【面接の定番質問】仕事での成功や失敗の経験を聞かれた時の答え方

      2017/06/14

面接の定番質問、仕事での成功や失敗の経験を聞かれた時の答え方

面接での定番の質問こそ準備する!

面接での質問は、いろんなことが聞かれる。

何度も面接を受けてみると、こんなことも聞くの?というような質問が飛んでくることもあるだろう。

圧迫面接という言葉もあるように、答えやすい質問ばかりではない。

とは言え、逆もあるはずだ。

またこの質問かという感じのもの。

前にうまく答えることができた質問だと、ちょっとした安堵を覚えるのではないだろうか。

面接の質問にはこのように、定番と言われるような質問がいくつかある。

つまり、どの企業の面接でも、聞かれる可能性が高い質問

それならば、きちんと準備しておきたい。

だいたい、他の応募者にも同じ質問がされていると想像できる。

他の応募者がちゃんと準備している可能性も高い。

だから、あなたもしっかり事前に準備して臨むようにしよう。

仕事での成功・失敗のエピソードは?

いろいろと定番の質問はあるだろう。

ここで注目したいのは、成功と失敗のエピソードである。

そこまで、頻度は高くないのかもしれない。

もっと聞かれる定番の質問があるとも思う。

でも、この質問は転職者だからこそ、きちんと伝えたい質問でもあるのだ。

よく考えてみて欲しい。

あなたなら、どんな答えを用意するだろうか。

こんな時に使えるのは、話を面白くできるコツだ。

他の記事で書いたと思うので読んで欲しい。

関連記事:
飽きさせたら不採用!面接は話の順番を意識するだけで雰囲気が変わる!
面接で自分と相手との共通の敵を作り出すと話が面白くなる!

要は、なんだか理由はわからないけど成功した話、ではないということ。

賞をもらったような自慢話でもない。

まず、ピンチがあって、その苦難を乗り越えて成功するような話にしたいのだ。

そうすると、相手も聴きやすいし、話があっちこっちに行かないのでいい。

失敗のエピソードでも、何か失敗をして困りましたで終わるのはダメ。

失敗から回復できたとか、失敗からこんなことを学んだと持っていく。

これは伝わりやすい話の基本でもある。

そして、もう1つ気をつけたいことがある。

相手に話をどう聞かせるか

成功体験の話をするなら、得意だという人もいるだろう。

飲み屋でいつも自慢話をする人。

そういう人は、普段行っていることを言えばいいのかもしれないが、ちょっと待っただ。

簡単に考えると失敗する。

ここは慎重に考えてみよう。

結局、面接は何を伝えるかである。

そして、相手が何を聞きたいかが最も大事だ。

相手が聞きたいことを言わなければいけない。

人の自慢話なんて聞きたいか?

何1つおもしろくない。

そんな話をされたのでは、面接する側もうんざりだろう。

何が聞きたいのだろうか。

私はここでいう「成功」は、そんなに大きなことじゃなくていいと思うのだ。

例えば、誰もできない仕事をしたとか。

誰もが羨ましいような仕事ができたとか。

ちょっと、他の人には想像できないような話である必要は全くない。

まあ、世間話としては興味があることかもしれないが。

ここでは、もっと身近なことを聞きたがっているのではないだろうか。

結果的にはその方が良くなると思う。

なぜ、身近なことの方がいいと言えるのか。

それは、イメージしやすいからだ。

もしも、全然違う業界に転職しようとしているのであれば、これまでの会社のことを相手が想像するのは難しい場合もある。

そこで勝負するのは、リスクが高い。

伝わらない可能性が高いわけだ。

違った業種であっても、わかりやすい話。

どの業種でも起こり得るような話。

同じ業界であったとしても、身近な日常の業務であれば、相手がイメージしやすい

伝わりやすさのハードルは下がるだろう。

ハードルを下げたところで勝負した方が安全と言える。

だから、大げさな成功エピソードよりも、身近な気づきなどでも十分だと思える。

あなたに期待できるかどうか

企業側から見ると、あなたの過去はどうでもいいわけだ。

どちらかと言えば、今後のことを知りたい。

うちの会社で活躍できるかどうか、期待できる人材かを見たいのである。

そこを間違えないで欲しい。

あなたが、どんなにすごい人かなんて、どうでもいいということだ。

成功でも失敗でも、そこで自分の凄さを示しても仕方ないわけだ。

こういう経験があるから、あなたの会社に入ってもうまくできるんですよと伝える。

ここがポイントになる。

面接での質問と回答は、相手が何を聞きたいかをしっかり考えてみよう。

そうすると、どんな答えを持っていけば、効果的なのかが見えてくるだろう。

何度も面接していると、特によく聞かれる質問は、いつも通りに答えがちだ。

でも、それが本当に相手の求めている答えなのか。

もしかすると、企業が違えば、聞きたい話も変わるのかもしれない。

一度、立ち止まって、冷静に考えてみなくてはいけない。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ