30代後半からの転職は市場をよく見て必要とされる企業に応募すればいい

      2017/06/08

30代後半からの転職は市場をよく見て必要とされる企業に応募すればいい

転職してもいいものかは過去の話?

転職はしない方がいいというような風潮は、だいぶ変わってきたと思う。

バブル崩壊後、終身雇用は崩壊し、企業に依存する人には厳しい時代となった。

そしてもうだいぶ経つのである。

以前に比べたら転職市場から中途採用で人材を入れて、企業の課題を解決しようとする企業も増えている。

一方で、転職があまりいいものと思われていないことも事実。

1つの企業に長く勤めることは、いまだに美徳とされるのだ。

そんなこともあってか、30代の転職は厳しいと言われる

特に30代後半からの転職は困難だとされている。

40代になるともっと厳しいと言われる。

そうなると、怯えてしまい、今の企業に我慢しながらでも、ぶら下がろうと思う人が多いのではないだろうか。

30代後半はもう転職すべきではないのだろうか。

タイミングを逃してしまった?

私は強く異を唱えたい。

30代後半だろうが、40代だろうが転職はできるし、もっといい働き方が待っている。

年齢の壁がある事は確か

実際にハローワークで探してみたら目の当たりにするだろう。

応募しようとしても受け付けてすらもらえないこともあるのだ。

求人では年齢制限を設けない決まりから、応募はできても書類審査を通らない。

何十回と書類で落とされる人もいる。

その現実にぶつかると、ますます30代後半の転職は無理だと思ってしまう。

30代後半からの人間は世の中から求められてすらいないように感じるかもしれない。

もうビジネスマンとしての市場価値はないのだろうか。

そんなことはない。

現実は違う。

年齢を理由にせず、大いに転職を目指すべきだと言いたい。

給料を上げたいなら。

もっと上を目指すなら。

今の仕事で満足と思っていても転職を考えてみるべきだとすら思う。

なぜなら、そうしてみないと、本当の自分の価値はわからないからである。

自分の価値は誰かの評価がすべてではない。

会社の一方的な評価を鵜呑みにしていてはいけないのではなかろうか。

一度ぐらいは自分のビジネマンとしての価値について、もっと大きな市場にさらして試してみるべきだと思う。

なぜ30代後半は転職が厳しいのか

30代の転職を厳しいと感じる人は、うまく転職先を探せていないだけとも言える。

ヘタなのだろうと思う。

逆に言えば、ただそれだけのこと。

若い人を求めている企業が集まるところで、30代後半の年齢を振りかざしても誰も相手にしない。

そんなところでは、孤独感を感じるだけだ。

でも、実際は逆がある。

30代、40代の需要は確実にある。

そこでは逆に20代は相手にされない。

市場と合わなければ需要はないに決まっているじゃないか。

年老いてまで原宿の竹下通りに自分に似合うファッションを探しに行っているようなもの。

これではいつまでたっても見つからないのは当然だ。

もっと別の場所に、シニア専門のブティックがあることを知ればいい。

そしたら状況は変わって来る。

20代を求める企業は無視だ

ここではっきりしておこう。

中途採用で第二新卒や20代の若手社員を積極的に採用しようとしている企業がある。

そういう企業は転職サイトにも求人雑誌にもたくさん見られる。

どんな企業だろうか。

なぜ新卒採用をしないのだろうか。

新卒を採用すればいいのにと思う。

いや、違うのだ。

新卒採用をたくさんしても辞めていくから、また募集するのである。

これが正解だろうと思う。

やめるリスクが高いから、若い世代をできるだけ採用したい企業なのだ。

そう考えると、30代の人があえて、そんな企業に就職しなくてもいい。

30代を求めるもっとまともな企業はたくさんあるからだ。

20代を求める企業は無視すればいい。

大量採用なんか行くもんじゃない

転職サイトを見てみると、特集と言って企業の特徴や募集内容が似たものをまとめて紹介していたりする。

リクナビNEXTなんかを使ったことがあれば、知っているはずだ。

募集人数10名以上の企業特集。

こんなのがある。

ここで矛盾が生じてくる。

どういう矛盾かを説明する。

この募集人数10名以上の企業特集を30代後半の人が見たとする。

どんな感想を持つかわかるだろうか。

30代後半の人の反応の仕方だ。

自分はもう30代後半なんだから、とても転職は厳しい。

簡単には採用してもらえないだろう。

できるだけ、チャンスのある企業に応募しよう。

そうか、募集人数10名以上の特集なんかいいな

この中の企業に応募しよう。

この特集で紹介されている企業にできるだけ多く応募しよう。

だって私は30代後半なんだから。

もう転職は厳しい年齢なんだから。

そして、大量採用を行っている企業に応募する。

どうなる?

全部落ちるだろう。

落ちて気づいてくれればいいが、そうはならない。

あんなに応募したのに、全部ダメなんて…

やっぱり30代後半は厳しい。

こうなるわけ。

はじめから、大量採用する企業なんか相手にしちゃいけない。

ニーズのある市場で戦え

完全に市場が違う。

30代の人なんか欲しくない企業ばかりに応募してしまう。

当然、絶対に採用されない。

応募してもいいが、気付いて欲しいのは、30代後半は転職に厳しいということじゃなく、ここは私の出るところではなかったなってこと

必要とされる企業はあるんだから、別の企業を探す方向に行くべき。

景気も関係ない。

必ず決まった量のニーズがあるし、50代後半ともなれば状況は変わって来るだろうが、少なくとも40代であれば同じようにニーズはある

企業の探し方にはコツもある。

このブログにはコツも書いているので、ぜひ参考にしていただければと思う。

まずは市場を間違えないこと。

これを念頭に転職活動を開始して欲しい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ, 応募・書類選考のコツ