中途採用の書類選考で落ちた時に考えるべきこと

      2017/06/13

中途採用の書類選考で落ちた時に考えるべきこと

書類選考は落ち続けると止まらなくなる?

書類選考で落ちたらどうしているだろうか。

次、次!

次の求人探しに進んでいけるだろうか。

こういう前向きな人は、こんな記事を読もうとはしないのかもしれない。

まあ、でも、一度や二度ならまだしも、何度も落ちるとやっぱりどこかで落ち込むだろう。

まだ、経験していない人には伝えておきたい。

決して、脅迫するわけでもなんでもない。

実際にあること。

それは、書類選考が通らない人はひたすら通らないということがあり得るということ。

そうなると、さすがに落ち込む。

では、書類選考で落ちたときに考えるべきことはなんだろうか。

落ち続けないために。

なぜ書類選考が通らないのか

理由はそれぞれあると思う。

でも、私が言いたいのは、足りないものがあるからこそ、落ちているということだ。

採用となる条件に対して、応募者が持っているものが満足していれば、書類選考は通る。

不足しているから、通らない。

そう考えるのが自然だ。

では、何が不足しているのだろうか。

おそらく、企業の調査、求人の調査である。

何度か落ちると、変わって行く。

だんだんと、数を撃てば当たるという発想にもなりがちなので特に知っておいて欲しい。

企業の調査と求人の調査は、なぜ必要なのか。

少しは知っておいた方がいいかなぐらいの話ではない。

調査すること自体が目的でもない。

ちゃんと目的があるからこその調査をしないとはっきり言って意味がない。

その目的は、企業がどんな人を欲しいかを知ること。

たとえ、同じ業界の企業に転職する場合でも、怠ってはいけない。

業界の知識はあるかもしれないが、会社が違えば、今抱えている課題も異なる

だからこそ、企業のこと、求人については、少なくても知れる範囲は知らなければいけない。

そして、今なぜ募集が行われているのかを知る。

そうしているうちに、どんな人材が欲しいのかは見えてくる。

欲しい人材に近づく努力も必要

面接であれば、自分の良さを見てもらえるのに。

そう思っても、書類選考が通らないと、普通は面接に進めない。

でも、書類でも十分あなたのことは見せられる。

つまり、書類が不足があるわけだ。

職務経歴書には何を書くか。

あなたのことを書くわけだが、ここでさっきの企業の調査が活きてくる。

欲しい人材が見えていれば、その人材にあなた自身を近づける必要がある。

あなたの経歴で、相手が欲しい人材に当てはまるところはどこだろうかと考えてみる。

でも、普通はなかなか近づけない。

それは企業が求める人材のレベルが高すぎるからである。

そんなことは、当たり前で理想は高くて当然。

あなたは理想ではなくて現実の人間だ。

だから、安心して欲しい。

他の応募者もやっぱり同じようになる。

理想の人物と同じにはなれないのだ。

だからと言って、努力しないのではダメだ。

理想に近いように見せる努力が必要になる。

これまでの経歴はもう動かない過去の物だから、あとできることはどう見せるかだけだ。

そこに努力することが必要になる。

努力は実る

企業をよく調べて、欲しい人材に近づく努力をぜひやって欲しい。

書類選考は通るようになるだろう。

努力は報われるものだ。

ほとんどの人は努力などしないで応募している。

おそらく、あなたもこれまでは努力していないからこそ、書類選考では落ちてしまった。

少なくとも、努力が足りなかったのである。

これからは努力すること。

状況が変わってくると思う。

そういう努力は見えないようで、意外と相手に伝わるものなのだ。

そして、話ぐらいは聞いてみようかな。

そうなるだろう。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ