転職エージェントを使わない方が有利な場合とは?

      2017/08/10

転職エージェントを使わない方が有利な場合とは?

転職エージェントを使う転職は絶対に有利?

転職する時に転職エージェントを使う人は多い。

仕事を紹介してもらえるし、転職活動も効率的になる。

私も転職エージェントを使って、採用された経験がある。

たしかに、何かデメリットがあったかというとそうでもない。

使ってよかったと感じた。

ただし、それが転職のやり方のすべてではない。

いろんな方法があるわけだ。

その中には、転職エージェントを使うよりも有利な方法もある。

そこを見失っていては損をする。

どういう人は転職エージェントを使うべきなのか。

あるいは、転職エージェントを使わないほうが有利な場合とはどんなときか。

このあたりのことを知っておいて損はないだろう。

使わない方がいいケース

転職エージェントを使わない方が有利なケース。

それは、人脈がある人の転職である。

あなたに人脈がたくさんあるのであれば、それを利用したほうが絶対に有利だ。

条件もよくなるだろうし、採用される可能性も高い。

つまり、転職エージェントを使うべきではないのである。

転職エージェントと転職サイトを比べることはよくある。

DODAやリクナビNEXTでも、両者の違いは表にして書かれている。

彼らは、両方とも運営しているので、どちらも一長一短があると書いている。

どちらも利用している企業がいるわけだから、こっちが有利だとは書いていない。

だが、私の考えはちょっと違う。

転職サイトと、転職エージェントを比べるならば、エージェントが有利だろうと思う。

求人の数も違うし、非公開求人を持っているのもエージェントである。

しかし、非公開求人が有利なのは、自分の人脈で探す転職先でも同じ場合は多い。

また、求人数が10万件もあっても、自分が応募できる求人というのは、限られる。

そういう意味で、人脈を使った転職と比べると、転職エージェントのメリットは薄らいでくる。

転職エージェントは求人で動く

転職エージェントが持っている非公開求人。

非公開とは言っても、どれも求人票が存在する。

企業が採用する条件が書かれたもの、それが求人票だ。

転職エージェントでは、それをもとに動いている。

該当しそうな転職者がいれば、求人票を渡して仕事を紹介するわけだ。

実は、求人票になっていない仕事はたくさんある。

それは、まだ市場に出回っていない仕事だ。

こういうのを手に入れることができるのが、人脈というものである。

明らかに有利だと思えるだろう。

人脈がない人はどうする?

それでは、人脈がない人はどうすべきだろうか。

まだまだ転職が先だという人は人脈を作ることを心がけてもいい。

地道にいろんなところに顔を出すか。

しかし、これには時間もかかる。

頑張って作ったような人脈は維持するのも大変である。

それでは、もっといい方法はないだろうか。

ある。

それは、何を隠そう、転職エージェントを利用することなのである。

元に戻るようだが、戻ってはいない。

間違えてはいけない。

ただ単純に転職エージェントに登録するというものではない。

有利な転職は人脈にある。

これは変わらない。

そこで、人脈と言えるぐらいのレベルで転職エージェントを活用しないとダメである。

そのためにはどうするべきか。

転職エージェントの利用の仕方をよく知らないといけない。

転職エージェントをうまく使うには

転職エージェントはさっきも言ったように、求人票を使って仕事を紹介している。

これでは人脈を使うほどに有利な転職は難しいのである。

もう一歩、踏み込まないといけない。

そして、求人票になる前のような情報を紹介してもらうのである。

ここで、大事なのは、どの転職エージェントを利用するかだ。

あなたは転職エージェントを使ったことがあるだろうか。

どこを使った?

大手を使ったかもしれない。

例えば、リクルートとか、DODAといったエージェントだ。

こういう大手は違う。

もちろんメリットは大きいが、人脈には負ける。

大手の彼らも企業の情報を収集しているが、それには限度がある。

あなたの担当者が企業のことを知っているわけではないからだ。

どういうことかわかるだろうか。

あなたが転職エージェントに登録する。

すると、あなたに専属のキャリアアドバイザーがつく。

そして、その担当のアドバイザーが仕事を紹介してくれる。

問題はここにある。

その人は、あなたの担当であって、企業の担当ではないのである。

ということは、何を紹介してくれるのか。

求人票を紹介してくれる。

この方法は、転職サイトを使うよりは、いい方法だと私は思う。

しかし、人脈を使うレベルに比べると物足りない。

ということは、あなたはどうするべきか。

転職者を担当する人ではなく、企業を担当する人との接点を持つのである。

そんなことが可能なのか。

大手の転職エージェントでは、難しい。

大手は効率化されすぎていて、マッチングがメインとなってしまっている。

そこで利用したいのは中小の転職エージェントである。

中小だと、まず人が少ないので、一人一人で動いている。

企業の人とも会って、転職者とも会う。

こういう人との接点とは何か。

まさに人脈ということになる。

ただし、中小の転職エージェントのデメリットも大きい。

数が少ないことである。

リクルートなどと比べると、全然少ない。

ここが転職エージェント選びの難しいところである。

大手だけで選んでいても、あまり意味がないと私は思う。

場合によっては、チャンスを逃してしまうことになる。

ある企業の事例

リクルートとDODAは有名なエージェントだ。

ほかにも有名どころはいくつかある。

その中の1つと言えるのか、それとももっと知名度は不足しているのか。

上場企業なので、それなりに規模はあるのだろう。

ある企業がある。

この企業はけっこう大きいにも関わらず、企業の担当者が転職者も担当している。

その企業については、次の記事に書きたいと思う。

担当者が企業のことを知らないのは不利!決定力のある転職エージェントの事例

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ