中途採用で「経験者優遇」の求人に未経験者が応募しても採用されないのか

      2017/06/09

中途採用で「経験者優遇」の求人に未経験者が応募しても採用されないのか

「経験者優遇」は関係ない?

転職活動をしていると、未経験の仕事を探す人にとって気になる言葉がある。

経験者優遇」といった求人を目にする。

その仕事の経験がない人にとっては、この言葉が重くのしかかる。

応募する権利がないのではないかと思ってしまう。

私ははっきりと断言したい。

経験者優遇という言葉だけであきらめる必要は全くない。

必ず経験者でなければいけないわけではない。

逆に「未経験者歓迎」も同じだろう。

どちらの言葉が書かれていても、何も気にしなくていい。

誰にでもチャンスがある求人であることは間違いない。

たった5文字で応募をためらうことはもったいないことだ。

経験はやる気や人間性には勝てない

経験者優遇」と書くからにはそれなりに思いがあるのだろう。

経験のある人を入れて、即戦力として働いてもらいたい

つまり、何も知らない人が来るよりも教育が簡単だと企業は思っている。

でも、それは求人を出すタイミングで、そう思っただけの話である。

実際に選考のステップに進めば話は変わってくる。

経験は二の次になる。

採用するとなれば、もっと大事なものがあるからだ。

それはやる気とか人間性といったもの。

どんなに経験があってもやる気や人間性を超えることはない。

これはある人事担当者が言っていたことだ。

仕事の知識なんかはやる気があれば、後からいくらでも追いつける。

でも逆は無理。

つまり、やる気は経験がいくらあっても生み出せない

人間性も同じである。

企業が最も欲しい人材は、経験が豊かな人よりもやる気に満ちた人、あるいは人間性に魅力のある人である。

これは間違いない。

やる気はすぐにでも作れる?

世の中は公平なのか不公平なのかわからなくなる。

長年経験をしてきた人よりも、やる気がある人のほうが有利だなんて。

でも、実際そうなのだから仕方がない。

やる気スイッチという言葉を聞いたことがあるだろうか。

やる気というのはスイッチの問題。

だから、スイッチを入れれば簡単?

残念ながら、そう簡単ではない。

自分だけの問題ではないからだ。

転職活動では自分がやる気があればいいというものではない。

何を言っているかわかるか。

相手が「この人はやる気がある」と感じなければ、やる気がないのと一緒。

ここがポイントだ。

転職活動では自分がやったとか、自分が伝えただけでは何の意味もない。

相手に伝わってはじめて意味が出てくる。

転職活動でやる気を企業に伝えるにはそれなりのコツがいる。

このブログではそのようなコツを書いているのである。

風を入れようとする企業は増えている

最近においては以前よりも、経験者優遇の意味は薄れているような気がする。

なかなか過去の知識が通用する場面も減ってきているのだ。

変化のスピードが速くなっているからだろう。

そして、新しい発想をどんどん取り入れていくべきだといった考えも企業には強くある。

企業は同業種に詳しい人材だけでなく、いろんな風を入れたいと思っている。

こういった企業は、やはりいい企業だ。

つまり、未経験者にとってはいい環境になったと言える。

未経験の仕事にも転職がしやすくなった。

いい企業は環境を整備するもの

未経験でもよしとするならば、企業はそれなりの環境が必要になるだろう。

言葉だけで未経験を歓迎してもダメだ。

育成の環境が必要だ。

いい企業であれば、未経験社員を新しく招き入れるための環境が整備されている。

だから、未経験でも不安に思わずに安心して応募すればいい。

ベンチャー企業などでは、環境が整備されていないこともあるだろう。

それでも大丈夫。

育成のプログラムなんかなくても、仕事を1年も経験すればそれなりの知識が身についてくる

だから何も心配はいらない。

「経験者優遇」なんていう言葉に惑わされずに、企業選びを進めて欲しい。

未経験の人にしかない価値というものも必ずあるのだから。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ