゃないか。

本当にそうなのか?

たかが年齢が少し進んだだけの理由で、そんなに厳しくなるわけがないと思わないだろうか。

年齢だけの理由で可能性を否定されなければいけないのだろうか。

そんなはずはないと思う。

だから、私は本気で考えてみようと思った。

30代からの転職について。

30代からの転職は何が違うのか

この記事はブログの最初の記事として書いている。

これからこのブログに書いていこうと思っているのは、30代、40代のビジネスマンが転職するための方法だ。

転職は難しいと言われるのには、それなりの理由があるのだろうと思う。

その理由とは何か。

私はこう思う。

失敗が多いからそう言われるのだ。

20代の転職なら失敗しても大目に見てもらって、採用となることもあるのかもしれない。

でも30代ともなると、そう簡単ではないのだ。

転職活動で失敗する人が多いから、転職が厳しいと言われるのだ。

本人は失敗とすら気づいていない気もするが。

ならば、転職活動で失敗しないようにすればいい

どうしたら成功できるのか、このブログにはそれを書いていきたいのだ。

中途採用には、求人の見方、応募の方法、書類選考、面接、内定後、いくつかのプロセスがある。

それぞれのプロセスで何に気をつけるべきかが大事だ。

おそらく、ほとんどの30代、40代の転職者は何も考えていない。

何も考えていないは言い過ぎか。

次の仕事はどうしようぐらいしか考えていないはずだ。

だから失敗する。

その失敗は当然の結果だと言いたい。

転職は勝ち取るもの

私は転職の成功は自らが勝ち取るものだと思っている。

そろそろ転職しようかな、なんて考えて転職活動を始めてもいい結果にはつながらない。

逆に、会社の人員整理などで、職場を追われた人でも同じ。

早く次の仕事を見つけたい、早く、早くだけでは、いい企業に入れないどころか、おそらく採用すらされないだろう。

なぜなら、どちらも転職活動に対する考え方が甘いからだ。

甘すぎる。

もっと転職活動に真剣に取り組んでみたらどうか。

挑戦的にだ。

求人の見方、応募の方法、書類選考、面接、内定後、すべてのプロセスを本気で取り組む。

本気の意味がわかるだろうか。

どうしたら、いい転職につながるか、どうしたら採用されるかを徹底的に追及することだ。

もし、この記事を読んでいる人で、転職活動が思うように進んでいない人がいるなら、真剣に考えていないのかもしれない。

どこで求人を探すのか。

職務経歴書は何を書くのか。

面接に合格する方法は。

たぶん、自分では気づかないと思う。

転職活動中の人は、求人のことも、職務経歴書のことも、面接のことも必死でやっていると感じている。

でも、それは自分でそう思っているだけ。

私はこのブログで、どこまで本気に考えるべきかを書いていく。

そして、何を考えるべきか、何をするべきかを具体的に書いていく。

30代からの転職のコツ

つまり、30代からの転職のコツ。

新卒採用でもない。

第二新卒でもない。

20代の転職でもない。

50代の転職にも当てはまらないだろう。

30代から40代限定のやり方というのがある。

私は、その年代の人達に、転職を成功してもらいたいのだ。

もっともっと、この年代の転職が一般的になって行くことが世の中にとってもいいことだと思う。

いずれ、30代や40代の転職は難しいなんて言われないようにしていきたい。

なぜなら、私はこの年代の転職が最も価値があると思っている。

世間で言われる、30代からの転職が難しいなんていう言葉に怯えて、企業にしがみついている必要なんてない。

もっと大きな可能性に挑戦するべきだ。

それを実現できるチャンスこそが転職。

そして、このブログはそういう人だけを応援したい。

決して、多くの人に読まれなくてもいいブログだ。

転職を成功させたい人だけが読めばいいと思っている。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え