大手の転職エージェントで採用される人は限られる!難しい転職ほど話は別!

      2017/06/15

大手の転職エージェントで採用される人は限られる!難しい転職ほど話は別だ

転職エージェントはどこがいいか。

それは人それぞれだ。

有名なのはリクルートエージェントやDODAエージェントサービスだろう。

何が違うかと言えば、規模が大きい。

つまり、持っている求人の数が多いのである。

しかし、転職エージェントは、全国で18,000社もあるそうだ。

小さな人材紹介会社が持つ強みというのもある。

要は使い分けできるか、しかも上手に。

転職エージェントの仕事とは、何かを知ってますか?

小さな人材紹介会社の強みとは何だろうか。

大手の転職エージェントがいくつかある。

それでも、小さなエージェントは活躍している。

なぜだろうか。

どうして小さい規模でも、生き残れるのか。

たまたまでも、偶然でもない。

そのうち大手だけになるということも、しばらくはないだろう。

それは大手が持っていない強みがあるからである。

大手には手を出せない領域があるからだ。

どんな強みか。

採用を決める力だと考えていいと思う。

転職にもいろいろある。

当たり前に転職活動をして、当たり前に採用されるならば、なんてことはない。

ただの人生の通過点である。

ただ、転職はそんな簡単なケースばかりではない。

中途採用で採用されることは、実はかなり難しい場合もあるのだ。

転職が本気のものなら一層そうなる。

なぜ、転職が難しいものになるのだろうか。

特殊な事があるからである。

何も考えずに、ただ仕事が見つかればいいぐらいの転職ならば、簡単なものだと思う。

片っ端から応募すれば1つぐらいは引っ掛かる。

ところが、そうではないから難しい。

例えば、英語を使う仕事をしたいとか。

ベンチャー企業で働きたいとか。

給料をもっともらいたいとか。

転職者にはそれぞれの希望がある。

これを実現させようとするから難しくなる。

しかし、こういった要望を叶えるために転職するのならば、簡単にあきらめてはいけない。

あきらめるのは簡単。

ぜひとも難しい転職にチャレンジするべきだ。

そのほうが、転職後の働き方が充実するからである。

転職に求める条件によって難しくなる

例えば。

お店にあるものは、どこかのメーカーが売りたいもの。

そして、それを買いたい人がお店に来る。

両者の思いが一致すると、商品は購入者のものになる。

つまり移動する。

これは転職も同じである。

人がある会社に移動するのが転職。

採用されるためには、売りたい転職者と買いたい企業の思惑が一致しなければいけないのである。

一致しやすい人は採用されやすい。

逆に一致しにくい人は、採用されない。

一致しにくくしているのは、転職者の方にも要因がある。

それが、転職に求める条件である。

英語の仕事だとか、高い年収を求めるということが、一致しにくくなる要因である。

一致しにくい転職を実現させるのは、実は転職エージェントの仕事である。

だが、大手の転職エージェントにそれを要求するのは難しい

なぜなら、彼らはとてもたくさんの求人と転職者を持っている。

その両方の中から一致するものを探すだけでも大変な仕事だ。

なんせ大手だからである。

何が言いたいかわかるだろうか。

転職エージェントに何を求めるかという話になる。

転職エージェントに求めることは何?

あなたの履歴書と職務経歴書を預けて、どこか転職できる企業の求人を探してくれ。

こういうのは大手が一番だ。

マッチングする材料が豊富だから。

しかし、あなたの経歴、経験、スキルでは、なかなか難しいような仕事への転職、あるいは狭い条件での転職となると、話は変わってくる。

どうやって、採用に持っていくかという戦略が必要になる。

それは簡単にマッチするものではないからである。

もちろん、簡単に決まる方が、転職エージェントはうれしい。

だが、そういう案件は、大手がやるし、大手がやった方が、転職者も幸せなのである。

転職者に強い信念があって、あるいは年齢の問題があって。

簡単にマッチしないとき、もう大手では決まらない。

もっと違うエージェントを使う必要があるということだ。

規模の小さい転職エージェントの仕事

小さい転職エージェントが何をしてくれるのだろうか。

転職者の希望を叶えるような企業を探すわけだ。

希望と言うとポジティブだが、そういうものばかりでもない。

年齢の問題もある。

30代後半あたりからは、経験を重視した採用になる。

そうなると、転職者の経験が不足することは大いにあり得る。

つまり、企業の求めるものに、転職者のスペックでは満たされないということ。

一致しないわけだ。

簡単に転職先が見つからない。

そこでどうするだろうか。

2つの方法がある。

これこそが転職エージェントの仕事だ。

エージェントが行う転職者を採用されやすくする方法

企業にはもともと、こんな人を採用したいというイメージがある。

そのイメージに転職者を合わせていくのである。

本来は転職者がやるべきものだが、それだけでは不正確だ。

できるだけ、企業のイメージに近づけるには、やはり転職エージェントの力が必要だと言える。

具体的にはどうするか。

今さら過去の転職者の経験を変えることはできない。

応募するときにウソをつくのも無理だ。

これから応募する企業に、どう見せるかを考えるしかない。

職務経歴書でどう見せるか。

面接でどこをアピールすべきかといったことが大事になる。

これができる転職エージェントは、企業の募集背景を知らなければいけない。

業界の状況も知らなければいけない。

業界や企業が今後どう展開するかも大事。

企業の文化や雰囲気も大事だろう。

こういった情報を転職者が求人票から読み取るのはまず無理だろう。

そこで転職エージェントは通っている。

頻繁に企業に行って、情報を得ている。

そこで感じ取った情報を元に、転職者にアドバイスして、採用に持っていく。

これが1つ目の方法。

企業側の条件を採用しやすいものにする

もう1つの方法は企業側を変えるのである。

企業は採用に対するもともとの要望がある。

それだと人が集まらないという場合もある。

そのときには、企業の採用条件を変えることもある。

経験やスクリなどの条件はゆるくするだけではない。

例えば給与の条件を上げることもあるだろう。

転職者にとって魅力があるように変える。

この場合は、さっきとは逆で、転職者のことをよく知らなければいけない

どのくらいのレベルなら採用が決まるのかを知らなければいけない。

本当にその企業にとって利益になるのかどうかも判断できなければいけない。

転職者の価値を判断するには、たくさんの転職事例を知っていることが必要だ。

また、今の世の中で必要とされるスキルだとか、経験の重み、どんな人が活躍できるのかといったことも知っていなければいけない。

採用が決まるまでのエージェントのやり方

転職は難しい方が価値があると言える。

転職者にとっては、キャリアアップにつながったり、給料が上がったり、人生を変えるきっかけとなるような転職とは難しいものだ。

難しいというのは採用されにくいことを意味する。

しかし、転職エージェントは、企業と転職者の間で、そのハードルの高さをコントロールしている。

実はここまでできるエージェントというのは限られる。

どこでもやってくれるというわけではない。

少なくとも、名前が広く知られているようなエージェントでは、難しいのではないかと思うのである。

転職エージェントの仕事とは、求人と人とを見比べるだけではない。

合わない条件をどうコントロールするかが、本当に求めるべきものなのである。

事例として、2つ挙げて起きたいと思う。

ぜひ大手との違いを知ってほしい。

参考:
人材紹介会社の実力とは?ワークポートという転職エージェントの採用決定力
担当者が企業のことを知らないのは不利!決定力のある転職エージェントの事例

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ