入社でお祝い金が出る転職サイト、給料交渉をした方がもっと得じゃない?

      2017/06/14

入社でお祝い金が出る転職サイトの目的は?転職者は使うべきか考えて

入社するとお祝い金がもらえる転職サイト

転職サイトもいろいろあるなと思う。

最近は、入社が決まったらお祝い金を出すというところもある。

もちろん、お祝い金をもらうには、その転職サイトの会員になる必要がある。

ただ、それも無料でなれるのだから、得する話だ。

お金に困っている人には、魅力的なサービスに思えるかもしれない。

お祝い金サイトの目的を考えてみる

求人をよく見たわけでもないし、会員になったわけでもない。

その上で、お祝い金のある転職サイトを考えてみたい。

こういった入社することでお祝い金を出すサービスって何なのだろう。

何が目的なのか。

だって、そうでしょう。

他の転職サイトではやっていない。

そんなものないのが普通だった。

それを、コストがかかるのにやり始めたわけで、その裏には目的があるわけだ。

なぜ?

おそらく簡単な理由だろう。

会員をとにかく集めたいということなのだろう。

どんな人でもいいから、サイトの会員になって欲しい。

でも、どうして?

それを企業に言いたいからだろう。

こんなに会員がいる転職サイトで、求人を出してみませんかと提案したいのだろう。

このサービスに、ケチをつけようと思っているのではない。

ビジネスなのだから、何の文句もない。

私が言いたいのは、転職者として、こういうサービスを使うべきかどうかだ。

転職者であるなら、使うべきかを考えてみよう。

正反対の人材紹介もある

こういうサイトとは正反対のビジネスもある。

個人でやっているような人。

優秀な人をヘッドハンティングして、企業に紹介するような人だ。

このサービスは、信頼だけで成り立っている。

その人を信頼するからこそ、紹介を企業は依頼するわけだ。

さっきとは正反対と言える。

入社のお祝い金を出すサービスは数で勝負ということだ。

質より量のタイプ。

個人の人材紹介は量より質だろう。

逆である。

このサービスの業績が伸びて、今後どうなっていくのかはわからない。

今時点で言えば、少し違うような気がする。

企業は本当に多くの会員などに魅力を感じるのだろうか。

必要な人材だけが来ればいいのではないだろうか。

非公開求人が全体の80%もあるというのが転職エージェント。

世の中には、誰にも見られない求人の方が多く存在しているのである。

これも、必要な人材だけが来ればいいという理由からだろう。

人が多いから依頼するのではなく、いい人を紹介してくれたからまた依頼する。

そういうものではないかと思う。

十万円のお祝い金は得なのか

入社するとお祝い金が10万円もらえる。

これは確かにありがたい。

入社するための準備にお金も必要だ。

でも、よく考えてみると、お祝い金の十万円よりも、一万円の給与交渉をしてもらった方が得だ

転職サイトの応募では、企業と応募者の間に人がいない。

給与交渉はやってくれないので、自分でやるしかない。

転職エージェントを利用すると、給与交渉も手伝ってくれる。

そこで月給が1万円上がれば、退職するまで毎月ずっと1万円多くもらえる。

10万円なんて1年以内で元が取れる。

そう考えてみると、お祝い金で転職するよりも、給与交渉を手伝ってもらえる転職エージェントを利用した方が圧倒的に得だと言えるのである。

もちろん、エージェントを使っても、転職者に利用料がかかるわけでもない。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ