なぜ転職したいのか、本当に転職すべきか、それとも自分を変えるべき?

      2017/06/14

自分を変えるべき?なぜ転職したいのか、本当に転職すべきかを考える

どうして転職したいのか

転職しようと思うのはどんなタイミングだろうか。

ある日突然、「あ、転職しよう」と思う人は少ないのではないだろうか。

なんだかよくわからないが、不満のような、不安のような、焦りのようなものが積み重なって、徐々に転職しようかなと思うのが普通だと思う。

では、転職に人を動かすのはどんなことだろうか。

転職の動機は何?

転職の動機とは、転職しようとする理由である。

何が問題で転職をするのかだ。

よく考えてみると、何もなければ、転職しない。

何もないからこそ、つまらないから転職するという場合はあるだろうが、そこにも1つの動機がある。

何か自分の思い通りに行っていないからこそ、転職はするわけだ。

何が原因か。

いくつかの事例を挙げてみたい。

ここでいう動機は、転職の面接などで聞かれる志望動機とは違うのでご注意ください。

ブラック企業である

今働いている企業がブラック企業の場合、それが立派な転職の動機になるだろう。

ブラック企業と言うと、なんとなく若者をこき使うイメージがある。

だから、正確には残業が多いとか、休日出勤が多い、それに対して給料は安い

こんな感じだろう。

業界によるのかと言えば、そうでもない。

同じ業界でも、楽な会社と苦しい会社がある。

つまり、転職すれば解決する可能性もある。

人間関係がうまくいかない

社内の人間関係で苦労する人もいる。

最初は良かったものの状況が変わって、さらにエスカレートしてというケースもある。

仕事がどうこうよりも、人間関係の問題

こういう場合も、職場を変えれば働いている人が変わるわけだから解決できる可能性は高い。

やりたいことができない

もともと、やりたいことがあった。

でも、今の会社はそれとは違う仕事内容だ。

または、最近になって、やりたいことが見つかった。

今の仕事をしているよりも、やりたい仕事で生き生きと働きたい

こんな人もいるだろう。

何となく合わない

最後に、何となくこの仕事が自分には合わないなと思う場合。

仕事じゃなくて、職場でもいい。

特に仕事がキツイとか、人間関係が悪いというわけでもない。

ただ、何となく居心地が悪い

それで、転職するケースもあるだろう。

以上、4つのケースを見てきた。

あなたがもし転職しようとしているのであれば、どれかに当てはまるだろうか。

自分を変えるか、環境を変えるか

それぞれの問題をよく見てみると、何が原因かで2つに分かれる

つまり、自分の問題か、それとも周りの環境の問題か。

周りのせいにしてはいけない。

すべて、自分に原因があるとか、そんなきれいごとを言うつもりはなく、単純にどっちかだろう。

ブラック企業や人間関係は、環境の問題だ。

やりたいことができないのは自分の問題だ。

何となく合わないのはどちらもあり得るか。

とにかく、原因はどちらかになるはず。

これに注目したい。

そうすると、どう解決すべきかはわかりやすくなる。

自分に問題がある場合の解決法

転職よりも、自分を変えることが本当はいいわけだ。

やりたいことができない。

本当にできないか。

もしかしたらできるのかもしれない。

今の会社で、提案することはできないか。

部署を異動したら、もしかしてできる?

今までの働き方では解決しないが、どうにかしようとすればできるのではないだろうか。

こういう場合は自分を変えて解決できないかを探ったほうがよさそうだ。

環境に問題がある場合の解決法

逆に環境の問題は、転職するべきだ。

人間関係をどうにかよくしようと頑張ることはないだろう。

心労を抱えるだけだ。

ブラック企業なんかは、決断が早いに越したことはない。

このように、自分を変えるべきか、環境を変えるべきか。

転職する前に考えてみてはどうかと思う。

どちらがうまく回り出せるか

ところで、自分を変えようとしたことはあるだろうか。

今の自分ではいけない。

もっと積極的になろうとか。

性格を明るくしようとか。

うまく変えることができた人は少ないのではないだろうか。

実は自分を変えるということは、非常に難しい。

同じ環境にいながら、自分自身を変えられる人はすごい人だ。

普通の人には難しい。

そこで、考えたい。

自分を変えることと、環境を変えることの関係についてだ。

自分を変えるのに比べて環境を変えるのは、そこまで難しくはない。

そして、もう1つ言えることがある。

どこの環境でもうまくいかない人は少ない。

逆にどこの環境でもうまくいく人も少ない。

すごい営業マンがヘッドハンティングで他の企業に行ったら、そうでもないことはよくある。

もし、今問題があるならば、それが自分の問題であっても環境の問題であっても、まずは環境を変える方がうまく行きやすい。

自分を変えて環境を変えていこうというのは難しいが、環境を変えることで自分を変えるというのは意外とやりやすいのだ。

環境が悪い場合も、自分に問題がある場合も、転職という選択肢が出てくるわけだ。

環境を変えれば、自分自身も変わる。

そういうケースも多いわけで、転職してみるのもいいかもしれない。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え