「緊張しています」が採用につながる?面接で相手の同意を得る方法

      2017/06/13

「緊張しています」が採用につながる!面接で相手の同意を得る方法

「緊張しています」が面接で使える!

どこかの記事でも書いたと思うが、面接では「緊張しています」と言うのはとても使えるテクニックだと思う。

緊張しやすい人が使うのはもちろん、それ以外の人でも有効だ。

なぜ有効なのか。

面接は相手に採用したいと思わせれば勝ちなのである。

そういう観点で、「緊張しています」と言うことの効果を考えてみよう。

関連記事:
どうしても慣れない…面接で緊張する人に効果的な「慣れる」方法

コミットメントのテクニックとは

心理学なのかどうかは知らないが人動かすときに使うテクニックにコミットメントというものがある。

最初は簡単なことにOKしてもらう。

また次もOKしてもらう。

そして徐々に難しいことにもOKしてもらうように持っていく。

最終的に自分の目的にもOKしてもらう方法だ。

コミットメントは一貫性とも言われたりするようだ。

つまり、一度言ってしまうと引っ込みがつかなくなる

一度受けてしまうと、断ることができなくなってしまうのである。

それが人間というものだ。

ビジネスの世界では優秀な営業マンはみんな使っているだろう。

これを転職活動でも、ぜひ使って欲しいと思うのである。

あなたも経験があるのではないだろうか。

見積もりだけいいですか?と言われて、いざ見積書を受け取るとなんだか買わないと悪いような気がしてしまう。

相手に断るれない状況を作ってしまえば面接は通る。

採用されるのである。

面接でのコミットメントはどうする?

具体的にどう使うのかを考えてみよう。

最初は簡単なことを認めてもらうのが大切だ。

そこで登場するのが「緊張しています」だ。

「緊張してますがよろしくお願いします」と言って、相手はなんと言うだろうか。

「いや、そんなの困ります」とは言わない。

「ああ、大丈夫ですよ」と言うのである。

まずは1つOKをもらうことに成功だ。

次の同意を得るには何だろうか。

例えば、「細かい話になりますがよろしいでしょうか」など。

これもOKになりやすい。

もちろん、その後にものすごく細かい話をしたら逆効果ではあるが。

もう2つも承諾してもらった。

そろそろ次は、「採用してくれますか?」だろうか。

OK。

そんなに簡単には行かないわけだが、会話の中で相手が認めた事実を積み重ねることは面接のコツであるのは確かだ。

正しいところで同意を得る

採用の同意を得るのは難しいので別の着地点を探してみよう。

最終的には誰もが正しいと思うところで同意を得ることだ。

誰も否定できないことは世の中にいくつかある。

世界平和とか。

もう少しビジネス的に言えば、安全第一とか、お客様第一とか。

平等とか。

こういうのがいい。

こういう話で同意を求めれば、否定されることはない。

正しいと自分が認めた相手を面接で落とすことが難しくなるだろう。

面接でのコミットメントのテクニックをぜひ使ってみて欲しい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ