何度も転職を繰り返すのは悪いこと?いい転職と悪い転職の違いは何か

      2017/06/14

何度も転職を繰り返すのは悪いこと?いい転職と悪い転職の違いは明確

何度も転職を繰り返していると中途採用では不利?

転職を何度も繰り返すというのをどう思うだろうか。

特に今、何度目かの転職をしようと思っている人。

ちょっと自慢できるものではないと思うかもしれない。

転職に関する本などに書かれていることもある。

転職を繰り返していると、次の転職では不利になると。

ハローワークもそんなことを言っていた気がする。

本当にそうだとすれば、転職すること自体、あまり良くないイメージを持ってしまう。

私はそうは思わない。

何度転職してもいい場合もある。

ただし、良くない転職も確かにある。

この辺をちゃんとわきまえて転職している分には何回繰り返そうが不利になるとは思えない。

だから、転職する際には、転職とは何か、繰り返してもいい転職とはどんなものかを知っておく必要があるように思う。

時代の変化と働き方の変化

転職ばかりを見つめていても本質が見えてこない。

転職の意味は時代の変化とともに変わってきた。

企業の視点から見れば、その時に必要な人材が欲しいという感覚が強くなった。

人材をゼロから育てる時間がもったいない、あるいは育てている余裕がない。

そこで、新卒採用ばかりだった人材の調達は、中途採用にも向けられた。

会社は育てなくなったと言ってもいい部分がある。

どこかの会社で経験を積んだ人を採用すれば、育てる必要はないのだ。

この点は、問題があるような気もするが、時代の流れなのだから仕方ない。

そして、この変化は個人の働き方を変えることにもなった。

昔はある業種で働いていることは、自慢できるようなステータスであった。

ところが、今はそうでもない。

どんな仕事をしているかの方がずっと価値を持つようになった。

つまり、どこに属しているかよりも、どんな仕事ができるかが重要になってきたのだ。

そうなると、自然と転職の選択肢が存在感を見せるようになった。

会社に属していれば、どうにかなるという時代でもなくなった。

ある日突然、リストラ。

経営が苦しくなったのは社員のせいではない。

でも、人材を抱えていられなくなる。

そのような人は転職せざるを得ない。

そして、初めて気づく人もいるだろう。

今まで会社に頼りすぎていたことに。

転職する時になって、はじめて自分の価値を意識する人は多い。

あなたの価値はどのくらいだろうか。

そんなわけで、時代とともに転職の意味は変わってきている。

昔であれば、常識として1つの企業にしがみつくことが良しとされた。

ところが今は違う。

仕事が中心であって、どこで働くかは、重要ではない。

自分を必要とするところで働くことができる。

自分自身にとって有利な働き方として、転職を繰り返すということもできる時代となったのだ。

遅れていた企業が追いついてきた

時代が変わり、働き方も変わる。

これは特に不自然なことではないだろう。

それでも、昔の体質を変えるのはやはり難しい部分がある。

新しい働き方をよく思わない人はいる。

そして、同様に転職をもよく思わない人がいる。

世の中が変化するときはこういうものだ。

必ず古い体質の方がいいと言い張る人は存在するわけだ。

だが、やがて変わる。

反対できない状況になっていくから。

もう、転職が一般的になってから相当の時間が経つ

古い体質を好む人は、徐々に一線から離れていった。

そして、本当に転職のいい部分が認められるようになってきている。

この変化は多くのビジネスマンにとってうれしいものに違いない。

今まで遅れていた企業も、追いついてきたというわけだ。

それも当然、時代の流れに乗らなければ、他の企業においていかれるのだから。

個人の力を最大限に発揮できる社会

再読に言ったように、転職は繰り返してもいい場合とよくない場合があると思う。

だいたい、わかっているだろう。

どんな転職をするべきか。

繰り返してもいい転職とは?

自分の経験や強みを活かした転職をする分には、いい転職だと言える。

自分の力を必要なところで、発揮する。

これほどやりがいのある働き方はないとさえ思える。

それは、個人的にも、企業としても利益がある。

さらに、社会としても大きな利益があると思う。

組織ではどの人材をどこで使うかという点を考える必要がある。

人材の配置を最適化しなければいけない。

このときに、重視するのが、その人の強みであろう。

今までは企業単位での最適化であったが、転職が当たり前の時代にあっては、社会という大きな枠組みでの最適化が期待できる。

社会全体のためにも、あなたの力を、本当に必要なところで使うべきだ。

繰り返してはいけない転職とは?

自分に強みもなく、ただ働いているだけ。

そして、仕事に飽きたから、不満があるからといった理由で繰り返される転職はよくない。

やってはいけないと言っているのではないから勘違いしないで欲しい。

飽きるのも、不満を持つのも、人間なんだからあって当然。

ただし、自分がどう社会の中で活躍するべきか。

これを見つけてからでなければ、飽きることも、不満を持つことも、そんな権利はないと思うのだ。

せめて、転職するときには、自分の強みをよく考えて、次の企業を選ぶべきである。

そうしないと、また同じような転職を繰り返してしまうことになる。

その転職がいいものか、悪いものか。

やがて自分に降りかかって来ることになる。

どうせなら、いい転職をして社会に貢献した方がいいに決まっている。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え