30代、40代の転職に必要なことは社内に自分の居場所を作ること

      2017/06/08

30代、40代の転職に必要なことは社内に自分の居場所を作ること

中途採用は即戦力…本当に即戦力になることが必要だと思うか

特に30代、40代の転職では、重要になってくることがある。

よく言われるのは、管理能力とか、即戦力とか、自分で考えて動くとか。

どうだろう。

こんな言葉を聞くとだんだん働き方に自信がなくなってくるものだ。

転職に臆病になってしまう。

転職サイトで見ても、ハローワークに行って求人票を見ても同じ。

求める人材とかいうものには、自信の無くなりそうな言葉が並ぶものだ。

でも、こんな言葉は決まり文句で、どの会社も深く考えずに使っている。

そう考えて臆病にならない方がいい結果につながると思う。

仕事選びで大事なのは、そんなことじゃない。

即戦力となるスキルとか、管理職の経験とか、そんなことじゃないのだ。

その企業で自分の居場所を作れるかにある。

自分の居場所をその会社に築いていけるかだ

30代の転職ともなれば、20代の若手社員と同様にペコペコと上司のいいなりで仕事をしていればいいのではない。

30代の人なら、そうではいけないと誰もが知っているはずだ。

でも具体的にどうすればいいのかわからない人もいるだろう。

そういう人は居場所を作ることを考えて欲しい。

会社に居場所のない人は出世しないし、稼いでいない。

きちんと自分の居場所を作った人が稼いでいるのだ。

居場所とは何か。

もし在職中の人ならば、自分の会社で出世している人を見るとわかる。

もう仕事を辞めてしまった人も過去の会社で出世した人を思い浮かべて欲しい。

共通点があるはず。

社会人経験がある人なら、おそらくわかるのではないだろうか。

どんな人?

居場所のある人は一目置かれる

企業の中で居場所を持っている人というのは周りの社員から一目置かれる存在

具体的に言うならば、いくつかのタイプがある。

社内で出世している人を思い浮かべながら想像して欲しい。

そして、あなたにできるかどうかも一緒に考えてみよう。

専門スキルを持っている

転職ど素人の人でも、思いつくのは、専門スキルではないだろうか。

この人にしかできない専門のスキルがあると強い。

他の社員が知らないことを知っていて、それを業務に活かせるのであれば、立派な居場所を作ったことになる。

英語ができるでもいいし、法律に詳しいでもいいわけだ。

部署を超えてまで頼って来る人も出てくるものだ。

そうなるには、それなりの経験や勉強が必要になる。

それだけじゃない。

スキルという言葉が曖昧だけれど、実はいろんなスキルが仕事の中にはある。

英語とか法律じゃなくて、仕事で大事なことと言われる報・連・相だって同じ。

報告がうまい人、連絡がうまい人、相談がうまい人。

これも専門スキルと言っていいと思う。

会議やミーティングの進行がものすごくうまい人なんていうのもいるものだ。

情報を持っている

あまり他の人よりも優れたものがないなと思ってがっかりしてはいけない。

優れたことがない人がほとんどなのだから。

居場所作りには専門スキルが絶対に必要なわけではない。

方法はまだある。

例えば、情報通の人である。

社員の情報をいろいろと知っている人。

企業にはこういう人がいるはずだ。

何かと知っている人は、確実に居場所がある。

一目置かれる存在になる。

決して何か特別なことを知っているわけでも上手なわけでもない。

それでも出世する人がいる。

社内のことをよく知っている人。

権限を持っている

権限も1つの方法。

権限と言っても、単純に偉い役職についている人ばかりではない。

何かの担当になるだけでも、何かしらの権限を持つことになる。

仕事に限らず、レクレーションとか、社員旅行とか、表彰などの担当でもいいわけだ。

グループに属する

これだけじゃ足りない?

もっと欲しいか。

それなら、グループに属するというのも1つの方法だ。

会社の組織と関係のないグループ。

派閥とも言ったりするが、居場所という観点では1つの方法になる。

転職者は入るまで会社の内情を知らないのだから、入ってすぐにとはいかないだろうが。

まだまだ社内の居場所はあると思う

いずれにしても共通点がある。

これを言葉でうまく説明するのは難しいが、自分らしく働けていることは大きなポイントだ。

自分らしく、思い通りにやれる仕事、場所があるか。

仕事ではなくても、自分の特性を活かして、会社に居場所を作れるかが大事なのだ。

特に30代、40代の転職はそれがものすごく大事だと思った方がいい。

前職で居場所があったと思えるなら、同じような職種でもいいし、まだ辞めていないなら、その仕事を続けてもいい。

なければ、転職するときに、何かを変えなければいけないのだ。

自分を変えるのか、それとも入る会社を変えるのか。

そのどちらか。

とにかく会社の中での居場所ということを意識すると働き方も変わる。

そして、仕事に対する考え方も変わってくるはずだ。

前の仕事にこだわらずに考える

同じような業界に転職するなら、前職で培った専門スキルも役に立つだろう。

でも、前職のことにこだわる必要はない。

あそこにはあの人がいるという場所を作るべき。

そうなると仕事は面白くなるし、周りからも頼られる存在になる。

もうこの先ずっと転職は必要なくなるかもしれない。

ぜひ、そうなって欲しい。

1つ注意するならば。

求人情報を見ながら、ここに居場所があるかと考えてはいけない。

居場所は誰かが作ってくれたり、会社が用意してくれたりするものではない。

転職した人自身が作るものなのだ。

これができないと、仕事はいつまでたってもおもしろくならない。

ぜひ、社内に居場所を作ることを想像しながら転職先を想像してみて欲しい。

実はこれこそが、企業を知ることである。

未経験だからこその価値

そう考えると未経験の職種でも自分の居場所は作ることができる。

営業をやっていた人が事務の仕事に転職。

営業を知っている事務の人というのは貴重だったりする。

営業の観点から物を言える人は存在価値がある。

逆に事務から営業への転職だって同じ。

だから、前の仕事にこだわらずに探すべきだと言いたいのだ。

何も業種や職種の経験だけが必要なのではない。

居場所が作れそうな企業に応募する。

それはどういうことか。

企業から見ても、この人なら活躍できると見えるのである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え