転職エージェントから仕事が紹介されない?やる気がない時はどうする?

      2017/06/20

転職エージェントがやる気がないときはどうする?

転職エージェントを使うことは有利なのか

転職サイトで応募するか。

それとも転職エージェントを使うべきか。

どちらの方が転職に有利だろうか。

答えは簡単だ。

転職エージェントを使うほうがいい。

おそらくほとんどのケースでそうなのだ。

経験が足りない人もそう。

40代で転職するときもそう。

給料を上げたいときもそう。

第二新卒だってそう。

エージェントを使うことに、デメリットはない。

だから、大いに使うべきだ。

ところが、転職エージェントが使っても効果のない人もいる。

転職できないのでは使っている意味がない。

やる気のない転職エージェント…

たとえば、やる気のない転職エージェントだ。

こういうのは困る。

こっちはいい仕事を紹介して欲しい。

それなのに、ちゃんと探そうともしない。

全然、仕事を紹介してもらえない。

または、希望しているものから遠い仕事を紹介してくる。

こういうエージェントはハズレなのだろうか。

それとも、その担当者だけの問題か。

担当を変えてもらえば改善する?

そう考えるわけだが、担当を変えてもダメだ。

はっきり言おう。

別のエージェントを使ってもダメだろう。

この際、もっと言う。

あなたが採用されるのはだいぶ先だろう。

なぜか。

転職エージェントにやる気がないから。

これが転職できない証拠である。

ちょっとは転職をまじめに考えませんか?

転職エージェントもいろいろなのがいる。

そんなのは知っているだろう。

大手も中小も、そりゃいっぱいあるわけだ。

あなたのエージェントがやる気がないとする。

たまたまだろうか。

たくさんのエージェントがいる中で偶然ハズレを引き当てた?

それは違う。

そろそろ人のせいにするのはやめたらどうか。

それだけではない。

逆に感じる人もいる。

希望している仕事と全然違う求人を紹介される。

早く転職を決めさせようとする転職エージェント。

こういう場合、転職者がどう思うか。

やる気があってけっこうかと思えば、そうではない。

ちゃんと自分の経歴を見ていない。

転職エージェントの利益を重視しているだけだと言う。

まったく同じ。

人のせいにしているのがよくわかる。

なぜ、こういうクレームが湧き上がるのか。

つまり、転職エージェントが思うように動いてくれない。

その理由は何か。

あなたが主体になっていないからだ。

転職エージェントに動かされている。

だから、相手の動きに満足できない。

エージェントだって人間である。

やる気が出ないのは、転職者側に問題がある

こう考えないとダメなのだ。

相手を動かさないと採用は決まらない

このブログでは何度も言っている。

中途採用で大事なこと。

相手を動かすということだ。

企業に採用を決めさせる、決断させる。

これで転職は成功する。

採用は自然現象で決まるのではない。

動かそうと努力するからこそ、希望の企業に採用される。

これは応募先の企業だけではない。

転職エージェントだって同じ。

たしかにエージェントは仕事を紹介してくれる。

そして、応募書類の添削もやる。

面接の対策もしてくれる。

それらを一通りやってもらったら転職成功?

そんなに甘くない。

おんぶに抱っこではいけないのである。

もっと、利用してやるという覚悟を持つこと。

転職エージェントを動かすという気持ちが必要!

転職エージェントのやる気も引き出せない。

それなのに、企業の人事部をあなたが動かせるだろうか。

そんなわけがない。

転職を決めて利益を上げたいエージェント。

むしろ動いてくれる気満々。

それすらも動かせていないのに。

企業を動かすことなんて不可能。

考えてみて欲しい。

自分が主体となっていたかどうか。

今の時代、非公開の求人が山ほどある。

転職サイトだけで探すのでは、もったいない。

ということは、どういうことか。

エージェントから価値のある求人を引き出さなければいけない。

彼らは、いい求人ほど、隠しているのだから。

そこで、どうするか。

まず、あなたのやる気が必要ではないだろうか。

やる気のない人には、適当に案件を紹介するわけだ。

逆の立場になって考えてみよう。

適当でいいやとなるはずだ。

そして、転職者に必要なもの。

転職に対する明確なイメージ

これが必要だ。

本気だと見せなければいけないから。

これをこう実現したいから転職すると伝わっているか。

だから、こういう仕事がいいと伝わっているか。

そこまで具体的にしてやらなければダメだ。

待っていても、意味がない。

相手のやる気を出すにはどうすればいいか。

こんなのは仕事の基本である。

転職エージェントと転職者の関係

転職エージェントにとってあなたは何だろうか。

間違えてはいけない。

お客様ではない。

あなたは転職エージェントに一銭も払わない。

払うのは企業の方である。

それなのに、お客様ヅラをしている。

勘違いもいいところ。

エージェントは企業に気に入られたいのだ。

あなたに嫌われてもいいのである。

だけども、エージェントも人間。

あなたの一生懸命が伝われば、いい求人を紹介する。

可能性を感じれば、頑張る。

やる気も出す。

だって、あなたは企業に喜ばれる人材なのだから。

これぐらいは、理解しておかないと意味がない。

転職エージェントを使う意味がない。

エージェントを巻き込んで、転職を実現する。

そういう考えをぜひ持ってほしい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ