採用、不採用の分かれ目は、転職活動での腹のくくり方だ

      2017/06/13

採用、不採用の分かれ目は、転職活動での腹のくくり方だ

転職がうまくいかない人の特徴の1つ

採用される、採用されないの差は思っている以上に小さい。

コツを知らないことだけで、採用されないことは大いにある。

人間の能力なんか大して変わらないのだから、当然ながら採用されない理由は小さいものだ。

それが何かを考える時間は必要だ。

転職がうまくいかない人の特徴の1つについて見てみたい。

それが腹をくくらないことだ。

腹をくくるというのは

転職活動に限らず、うまくいくか、いかないかに大きく影響するのが腹をくくること。

企業側が採用したいと思いながらも、この応募者には何か足りないと思うことがある。

その何かは腹のくくり方だろう。

つまり、後先考えずに突き進むようなエネルギーを持って転職活動をやっているか。

こういうことだ。

人間は弱い生き物である。

だから、できるだけ自分を守りたいと思うものだ。

保守的な考え方は、自分が安全であるために生まれてくる。

そう考えると、決して悪いものではないし、生きるためには必要なものになる。

だから、特に強い意図がなければ、普通は保守的になるのだ。

転職活動でも、考え過ぎてしまうことはないだろうか。

リスクを少なくしようと考えてはいないだろうか。

それがあなたの採用を邪魔することがあるから注意が必要だ。

他の企業よりも御社が?

保守的になるいい例がある。

例えば、面接などで他の企業の選考状況を聞かれることがある。

どう答えるだろうか。

正直に答えれば特に問題はないのである。

ところが、余計なことを考える人はいる。

どう答えたらいいか。

あまり、他の企業のことを言うよりも、御社が一番だと伝えた方がいい?

こんなことを考えたことがあるかもしれない。

別に悪いことではない。

だが、腹をくくっていないいい例だ。

腹をくくらないと、あなたの魅力は半減する。

なぜ先ほどの例は腹をくくっていないと言えるのだろうか。

私は転職活動は戦略的であるべきだと、いつも考えている。

このブログでもそういう記事が多い。

戦略的とは、行き当たりばったりではない。

よく考えて、有利な方法をとることだ。

だが、勘違いしてはいけない。

戦略を実行に移すとき。

実行の段階では、もう考える必要はほとんどない。

リスクだとか、保守的な考えは捨ててしまった方がいい。

そして、思い切りを見せるべきなのだ。

そうしないと、あなたの魅力は相手に見えにくくなってしまう。

いざとなると、可能性を残したいと思うのは当然。

しかし、そこで断固としてその思いを断ち切らなければいけない。

後先考えずにだ。

つまりどういうことか。

転職活動で企業の求人に応募すると決めたら、もう迷う必要はない。

採用されるために、全力になること。

他の企業の方が、自分の中では優先順位が高いなどと考えると採用されない。

目の前の企業に全力を尽くすことが、腹をくくることなのである。

採用されたら…、内定が出たら…、その企業に入るかどうかを考えればいい。

そこまではひたすら走り続けるイメージだ。

脇目も振らずに。

腹をくくった人には絶対に勝てない

テクニックでもなんでもない。

ここに書いたことは、完全に精神的なことだ。

精神論。

でも、なんとなく理解はできると思う。

保守的な人は絶対に腹をくくった人には勝てない。

世の中で成功した人は、だいたい革命的な思想を持っているものだ。

保守的な生き方をして大成功を収める人なんていない。

そう思わないだろうか。

これは、一般的な話だ。

誰もが賛成することだろう。

だからこそ、保守的ではダメだ。

面接の相手も人間だし、どんな人が成功するのかという点は普通に頭の中にある。

それが、腹をくくっている人の方がいいという答えになる。

だから、煮え切らない態度が見えれば印象は良くないものになる。

結婚するときも腹をくくる

あなたが結婚しているかどうかはわからないが、結婚に例えて考えてみてほしい。

人生の中の大きなイベントである点は、転職も結婚も似ている。

婚活と言われるものをしていると、相手から見たあなたの印象は大事だ。

印象を作るものは様々である。

結婚するということに対して腹をくくっているかも、その中でとても重要になる。

もしかしたら、もっといい人がいるんじゃないか。

そんなことを考えると、大抵はうまくいかない。

結婚は決まらないだろう。

なぜなら、魅力がないのだ。

結婚を決めて、自分の決断した中で、最大限に幸せになるべきだ。

転職での面接でも同じ。

相手はだいたい気づいているのである。

あなたに浮気な気持ちがあるかどうかを。

面接で見破られたのでは、採用されるわけがない。

腹をくくって転職活動は行うべきだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え, 面接のコツ