中途採用に学歴はどのくらい影響する?学歴のある人とない人の考え方

      2017/06/14

中途採用に学歴はどのくらい影響する?学歴のある人とない人の考え方

転職への学歴の影響は?

転職の場合には学歴はそれほど関係ない。

中途採用ではなくて、新卒採用ならやはり大学名が重要なようである。

他に何もないのだから、学歴の重みは中途採用よりは大きい。

逆に転職の場合には、経験や実績が重要で、学歴は新卒に比べればだいぶ薄れる。

1つの求人での競争率は、新卒よりは低いだろうが、それでも数名が1つの求人に応募するのはごく普通にあり得る。

その場合に、やっぱり企業は学歴を見るのか

そして、有名大学を卒業している人にはかなわないのか。

気になるところだ。

中途採用における学歴の意味

私は学歴は転職でも影響すると考えている。

もちろん企業によっても違うし、人事部の採用担当の人の価値観にもよるだろう。

担当の人が高い学歴ならば、学歴重視にするような気もする。

関係あるかどうかは別として、転職者としてどう捉えるかは大事だと思う。

学歴がない人とある人

学歴がない人にとっては、そんなものは見ないで欲しいと思うだろう。

逆に学歴ある人は、見てもらったほうが有利なのになと思うかもしれない。

この考え方は、良くない。

どっちも良くない。

逆であるべきだと思うのだ。

学歴がない人の考え方

学歴が採用に関係ないわけがない。

大いに参考にして、採用を決めるだろう。

そういう覚悟を持って臨むべきなのが学歴のない人だ。

そしてここからが重要だ。

見せつけるのだ。

学歴がないことを見せつける。

こんなにも私には学歴がないとハッキリ言ったほうがいいのである。

短所だとか、欠点なんてものは、自分が思うほど他人は興味がない。

むしろ伝えてしまった方が楽になる。

面接官が学歴のところを気にしているんじゃないかと不安になっている分だけ無駄だ。

「学歴はない」と言ってしまおう。

でも、ここで終わりならば、ただのバカで終わる。

終わってはいけない。

続きを用意しておこう。

学歴はないけども、これがあるというものを準備しておくことだ。

欠点を見せつけておいて、それを上回る魅力や長所を見せる。

これで、欠点はさらにどうでも良くなるわけだ。

学歴がある人の考え方

高い学歴は十分に武器になると思う。

人事部で長い間、いろんな人を見ている人ならば、偏見ではなく経験が大事だと知っている。

学歴のある人の方が、優れた結果を残すことを知っている。

実際は、そんなに学歴と実績は関係ないと思う。

田中角栄は学歴なんて全くないが、一国のトップになったではないか。

でも、イメージとして残りやすいのである。

誰かが活躍した。

その人のプロフィールを見る。

もし、そこで有名大学の名前があれば、そうか、こういうことかとなる。

大学なんて出ていない人なら、違う理由を探す。

ましてや、そこで学歴がないから成功したのだとは思わない

こういう積み重ねで、なんとなくであるが、経験として学歴は重要だと思い込んでいる。

よほど、学歴主義が大嫌いな人でなければ、こう思い込むものなのだ。

そこで、学歴のある人は注意して欲しい。

学歴は有利な武器ではあるが、絶対にひけらかすようなものではない。

隠し持つものである。

気づかれてもいいし、気付かれなくてもいい。

これぐらいで考えるべきだ。

なぜなら、その方が学歴が意味を持つからだ。

学歴のある人とない人で逆になることが分かっただろうか。

ある人は見せようとしない。

ない人は見せつける。

長所と短所を面接で聞かれるようなことがあるが、これも同じだ。

短所は見せつけること。

長所のアピールよりも、こっちが大事だ。

これが転職活動のコツの1つなのである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ, 転職の心構え