転職活動が楽しいと思える人はだいたい採用される!?

      2017/06/16

転職活動が楽しいと思える人はだいたい採用される

転職は大変ですか?

転職をする人の環境は様々だ。

中には苦しみを感じている人もいるだろう。

なかなか採用されない状況なら、これから先の不安も大きくなっているかもしれない。

いつかは決まるのが転職なのだが、やはり悩んでしまう。

転職活動は大変なのである。

簡単に転職に動いてしまう人がいるが、やっぱり大変なのだ。

だが、私は大変な転職活動ほど、価値があると思っている。

だから、大変なのはいいことだ。

だけども、精神的に大変であってはいけない。

苦労してやっとつかむような転職であるのはいい。

違いがわかるだろうか。

精神的につらくなるような転職活動ではいけないと言っているのだ。

なぜだろうか。

採用されないからである。

つらい転職とは?

毎日がつらくなるようではいけない。

不安に押しつぶされているような人は採用されない。

そんな毎日がいい転職につながるわけがないではないか。

面接の時、どんなに立派なことを話してもダメ。

言葉よりも表情がより相手に伝わっている。

転職活動は楽しくしないといけない。

それはわかっても、どうしたらいいかわからない人もいるだろう。

では、具体的にどうするかだ。

転職は常にチャレンジの精神を持つ

転職というのは上を目指さないといけない。

どんな人でもそうだ。

不採用になってもいいから、上を目指す。

チャレンジでないとつまらない。

不採用は確かに気分が沈む。

しかし、それがチャレンジであれば、次のチャレンジがある。

あまりにも現実的にやっていると、悲観的になっていく。

だから、上を目指すのである。

それは同時に夢のある転職にもつながる。

最近の面接は、ここが結構大事になっている。

自分のキャリアを描いている人の方が有利。

会社のために尽くすタイプは嫌われやすい。

あなたに必要なのは、夢のあるキャリアの想像力。

その中に転職活動があれば、自然と楽しいものになっていく。

夢を実現していく過程なのだから。

孤独の転職活動をしてはいけない

孤独であるのもダメだ。

転職活動がうまく行く人は、だいたい人の力を利用する。

自分一人で苦しまない性格がある。

それは家族でも、友人でもいいのだ。

この転職を誰にも知られたくないというタイプは、うまくいかない。

一番楽な転職は、人の紹介で会社に入る方法である。

それぐらい、人の力を使うべきなのだ。

「失業している」と友人に言える?

いい仕事知らないかと聞ける?

これができれば、だいぶ転職は楽なのである。

どうしても孤独になる人は

交友関係がそんなに広くない人もいるだろう。

そういう場合は、違う方法だ。

とにかく孤独ではいけないので、別の方法を考える。

ハローワークでもいい。

転職エージェントでもいい。

そこには転職のプロがいる。

とにかく相談してみるのがいい。

ここでのポイントは、割り切ることだ。

おそらく、相手はそれほど知らない人なのだから、腹を割る

心を開いて行かないとダメ。

そうしないと、相手が力を貸そうと思わない。

だとすれば、結局は孤独の戦いなのである。

けんかしてもいい。

仲良くなってもいい。

とにかく、相手が助けてあげたいと思うのは、心を開いた人。

採用にも通じるもの

孤独の転職活動をやめる。

心を開く。

これは、転職で企業に採用されることにも通じている。

企業が行う中途採用の選考というのは、一見機械的に見えるがそうではない。

かなり気持ちで動いているのである。

つまり、この人が好きだから採用。

こんなのが当たり前にある。

相手に好印象を持たせるために力を入れるのは、職務経歴書ではない。

面接での答え方でもない。

もっと大事なものがある。

それは心を開くことに近いものである。

人の力を利用するというと、聞こえ方が悪い。

だが、そうやって決まっている転職はかなりある。

何か見えない力のようなものを利用するのだ。

そのためには、つまらない転職ではいけない。

楽しい転職活動を心がけて欲しい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え