転職エージェントの推薦状が原因?複数登録した方がいいと思った体験談(失敗談)

      2017/06/13

転職エージェントは複数登録した方がいいと思った体験談(失敗談)

転職エージェントを使って転職

私は実際に転職エージェントを使って転職した。

その経験からぜひ、知っておいてもらいたいことを書く。

転職エージェントはおすすめなのであるが、そこには落とし穴もあるのだ。

実際の経験である。

転職エージェントは、普通は担当制となっている。

担当者が窓口となって、相談にも乗ってくれるし、相手の企業との交渉も行ってくれる。

心強い味方なのだ。

転職活動は、孤独感を味わう人も多い。

今まではどこかの会社に所属していた。

それが退職して転職活動を始めると、どこにも所属していない状態となる。

これだけでもなんだか心細い気持ちになる。

そして相談する相手に恵まれなければ、さらに孤独を感じる。

そんな時にも転職エージェントの担当者は助けてくれる存在だと思う。

でも、転職エージェントはいいことばかりでもない

ところが担当者もいろんな人がいる。

仕事のできる人もいるが、ミスをする人もいる。

それは人間だから仕方ないので、決してそのミスを責めようとは思わない。

でも、大事なところでのミスだとしたら、ガッカリして落ち込んでしまうかもしれない。

怒りに体が震えるかもしれない。

自分はベストを尽くしたのに、他人に邪魔されたとさえ思いかねない。

推薦状が招いた面接での失敗談

私の場合、女性の担当者だった。

そして、ある企業に応募した。

書類選考が通ったと連絡があり、面接の日程を調整したもらった。

面接の日がやってきた。

その担当者は推薦状として、面接の前に資料を企業側に送っていた

私が書いた履歴書も職務経歴書も、もちろん送っているが追加でそういう資料もあるのだ。

その資料は転職エージェントの担当者が作ったもので、私は見たことがなかった

何を書いたのかと言えば、私との面談の内容を書いたのだろう。

転職エージェントを利用するとき、最初に面談がある。

そこで話した内容が書かれている。

私は最後までそれを見なかったので、具体的に何が書かれていたかはわからない。

もし、見せてくれと言えば見せてもらえたのかもしれないが、私は事件が起こるまで存在すら知らなかった。

なぜ、その存在を知ったかといえば、面接がきっかけだった。

面接はそんなにうまくいったとも思えない出来だった。

だが、収穫があった。

面接の最後に、面接をしてくれた企業の方から、指摘されたのだ。

エージェントの資料に○○と書いてある。

こんなこと書いたら不利だから、エージェントに言って修正してもらった方がいいと教えてくれた。

当然ながら、企業からすると、採用するのをためらってしまうような退職の理由のこと。

私は寝耳に水だった。

そういう資料があって、そこに自分にとって不利なことが書いてあるとはじめて知った。

実はそれ以前にも何社か面接していたので、同じ資料が渡っていたのだろう。

そう思うと、恥ずかしくなってしまった。

転職エージェントとの最初の面談が原因だった

面接は、前職の仕事を辞めた理由では、普通はネガティブなことを言わないのは鉄則なのである。

だから、家に帰ってすぐに転職エージェントに電話して、書き直してくれと頼んだ。

今日の面接でそう言われた、とも話した。

担当者はすぐに直すと言っていた。

しかし、これは面談の中から拾った話なので、間違いではないと主張していた。

でも、私からすれば、間違いである。

ミスだと思われたくなくて、強がったのならそれでいいが、もし本当に正しいと思っていたならアウトだと思った。

面談でどんな話を求職者がしたとしても、不利なことは書いてはいけないだろう。

選別するのは転職エージェントの仕事ではないのか。

すべてを話すことで、信頼関係が高まると思った自分が甘かったのかもしれない。

実際に起きた事実である。

担当者の当たりはずれは仕方のないこと

ちなみにこの企業との面接は結果がわからなかった。

結果が出る前に別の会社の内定をもらい、決まってしまった。

結局、辞退した形となった。

内定をもらった会社も同じ資料が渡っていたので、一概にその資料のせいでどうこうとは言い難い。

転職エージェントの担当者のやり方は正しかったのかもしれない。

でも、やはり転職者の立場からすれば、有利なようにはからってくれるエージェントと付き合いたい

それが本音だ。

そこで、私は必ず数社のエージェントに登録すべきだと思う。

選べるのはエージェントの会社までだ。

その会社の中の担当者までは、こちらでは選べない。

相手が決めることだ。

そこには当たりもハズレもあることをよく知っておくべきだ。

だから数社に登録して、数社と付き合うのが安全。

そのうちに信頼できる担当者がわかってきたら絞ってもいい。

まずは最初のうちだけでも、複数のエージェントに登録することはおすすめしたい。

転職はあまくない

少しでも油断したり、気を抜いたら、大事な勝負に勝てない。

そんな教訓を与える経験だった。

だからこそ万全な準備は必要なのである。

私は完全に転職エージェントを信じきっていたことも良くなかったと反省している。

職務経歴書に誤字脱字を入れて書き、読んでチェックしてもらうぐらいのことをしてもいいかもしれない。

本気で読んでいれば、誤字脱字を見つけることは簡単だ。

でも、適当に読み流していたら、見つからないだろう。

そんな担当者は信頼できない。

別の転職エージェントとも付き合いがあれば、すぐに乗り換えることができる。

ここまで厳しい感覚で戦うのが転職だ。

一生をかけるのだから。

でも本当のところは

最後に。

転職エージェントをフォローするわけではないが、面接は堅い雰囲気のこともある。

実際に、このときの面接は緊張感があった。

盛り上がらない面接はちょとしたきっかけが欲しいもの。

面接官に指摘されて私が感じたのは、どちらかというと良い印象だった。

誰でもそうなる気がする。

面接官は私にとって不利なことをあえて教えてくれたのだ。

採用するかは別として。

私はその時になんとなく、面接している部屋の中にある何か固くて冷たかったものが溶けたような気がした。

敵ではないと感じた。

面接なんて何が起こるかは予測不可能だ。

でも、しっかり準備していれば必ず良い方に流れて行くのではないかと思う。

当時はわからなかったが、今となって強く思うのは、転職エージェントの担当者がどうであっても自分がしっかり準備すれば大丈夫。

絶対に採用を勝ち取れると思う。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ