限定品が欲しい心理を転職でも利用!自分を限定品にするテクニック

      2017/06/13

限定品が欲しい心理を転職でも利用!自分を限定品にするテクニック

スーパーのタイムセールはお得

転職活動における限定を考えてみたいと思う。

スーパーのタイムセールとか、期間限定とか、数量限定とか気になるだろうか。

なぜ気になるのかが問題だ。

どうにかして手にれたいと思う。

なぜなら、それは得になる、あるいは、自分だけのものを手に入れられるからだろう。

その心理は転職活動でも使える。

実際に転職サイトを見てみるといい。

たくさん求人があるが、その中に掲載終了間近といったような求人がある。

これもスーパーのタイムセールに似ている気がする。

でも、よく考えてみると、売れ残りのようなものだ。

採用が決まったら掲載をやめるのではないだろうか。

だから、決まらなくて困っている会社のアピールなのだろうか。

募集しているけど応募者が少なくて、だったら私にもチャンスがあると思って応募するものなのだろうか。

それは置いておいて、ここで取り上げたいのは逆だ。

採用されるために応募者が限定を使いましょうという話。

未経験での転職は限定になる

今までに経験のない職種や業種への転職は不安に思う人も多い。

採用されるかどうかよりも、応募してもいいのだろうかとすら思いがちだ。

でも、限定という言葉を考えてみると見方が変わる。

営業職に事務の経験を持つ人が応募する。

しかも、求人の募集要項には経験必須と書いてある。

これで限定は作られた。

経験必須の求人に未経験の人は、そう簡単に応募できない。

だからあなたも応募していいのかと迷う。

でも応募するのである。

そしたら、あなたは限定品となる

さらに、他の応募者には営業畑を歩いてきた人ばかりだと想像できる。

事務の仕事もできる営業志望者はあなただけ、つまりオンリーワンだ。

そして、あなたのような応募者はこの先いつ現れるかわからない。

数としての限定、期間の限定の両方が作れてしまうのだ。

人は限定に弱い

これはもう明らかになっている。

人は限定という言葉に弱いのである。

30食限定と言われると、その店には行列ができる。

限定モデルと言われる商品は必ず売れる。

とにかく限定が好きなのだ。

こういう心理を転職活動に利用しない手はない。

あなたが限定になる方法はないだろうか。

特別なスキルもなければ、他の人を圧倒できる実績もない。

だから無理?

そんなことはない。

あなた自信を限定品にする簡単な方法があるではないか。

限定感を匂わせる

ただ限定になっても意味がない。

時計なんかの限定モデルには一定のファンが存在するから売れる。

でも、あなたの客は、応募した企業しかない。

誰も取り合わないわけだ。

じゃあ、どうすべきか。

他の会社と取り合いをさせるよう仕向けることが必要になる。

あなたが限定品だということを匂わせることだ。

それも難しいことでは決してない。

まずは相手の企業が欲しがる人をイメージする。

ここから始めて欲しい。

ただ営業の経験があればいいという会社などないだろう。

どんな人?

それは、簡単に言ってしまえば今のあなたではないと思う。

でも、もっと考えてみる必要がある。

なぜ、そういう人を企業が欲しいのか。

こういうことがしたいからというものが絶対にある。

採用には必ず採用する目的があるからだ。

その目的に対して自分は何ができるかが大事である。

それこそがアピールすべきポイントになる。

そして大事になるのが、他の応募者が持っていないものを考える。

他の営業の人には経験のないこと、そして考え方など。

あなたが事務だったからこそ持っている強みを言うべきだ。

実はその時点で初めてあなたは限定品として扱われる

相手の要求がある中で、そこへのアプローチの仕方を限定する。

そしたら、あなたが未経験であることは関係がなくなる。

限定の圧倒的な威力

お寿司を食べようかなと思って歩いていたら30食限定のラーメン屋があった。

そしたら、その人はラーメンを食べるのだ。

限定にはそれぐらいの威力がある。

求人票を書くときに、経験必須と書いたとしても、もし途中で限定品に出会ってしまったら心を奪われてつい手に入れたくなるのである。

転職活動には限定の考え方が生きることを覚えておいて欲しい。

特に未経験でチャレンジする転職には欠かせないコツだと言っておきたい。

経験が他と違うのではダメだ。

どう活躍できるかの点で限定しなければ意味がない。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ, 面接のコツ