人間の能力はほとんど一緒。できる人に見せられれば採用される!

      2017/06/14

人間の能力はほとんど一緒。できる人に見せられれば採用される

人間はだいたい同じ

人間なんて、そんなに変わらない。

名前が違うぐらいなもので、何ができるかはだいたい同じだと言っていい。

私はそう思っている。

もちろん、やる気の問題はある。

やる気がない人は、やれるはずのこともできない。

これは確かにあると思う。

また、一部のスポーツ選手のように特殊な能力がある人がいるのも認める。

しかし、ここでのテーマは転職だ。

一流のアスリートの世界ではない。

転職という環境で見れば、どんな仕事でも、誰であっても、同じくらいのことはできるものだ。

なぜ、差がつくのか

人間には大きな差がない。

とは言っても、実際には収入の差がある。

昇進のスピードも差がある。

仕事ができるかどうかも差がある。

それが実態?

そう思うかもしれないのは確かだ。

だが、それは能力の差ではないのだ。

何の差かと言えば、評価のされ方の差だ。

評価のされ方が違うから、給料も差が出るわけだ。

そして、評価に影響するのは、能力ではない。

どう見せるかの差。

自分の能力の差ではなく、能力をどう自分にあるように見せられるかの差。

そう考えて欲しい。

そう考えれば、どんな仕事でもできるものである。

自分のやってきた仕事は、特に難しい仕事でもなく、誰にでもできるような仕事。

そんなことを言う人がいるが、これが普通。

そして、次にあなたがやる仕事も誰でもできるような仕事なのだ。

だから、自信を持って転職活動を進めるべきだ。

ここで、言いたいことのほとんどを言ったので、これで終わりでもいいのだが、ついでに見せるテクニックも紹介しておこう。

どう見せるかの差で、給料も変わってくる。

役職も変わってくる。

周りがあなたを見る目が変わってくる。

見せ方のテクニックを知っておこう。

できる人に見せるちょっとしたテクニック

転職活動でも「見せるテクニック」は活かせる。

本当に、能力はちょっとの差しかないのであるから、ちょっとの見せ方の違いで逆転もあり得るのだ。

何を見せるか。

それは、時間、数字、情報の3つだ。

これをうまく扱えると、だいたいは仕事ができるということになる。

特に難しいことは何もない。

時間を意識して仕事する人は仕事も早い。

効率化もできる人だ。

数字は分析して問題を解決するスキルにもつながる。

情報も優先順位や意思決定の材料になる。

こういうことが言える。

どれも、当たり前のことだ。

要はこの辺を意識して転職活動をすることが大事だと言いたいのだ。

職務経歴書、それから面接。

ちゃんと考えているだろうか。

あなたをどう相手に見せるかということを考えて作らないと何も伝わらない。

そして、さらにここで使えるテクニックとして紹介した、3つのポイント。

時間、数字、情報。

これらを扱って成功した体験を相手に伝えることで、あなたはちょっとかもしれないができる人に見える。

そのちょっとの差で、採用になるか不採用になるかが変わる。

簡単なことなのだから、やらないと損である。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ, 面接のコツ