転職エージェントを使ってるのに、書類選考が通らない理由とは?

      2017/06/16

転職エージェントを使っているけど書類選考が通らないときの動き方

転職エージェントに登録する意味は?

転職エージェントに登録する意味は何だろうか。

これをちゃんと考えるべきだ。

まったく、考えない転職者が多すぎる。

転職エージェントに登録する意味。

それは非公開求人があるからである。

面接対策をしてくれる?

職務経歴書の添削?

そんなのに期待して転職エージェントを使ってはいけない。

だから採用されないのである。

採用されないと、どうするか。

ここが本当にあきれる。

転職エージェントのせいにしようとする。

「エージェントを使っているのに採用されない」

そんなセリフは言わないことだ。

恥ずかしいにもほどがある。

じゃあ、使わなきゃいいだろう。

使わないとどうなる?

非公開求人を得る機会を失うだけだ。

転職サイトで応募すればいいではないか。

・・・

と、厳しいことも言いたくなるほどだ。

転職エージェントで書類選考が通らない。

その理由をぜひ知っておいて欲しい。

それは、転職エージェントが言える話ではない。

誰にも言えないこと。

だから、ここに書きます。

書類選考が通らないのはなぜ?

書類選考が通らないのはなぜだろうか。

理由はとてもシンプルだ。

あなたの経験やスキルが、企業の欲しいものではなかった。

それだけの理由。

これ以上の何かがあるわけではない。

中途採用の市場は、とてもシンプルだと思っていい。

採用されないときこそ、そう思うべき。

この状態を改善しなければいけない。

でもそれは、あなたには難しい。

転職エージェントの仕事になる。

何をするのか。

あなたを魅力的に企業から見えるようにする。

また、企業の採用基準を見直してもらう。

こうして、両者の間の壁を低くしていく。

そのためには面接対策もする。

応募書類も添削する。

これが転職エージェントの仕事だ。

ところが、それが機能しない場合がある。

するとどうなるか。

書類選考で何度も落ちるということになる。

面接にすら進めない。

これは大問題だと認識した方がいい。

転職エージェントを使っている意味がないのだから。

使えない転職エージェント?

そもそも転職エージェントは、採用を決めるプロなのだ。

プロでなくてはいけないのだ。

だから、企業に対しても積極的に採用を求める。

少しぐらい経験が足りなくても、推薦する。

その中で、こんな言葉も使われる。

とりあえず面接だけでもしてみませんか?

こうして可能性を広げている。

面接をするとなれば、対策して面接を通るように努力する。

採用を決めるのが仕事なのだから当然。

では、書類選考で通らない場合とは何なのか。

怠慢である。

転職エージェントが怠けている証拠だ。

運が悪い?

悪いエージェントに捕まった?

担当者による?

とか言うわけだが、たぶん違うと思う。

エージェントを怠けさせているのは転職者の方だ。

転職エージェントの担当者をやる気にさせるのが先!

景気が悪い時はまだいいのである。

転職者が少ないから、一人ひとりが大事にされる。

ちょっとでも景気が良くなるとそうはいかない。

あなたが優先されるとは限らない。

他の転職者が魅力的ならば、そっちで稼ぐ。

これが転職エージェントだ。

そんなに甘くないのである。

最近は転職も当たり前の時代になった。

なおさら、エージェントの使い方は難しくなった気がする。

転職エージェントで書類選考が通らない人。

そもそもの話。

転職サイトで求人に応募して採用されるのか。

その力があるか?

それぐらいの実力があれば、転職エージェントも目を見張る。

そうでないならば、適当に扱う。

そんなの当たり前ではないか。

ただ、これはスキルとか経歴の話だけではない。

気持ちの問題なのである。

すべてを転職エージェントにまかせてあぐらをかく。

そんな転職者に誰が力を貸すだろうか。

私でも貸さない。

努力しない人を助けるほど暇ではないのだ。

そんな人を企業に提案するとしたらどうなる?

企業から転職エージェントとしての信頼を失うだけだ。

よくある転職者のセリフ

こういう人が必ずいる

「転職エージェントに登録しても、仕事が紹介されない」

「適当な求人を紹介される」

「ブラック企業を勧めてくる」

「採用されない」

こういうのはみんなそう。

転職エージェントのやる気に火が着いていないのだ。

そんなに世の中甘くないですよ。

まず、エージェントにやる気を出させる。

そこをクリアしないことには使っても意味がない。

ハローワークの方がよっぽどいいだろう。

転職エージェントを使う前に知っておきたいこと

エージェントを使うと、転職に三者が絡む。

企業がいて、転職者がいて、転職エージェントがいる。

仲介者がエージェントだ。

そのように見えるだろう。

ここまではみんな理解できると思う。

だけど、この先を考えるべきだ。

真ん中にいるのは誰なのか。

誰が主導権を握るのかということ。

これをエージェントに握られてはダメだ。

転職者が握るのである。

企業とエージェントはつながっている。

採用が決まれば、お金を払うのは企業だ。

だから転職エージェントにとっては、企業がお客さん。

転職者はその間にある商品に過ぎない。

ただし、間にいるからこそ主導権を握ることができる。

書類選考が通らないのはなぜか?

それは、仕事の経歴が、企業の募集要件とマッチしていないのである。

どうすればいい?

マッチする求人に出会わないことには始まらない。

真剣に探さないといけない。

だけど、非公開求人なのだ。

あなたが直接見れるものではない。

転職エージェントに出してもらわないといけない。

ただじゃ、出してくれないんですよ。

あなただけに、とっておきの求人を出すように持っていく。

そうなって来ないと、転職エージェントを使うメリットはないと言っていいぐらいだ。

転職エージェントにとって、力を入れるだけの人にならなければならない。

そっちが先なのです。

使い方、間違えていませんか?

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ