転職に運は関係ない!相手がつい採用したくなる超能力のようなテクニック

      2017/06/14

採用は運任せ!?相手がつい採用したくなる超能力のようなテクニック

採用されるにはどうすれば

転職活動がスムーズに行けばいいが、どこかでつまずいたりすると、悩んだりもする。

どうしたら採用されるのか。

面接も書類選考もあるわけだが、最終的に採用される方法がわかればいいわけだ。

そんなことを考えたことはないだろうか。

・・・

ここまでの文章を見て違和感のない人がいたら問題だ。

どうしたら採用されるのか、の間違いを指摘しておく。

採用されるというような受身の表現ではいけない

かと言って、「採用になるのか」でもいけない。

採用は自然現象ではないのだから。

これからは、どうしたら採用させられるかを考えて欲しい。

採用されるでもない、採用になるのでもない、採用させる。

どう違うかはわかるだろう。

あなたは、相手を動かす必要があるのだ。

「採用!」と言わせる。

「Yes!」と言わせる。

どんな形であっても、「採用します!」と相手に言わせたら目的が叶う。

転職活動はそういうものだと考えるべきだ。

採用させるには、人の気持ちを動かす

採用させるには、相手の意思を動かすことが必要となる。

何もしないで勝手に自分の思い通りになるほど世の中は甘くない。

どうしたら、相手に「ウン」と言わせられるのか。

人の気持ちを操るなんて、超能力のようなことは無理。

そう思うかもしれないが、やるか、やらないかで結果が変わってくる。

なんだかわからない相手の気持ちに任せておくほど不安のものはない。

自分で相手の気持ちをどうにかした方が、確率も高まるのだ。

採用させる方法とは

人の意思が動くときはパターンがある。

例えば、怖い時だ。

恐怖に負けて、思わず「ウン」と言ってしまうことは想像できるだろう。

脅迫のようなものだ。

これだって、やり方としては1つの方法である。

なかなか転職活動では使いにく方法ではある。

でも、安心して欲しい。

もっと、穏やかな方法がある。

すごいと好意を持たせる

相手に「すごい」とか「素敵だ」と思わせるのも1つの方法だ。

自分に好意を持たせる。

そうすると、相手は「Yes」と言いやすいのだ。

好きな芸能人がいきなり目の前に現れて、無理なお願いをしてきたらどうする?

あなたは「Yes」というに決まっている。

芸能人とは違うって?

それもそうか。

では、もっといい方法を紹介しよう。

ありがたいとどうなるか

もっといい方法が「ありがたい」の気持ちだ。

これは、いろんな場面でも使える。

何かをしてもらったら「借りを作ったような状況」になる。

そしたら断れない。

断りづらくなるのが人間である。

人間ならば、みんなそういう心理になるのだから、こういうのを使いたい。

どこの企業を受けるのにも使える。

実際に感謝の言葉を口にしてもらう必要はない。

相手がありがたいと思う、そこまでいかなくても、ちょっとした幸福感を得られる。

これだけでも十分効果がある。

例えば、面接だ。

面接に限らずだが、あなたは話している時と、聞いている時、どちらが疲れるだろうか。

明らかに聞いている時なのだ。

話している時の方が疲れない。

これは面接での相手も一緒だ。

面接はあなたが話して企業の面接官が聞くというイメージかもしれない。

でも、そうじゃなきゃいけないという決まりなどない。

だったら、相手にしゃべらせた方がいい。

しゃべらせて、幸福感を得てもらった方がいいのである。

できれば、相手の持っている知識を聞き出せれば、気持ちよく話してくれるだろう。

その面接の後のあなたの印象はいいか、悪いか。

どちらかは言わずもがなである。

そして、あなた採用しようとなるだろう。

正確には「採用しなければ」と思う。

これが、相手に採用させるテクニックだ。

このいう転職のコツを知らないのは、本当にもったいないことだ。

早く知っておいた方が絶対に得だ。

知らないうちは、ほとんどが運任せだ。

運に頼る、こんな危なっかしい話はない。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え