早く転職したい人の仕事の探し方。効率的にしてスピードアップ!

      2017/08/06

早く転職したい人の仕事の探し方。効率的にしてスピードアップ!

早く転職したいという場合の仕事の探し方

今の仕事に何か問題がある。

すぐにでも転職したいという場合はある。

どうやって仕事を探すのがいいだろうか。

転職にもいろいろある。

ここで重視するのは早く決まることだ。

ただし、早く決まれば、どんな仕事でもいいというわけではないだろう。

それなりに安定感だとか、やりがいというものを、すべて無視するわけにはいかない。

次の仕事が続かないようでは困る。

また転職活動が始まってしまう。

仕事は何でもいいというわけにはいかない

早く転職したいという場合の1つの考え方として、仕事を選ばないということはできる。

どんなに苦しい仕事でも我慢できるならいいが、ちょっとは選ぶべきだろう。

なので、ここではもう少し現実的に考えたい。

普通の人が転職するやり方がある。

それをもっと効率的にすることで、スピードを上げるという方法

これを考えていきたい。

これならば、転職後も仕事にやりがいを感じていけるだろう。

実は、一般的に行われている転職の方法というのは、かなりムダが多いのである。

そのムダを削るだけでも早く決まることになる。

仕事を選ばないのではなく、ムダを削って早く決めるという方法

早く転職したい人の仕事の探し方

それでは具体的な転職活動の方法である。

普通は転職サイトというのを利用する人が多い。

あるいはハローワークを使ったりもする。

これらは仕事を探して、いいものが見つかったら応募するという流れになる。

こうして決まる転職は多いが、かなりムダが多いことに気づくだろうか。

じっくり決めたい人には向いているのかもしれない。

例えば、どうしてもやりたい仕事があるが、なかなか求人が見つからないというケース。

こういうときは、一定期間の中でそのような求人が出るのを待つしかない。

ハローワークに行って、度々最新の求人情報をチェックするわけだ。

そして、見つかったら応募する。

見つからなければ、今の仕事を続けているしかない。

それぐらい余裕がある人なら、おすすめではあるが、早く転職したい人にはのんき過ぎる方法だ。

どう考えても効率は悪い。

転職活動を効率化するとは何かを考えてみよう。

転職活動の効率性を考える

転職活動の効率化。

こういうと難しいのであるが、仕事として考えれば簡単だ。

どうすれば、効率的に仕事ができるだろうか。

簡単な話だ。

1人でやっているものを2人とか3人でやるのだ。

分業体制にする。

これだけで、かなり仕事のスピードはアップする。

問題はコスト面。

1人の人件費が、2倍、3倍にアップする。

スピードを取るのか、コストを取るのかの選択。

あくまで仕事での話である。

ところが、転職活動での効率化は、ほぼコストというのを考えなくてもいい。

それが、転職エージェントを使うという方法である。

転職エージェントは、言ってみれば、分業のようなものである。

あなたが、仕事を検索する時間は、不要になる。

転職エージェントに登録すると、仕事はエージェントが探して、あなたに合うものだけを、紹介してくれるというわけだ。

これだけで、2つの効率化が図られている。

まず、仕事を探す手間がなくなる。

さらに、自分に合っているかどうかを確認する手間も省かれる。

後者は、応募しようかなと考えた時に、はじめて気になってくるものだ。

いろいろと求人には条件があるわけだ。

未経験でも応募してもいいか、年齢がオーバーでも応募していいのか。

こういったことは、転職サイトではよくわからない。

企業が考えている本当のところはわからないのだ。

転職エージェントを使った転職活動であれば、応募ができるということ前提で、仕事が紹介がされるので、あなたは考える必要がないのである。

転職はすぐに決まるものではない

早く転職を決めたいという気持ちがあっても、すぐに決まるかどうかはわからない。

ただ、早く始めることで、早く決まることは確かだ。

おそらく、いつ始めても普通の人なら、だれでも同じぐらいの期間がかかる。

それには、すぐに転職活動に馴染めないからである。

これは、採用されるかどうかに大きく影響する。

応募してみて、書類選考があって、面接がある。

それぞれにだんだん慣れてくる。

慣れてくるということは、不採用になる中で慣れていくのだ。

つまり、1社ではそう簡単に決まらないのが普通である。

だったら、早く始めた方がいいというわけだ。

転職したいなら動かなければいけない

どんなに早く採用が決まる方法があったとしても、スタートが遅れてはダメだ。

転職したい、しかも早くしたいのであれば、すぐにでも動かないといけない。

迷いがあるようなら、とりあえず動くが正解となる。

とにかく、転職活動を始めてみないことには何もわからない。

あなたが、どれぐらいの市場価値があるのかすらわからない。

早く決めるには、早く動き出すことが絶対条件だ。

どこで探すべきか

最後に、どこで探すべきかを考えてみよう。

転職サイトは、早く決めるためには、おすすめではない。

そう、転職エージェンに登録するのがいい

転職エージェントはかなりの数があることを知っているだろうか。

小さい転職エージェントも合わせると全国に18,000社もあるというのだ。

その中で、どこを選ぶべきか。

早く決めたいなら、間違いなくリクルートエージェントであろう。

最も求人を多く持っているエージェントだからだ。

まずは数を重視して転職活動をすることをおすすめしたい。

これで安心してはいけない。

効率化をもっと高めることは可能だ。

転職エージェントを掛け持ちするのである。

1つのエージェントに探してもらうよりも、2つのエージェントに登録したほうが、効率性は倍になる。

リクルートとともに登録しておきたいのはDODAである。

これがこの業界では第二位と言われている。

この2つに登録すると、かなりの数の求人から、仕事が探せるということになる。

もちろん、あなたが探すのではない。

転職エージェントが探して、あなたに紹介されるという流れだ。

このような転職エージェントを使うのが、現時点では、最も効率がいい。

早く転職したい人には、おすすめの方法である。

とにかくスタートは肝心。

下記のサイトで、早速登録してみよう。

これは転職エージェントの登録で、転職サイトではないので、登録ページを間違えないようにしたい。

リクルートエージェント

DODAエージェントサービス

妥協するのではなく、効率化することで、スピードは高まるだろう。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え