ブラック企業に入らない方法は、どこで求人を探すかにかかっている!

      2017/06/13

ブラック企業に入らない方法は、求人情報をどこで探すかにかかっている

求人の探し方はいろいろあるが

転職するためには求人と言われる情報を入手しないことには始まらない。

求人の入手方法はいろいろある。

新聞にも求人情報はある。

求人雑誌を買うのも1つの方法だ。

転職フェアと言って、大きな会場に人材を募集する企業がたくさん集まるものもある。

転職のマニュアル本を見ると、いろんな方法でアプローチしなさいというのが一般的である。

しかし、私から見れば、有効な求人へのアプローチの方法はそれほど多くない。

ただ単に転職するだけでいいのであればどんな方法でもいいが、ちゃんとした企業に転職し、自分の思い描いていた仕事ができ、きちんと評価されるような企業に転職することを望む人には、方法は限られるのである。

つまり、ブラック企業に入るのが嫌ならば、求人情報へのアプローチはものすごく重要だ。

いやだろう?

ブラック企業。

求人の善し悪しを見極めろ!

求人の善し悪しを見分けるのは簡単だ。

簡単なことなのに、ほとんどの人がちゃんと見ていないのが現実だ。

そして転職して働いてみて、給料をもらってみて、はじめて気がつく。

あの求人は良くなかったのだと思い出すようにして気づくのである。

全然、話が違うじゃないかと嘆く人もいるかもしれない。

でも、私から見れば、自分の責任だろうと思ってしまう。

求人の善し悪しを見分けることは簡単なことなのに、それを怠ったからだ。

それでいて文句を言うのはいけない。

文句を言う資格がない。

会社自身がちゃんと、うちの会社は悪い求人を出してますからねと教えてくれているのである。

それでもいいなら面接してみませんか?と言ってくれているようなものだ。

気づかないと、普通の求人だと思い、面接に向かってしまう。

その後、どうなるかはもう書くまでもない。

求人情報の善し悪しが読み取れない人は転職に失敗する。

このページを読んでいる人には絶対に失敗して欲しくない。

だから伝えたいことがある。

求人はどこにあるのか

求人の多くはどこで手に入るかを考えて欲しい。

ネット上にあふれるほどある。

本屋さんに行けば、求人雑誌にも載っている。

ハローワークの検索機にもたくさん入っている。

その中でよいものはどれだと思うだろうか。

正解は残念ながらこの中には1つもない。

求職中の人なら、何かいい仕事がないかと思って、「求人」とでもヤフーで検索してみたのではないだろうか。

たしかにはネット上にたくさん存在する。

しかし、よい求人は、少ない。

あったとしても奇跡的だ。

要するにネットにある求人情報は良くないと知って欲しい。

ネットに情報を出す時点で、それ自体に残っている価値はほとんどないと思っていい。

ない場所で探すから、いい会社が見つからないし、転職に失敗するのだ。

ハローワークの検索機も同じだ。

もちろん求人雑誌も同じ。

いい求人の情報がない理由

では、いい求人はどこにあるのだろうか。

答えを言うのは簡単だが一度考えてみよう。

求人サイト、ハローワーク、求人雑誌。

この3つに共通することはなんだろうか。

それは、アクセスが簡単なことである。

ネットやハローワークは無料だし、雑誌も数百円で手に入る。

お金のことだけではない。お金なんかよりももっと大事なポイントがある。

それは誰からも見えていることだ。

誰でも見れるところにある情報。

求人に限らず、こういう目のつきやすいところにあるものでいい情報なんて少ないに決まっている

もし、あなたが、すごくいい情報を持っているとする。

できるだけ、高く買って欲しいならばどうするだろうか。

みんなが見えるところに置くだろうか。

そんなはずはない。

こっそりと隠し持っていて、高く売れるところに持っていくのだ。

情報ではなくて物なら話は別になるかもしれない。

見えるところでオークションのようにして価格を高くすることもできるが、情報はできない。

求人情報では、ウソを書いてはいけないルールだ。

オークションのように需要(応募者)が多ければ、求人票の中の給与の金額が釣り上がるようなことはあり得ない。

いい求人とは、見えない所にある

わかってきただろうか。

よい情報は、多くの人が目にしないところにあるのだ。

これはとても重要なこと。

しかし、転職サイトでばかり探していると見えない。

社会人であればそれぐらいの慎重さは持っていなければいけない。

ただ、転職活動が長引いたりすると冷静さを失いやすいもの。

そこで陥ってしまうのだ。

企業側からみれば、求職者から悪い求人だと思われても仕方ないと思って載せているような求人にも引っかかる。

なぜ、そこまでして企業は募集するのか。

それは、入社しても辞める人が多いからであり、人材を育てたり、大切に思ったりする感覚の薄い会社だからだ。

人をものだと思っている会社なのだ。

だから、見えやすいところにある求人には手を出さないようにすることだ。

だって、いやだろう?

ブラック企業。

転職はどうやって決まっているのか

リクルートキャリアという会社を知っているだろうか。

リクナビNEXTという転職サイトや、リクルートエジェントという転職エージェントを運営している。

その会社に聞いたのだ。

どうやって転職が決まっているか。

実はリクナビNEXTには数千件という求人がある。

これは言わば、公開されている求人で、だれもがアプローチしやすい求人。

リクルートエージェントには非公開求人があり、その数は10万件を超えるという。

こんなに差がある。

しかし、リクルートの人の話だと、転職サイトの方が採用が決まっている数は多いというのだ。

不思議である。

10倍以上の求人数の差があるのに、少ない方で決まっている人が多いというのだから。

それは、つまりリクルートエージェントを利用していない人が多いということだ。

もったいないことをしているのである。

他の人の目に見えない非公開求人を持っている転職エージェントは利用されていない。

だから、もったいないのである。

自分の要望に合った求人を探すという意味では、転職エージェントの方が有利。

ブラック企業に入りたくないのならば、転職エージェントを使うべきなのである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ, 転職の心構え