転職サイトでは求人が出ない業界や企業に応募する方法と採用されるためのコツ

      2017/06/09

求人情報が見つからない企業や仕事への応募の仕方と採用されるためのコツ

求人が見つからない業種や職種もある

どうしてもやりたい仕事がある。

どうしてもこの企業に入りたい。

そんな思いで転職活動を始める人もいる。

ところが、条件が狭いと、求人情報を見つけられない場合がある。

例えば、研究所とか、学校とか、あまり転職サイトでも見かけない場合がある。

こんなとき、途方に暮れていてはいけない。

どうすれば転職できるのだろうか。

求人が見つからない場合の、応募の仕方と、そんな時にどうすれば採用されやすくなるかを考えてみたい。

人がいるところなら採用は必ずある

求人が出回らない職種や企業というのは存在する。

いつも人脈などを活用している場合などはそうだ。

人脈を使って人材を採用している企業の場合、公に求人情報が出てこないことがあるのだ。

そんなところに転職するのは無理なのか。

本当に採用される手段はあるのか。

不安になるかもしれない。

でも、忘れてはいけないのは、そこに人がいるということ。

そこで働いている人がいる以上は、必ず採用があると思っていい。

タイミングの問題はあるだろうが、どこかで必ず採用しているはずなのだ。

求人サイトに載せている企業に比べれば難易度は上がるだろうが、挑戦してみる価値はある

転職サイトで出て来る求人だけを、転職先の候補に考える人は多いのである。

それは、つまりライバルが減るということだろう。

企業に直接応募してみる

求人情報がどうやっても手に入らない場合。

こういう場合には直接応募という手段を使うしかない。

まずは企業のホームページに行ってみること。

ある業種にこだわりがあるならば、タウンページなども参考になる。

片っ端から調べ上げるのだ。

そしてホームページで採用情報を探す。

もしホームページを経由した応募が無理なら、手紙を出してみよう。

こういった方法が直接応募だ。

可能性があるなら、履歴書を送るように言われるかもしれない。

もし、あなたの熱意が相手に伝われば、会ってみようと思うだろう。

どうだろうか。

一気にチャンスを感じて安心しただろうか。

でも、ここからが勝負だ。

ここまでは応募しただけに過ぎない。

他の企業で言えば、転職サイトから応募ボタンを1つ押すだけのことだ。

問題はその後、面接をどう乗り切るかである。

せっかく会ってくれたとしても、期待に沿う人でなければ、当然のことながら採用とはならないわけだ。

他の企業にも応募してみるのも大事

どうしてもその企業に入りたいとしても、面接が採用の前には必ずある。

面接を成功させる方法を紹介しよう。

それは他の企業に応募することだ。

どういうことかわかるか。

あきらめるの?

そんなことではない。

私はどんなに入りたい企業が絞られていても、どんなにやりたい仕事が限定されていても、他の企業にも応募してみるべきだと思う。

応募するのも面接を受けるのもタダなのだから。

面接まで進めば、経験を積める。

タダで勉強できることになる。

なんで、そんな遠回りをと思うかもしれないが、実はこれが一番の近道だ。

転職活動は失敗の中から気づくことが非常に多い。

失敗を経験しながらだんだん上手になっていくものだ。

だから、他の企業を真剣に受けてみて、失敗して欲しいのだ。

もちろん、成功して内定をもらってもいいわけだが。

とにかく、転職活動を上手になることで、道は開けてくる

こんなことを言っては失礼かもしれないが、転職活動を始めて、いきなり直接応募で合格なんていう虫のいい話はないと思っている。

おそらく、転職活動を始めて、最初の面接のできはひどいものだろう。

きっと失敗する。

もし、狭い条件で探す求人ならば、一度の失敗の影響は大きくなる。

だから、他で失敗した方がいいと言っているのである。

転職エージェントも使える

直接応募は一対一になることが懸念材料とも言える。

転職活動は応募者と企業との間に、人間が入った方がうまくいきやすい。

このことは他の記事でも書いているのでここでは書かないが、転職エージェントの力を使うことは大きなメリットだろう。

求めるような求人を非公開で持っていることもあるし、もし持っていなくても、専任のアドバイザーから役に立つ話を聞ける。

面接のアドバイスももらえるだろう。

もう1つ言っておきたいことがある。

直接応募は可能性は低いかもしれないがやる人の少ない方法だ。

ライバルも少ないわけだから、もし面接してくれることになったら、後悔のないようにしっかりと準備する。

その準備の中に他の企業を受けることも考えて欲しい。

やっときたチャンスは、言い方を変えれば、また当分の間は来ないチャンスでもある。

だから、慎重に挑戦して欲しいと思う。

悔いのないように。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ