転職で不利とされるブランクがあるときは気にしない!言い訳も不要!

      2017/06/13

転職では不利とされるブランクがあったら気にしないが正解!

ブランクがある場合は転職では不利?

ブランクとは仕事を辞めて、次の仕事につくまでの空白期間だ。

退職前に次の企業が決まっていて、退職後にすぐに入社できるのが理想かもしれない。

でも、そういう場合だけではない。

ブランクができてしまうことがある。

そして、一般的にはブランクがあると転職活動では不利になると言われる。

なぜ不利になるのだろうか。

なぜ働いていなかったのかの説明が難しくなる

確かにブランクはない方がいい。

面接では履歴書を見ながら話すわけだ。

面接でなくても、先に応募するタイミングで履歴書は相手の企業に渡すわけだ。

そこで、相手は気になる。

なんでブランクがあるのだろう?

気になると聞かずにはいられなくなる。

質問したいと思うのが人間だ。

面接では必ず聞かれる。

この期間は何をしていたのかと。

そこで説明が難しくなる。

ブランクとなった期間、普通はみんな働いているのである。

理由がちゃんとあるなら正直に話せばいいが、その間、働かないで遊んでいたとは説明がしにくい。

なんかサボっているような感じではないか。

やっぱり転職者がブランクを恐れる理由は説明が難しくなるところにある。

転職活動は働きながらやればいい?

ある転職サイトでも書かれている。

転職活動は働きながらやるものだ。

そう書いてある。

ハローワークでもらえる冊子にも早く決めるようにと書いている。

なぜなら、退職してから時間が経つと、企業が受ける印象が悪くなる。

できれば、在職中に、そして退職した場合は早めに。

これが転職活動の基本のように思えてくる。

だって、みんながそう言っているのだから。

転職するときのブランクなんて恐れるな!

ここからは私の持論である。

私はブランクがあると転職に不利だとは思わない

なんで不利なのか、逆に説明がつかないぐらいだ。

だって、そうだろう。

半年のブランクがある人は、仕事ができない?

ブランクが長ければ、サボりがちになる?

そんな統計は見たことがない。

逆じゃないだろうか。

昔なら「ブランクは良くない」とも言えたかもしれない。

だいぶ昔。

体を動かす重労働が主で、長時間労働が普通だった時代だ。

それなら、休んだら筋肉が衰えるかもしれない。

でも、今は違う。

どちらかと言えば、世の中の問題はストレスだ。

ブランクを置いて、ゆっくりリフレッシュした人の方がいい仕事をしてくれる。

前の仕事で疲れたような状況で、疲弊しながら入社された方が困る。

私ならそう思ってしまう。

ブランクがあっても気にせず、転職活動をやればいい。

むしろ、時間をたくさんかけてでも、いい会社に入った方がいいと思う。

ブランクを気にすることで、妥協することはないのだ。

早く転職って、自分を守りたいだけではないのか

なぜ、転職サイトもハローワークもブランクを空けないように言うのだろうか。

彼らの言っていることを鵜呑みにしないで、考えてみて欲しい。

そしたら、答えは簡単にわかるだろう。

早く転職して欲しいのだ。

転職サイトはとくに営利企業だ。

お客さんは誰だろう。

転職サイトに求人を公開する企業である。

サイトに掲載して、その求人に応募があれば、お客さんは喜ぶ。

そして、転職サイトをありがたがる。

いつまでも応募がなければ、やがてお客さんは離れていく。

これではお金にならない業種なのだ。

だから転職者を焦らせようとする

応募させたいのだろう。

そのために、ブランクがあってはいけないと焦らせる。

要は自分を守りたいだけだとも受け取れる。

何かブランクがいけないように思えるかもしれないがまったくそんなことはない。

ちゃんと説明が通ればすむ話

面接で説明できない問題は残るかもしれない。

これはちゃんと説明するしかない。

逃げようとするからおかしくなる。

ありのままを説明すればいい。

では、何と説明すればいいだろうか。

転職活動をしていたと言えばいいではないか。

ゆっくりいい企業を選んでいたでいいわけだ。

採用されないで時間が経ったと思われる可能性もある。

どうして他の企業は採用しないのか?

そう相手は疑問を持つかもしれない。

でも、大丈夫だ。

自信を持って欲しい。

それ以上に自分の魅力を高めればいい。

魅力は見せ方の問題だ。

このブログに書いているコツのようなものを1つ1つ実践してみて欲しい。

ブランクなんかどうでもいい。

それだけの価値がこの人にはあると相手に思わせればいい。

実際に面接で聞かれるのか?

いろんな会社があるわけだから、面接で何を聞くのかなんて会社によって違う。

だが、私の経験を言えば、ブランクは関係なかった。

だいたい3~4か月のブランクがあったのだ。

2回の転職で、どちらもそれぐらいのブランクがあった。

全然、優等生ではない。

理由は、少し休みたかっただけである。

そして、転職の度に、何社か面接を受けた。

しかし、私の記憶では、なぜブランクがあるのかと問われたことはない

一度もなかった。

私のような気の小さい人間は、弱みをつかれると小さくなってしまうタイプ。

だから、聞かれたのなら、答えに困っていただろうと思う。

そんな出来事を覚えていないということはあり得ない。

つまりは、聞かれなかったのである。

それがめずらしいケースとも決して思えないのだ。

よく考えてみて欲しい。

面接をして、企業が聞きたいのは、その企業で活躍できるかどうかである。

そのために、過去の仕事の経験を聞くことには意味がある。

でも、ブランクの理由を聞いてどうする?

あまり意味がないだろう。

そりゃ、休みたいとときだってあるのだから、別にいいのだ。

気にしないことをおすすめしたい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え