転職するなら知っておきたい、業界を超えて評価される3つのスキルとその伝え方

      2017/06/14

転職するなら知っておきたい業界を超えて評価される3つのスキル

あなたは、どんなスキルを持っている?

あなたにはどんなスキルがあるか。

人それぞれに違ったスキルを持っている。

同じように企業にとって必要としているスキルにも違いがある。

中途採用をする企業では、どんなスキルを持った人材が欲しいのか。

晴れて採用となるのは、この両者のスキルがマッチした場合

欲しいスキルの人材が見つかれば、企業は採用する。

これが中途採用のイメージではある。

ところが、これとはまた別のスキルがあるような気がする。

それは、もっと基本的なスキルだ。

一般的なスキルと言ったほうが正しいかもしれない。

それは業界に左右されないような、社会人であるなら持っておきたいというようなもの。

業界を超えて評価されるスキルとは

経済産業省が言っていることがある。

企業が必要としているスキルについてだ。

前に踏み出す能力。

考えぬく力。

チームで働く力だそうだ。

まさにどこの業界でも通用するスキルだ。

もっと短く言えば、勇気根性協調性だ。

よく考えてみると、スキルと言っていいものかはよくわからない。

とにかく、こういう人を企業が欲しいと言っているのだから、そこは素直に受け入れてみよう。

つまり、転職する際に、この3つはあるものとして企業に自分という人間を伝えた方がいい。

伝えると言っても、直接言ってもバカだ。

私は協調性がありますと言っても誰も信じない。

伝え方は考える必要がある。

その前に、この3つの力がない人はどうするって?

そんなはずはない。

誰でも持っているもの。

誰でもできることなのに発揮されていないもの。

だから、あなたにもできることだ。

そう考えて、つまりできるものだというのは当たり前で、どう伝えるかが大事になる。

スキルと実績は関連しているか

伝え方のコツの1つが具体的にすることだ。

抽象的に伝えるよりも、具体的であった方が相手は、その話を信用する。

だから、スキルを伝えるときには、何かの実績を伝えるのがわかりやすい。

数字で表せることでなくても、具体的なエピソードでもいい。

その実績は、チームワークで達成したということや、一歩踏み出すことで達成したというように、先ほどのスキルにつなげていこう。

そういう伝え方をしてようやく伝わるし、信じてもらえる。

注意して欲しいのが、実績の使い方である。

実績はこのように、何かのスキルを伝えるためにあるべきで、何かの裏付けであるべきだ。

ただ実績を並べても、それはただの自慢のようでもあり、聞いている方からすると、何がすごいのかわかりづらい。

伝え方をよく考えることで、実績の意味が生まれ、あなたを魅力的に見せるものとなる。

職務経歴書や面接で、自分の実績を扱う際にはよく考えて使って欲しい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ, 面接のコツ