転職するから取る資格なんて意味ない!もっと魅力のあるもので勝負しろ!

      2017/06/14

転職するから取る資格になんて意味がない!あなたはすでに魅力がある

資格はホントに転職に有利!?

資格を持っていると転職に有利だと考える人がいる。

転職するために、資格を取ろうとする人もいる。

資格を取ってから転職した方が、条件面で有利な転職ができると思っている人がいる。

どちらにしても、資格に何らかの期待をしているわけだ。

まるで、資格さえあれば、人生が全く違ったものにでもなるかのようだ。

本当にそんなに資格に力があるのだろうか。

疑問を感じる。

なぜ資格に頼ろうとするのか

資格に頼ろうとする人は、何か勘違いをしているかもしれない。

そもそも、なぜそんなに資格を必要としているのだろう。

よくよく考えてみると、それは不安の現れである。

転職というのは、自分の価値を確認する場でもある。

どのくらい、今の自分が社会の中で評価される人間なのか。

これは滅多にない機会だ。

だけれど、こういう時ほど不安になるものだ。

そして、思った以上に自分には価値がないと思ってしまう。

その結果どうなるか。

資格を取って、自分の価値を上げようとする。

確かに、自分自身の価値をすぐに上げることは難しい。

これまでの経験が、要はその人の価値となることは言うまでもない。

でも、それは完全に過ぎ去った過去のこと

今更、転職するからと言って、過去をどうこう変えることなどできない。

となると、もっと手っ取り早く、目に見えやすいものが欲しい。

それが資格だろう。

履歴書の何もないところに、1つでも書ける資格があれば満足する。

これは自己満足。

企業が見る。

その一行に何も感じないことも多い。

それでも資格は必要なのか、一度冷静に考えた方がいいだろう。

中途採用の合否のポイント

すべての資格に意味がないわけではない。

司法試験や会計士の資格などは、確かに価値はある。

だが、それを必要とする企業、弁護士事務所や会計事務所ならの話である。

関係のない業界では、そこまで評価されるとは思えない。

資格なんかよりもっと中途採用の合否に影響のあるものは他にある

中途採用で採用されるかどうかは、もっと目に見えにくいところで決まるのだ。

それをどう見せられるかが大きなポイント

相手が頑張って見ようとしてくれるわけではない。

転職者であるあなたが、「見せるスキル」を身につける。

つまり、コツを知っているかどうかなのだ。

転職者は誰もが魅力的である

実は最初に勘違いがある。

資格がどうこう以前の話だ。

資格でも取れば、何もない自分にも、いくらか価値が出る。

この考え方こそ間違いだ。

もうすでに価値はある。

資格よりも、経験、人間性、あなたの人生に十分な価値がある

資格なんて、日本で1人しか持っていないなんてことはあり得ない。

そんな資格があったとしても、その資格のことなんか誰も知らないだろう。

多くの人が持っているのが資格。

それに比べて、あなた自身の経験を他の人は絶対に持っていない。

同じ部分はあったとしても、全てが同じことはあり得ない。

だから、資格なんかより、もっと価値のあるものをすでに持っていると言えるのだ。

つまり、誰もが転職において魅力的な部分がある。

ただし、それを自分自身で過小評価したり、伝えることができていなかったりする。

それで、自分の価値が評価されずにいつだけだ。

資格はいつ取るか

では、資格は何のために、いつ取るのか。

仕事する中で知識を蓄え、その知識をもとに取るべきだ。

あくまで、転職するために資格を取るなんてことは馬鹿げている。

資格のない人の方が出世するケースは数多い。

暇なときに取ればいいぐらいのものだ。

暇なときなんて言うと、ズルズルと取らないままで時が過ぎるのが普通。

だったら、それでもいい。

資格に過度に期待せずに転職活動を進めることだ。

資格の勉強をする暇があったら、企業のこと、業界のこと、勉強することはたくさんある。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え