採用は企業と応募者の両者で作る!転職活動に感謝の気持ちが必要な理由

      2017/06/14

自分1人の力では採用されない!転職活動に感謝の気持ちが必要な理由

転職活動に欠かせないもの

転職活動において最も大事なものは何だろうか。

実務的なことを言えば、求人の探し方が大事だということになる。

ここではもう少し精神論的なことを書く。

転職を焦るあまりに、どうすれば採用されるのかとばかり考えがちだ。

転職活動に時間があまり取れない人にとってはなおさら。

でも、その結果、不採用が続くこともある。

なぜかと言えば、重要なものが欠けているからに他ならない。

やはり、転職活動において欠かせないと言えるものは感謝の気持ちだ。

感謝の気持ちはいつ必要なのか

面接して帰りがけに「ありがとうございました」と言う。

採用されたら、「ありがとうございます」と言う。

こんなことは当たり前だから、ここに書いても意味がない。

いつ感謝の気持ちが必要なのか。

その答えは。

常に必要だ。

転職活動をうまく進めたいなら、常に持っておくこと。

うまくいかない時は意識して見ること。

これで状況は変わるはずだ。

一流の人を見てみるといい。

大抵、世の中に感謝しているのだ。

でも、これだけじゃ、なんだか納得いかないだろう。

なぜ、感謝する気持ちが大事なのかを説明しようと思う。

求人で求められる人物像とは

転職活動中の人なら、求人票を見る機会は多いと思う。

その中で、「うちの会社はこんな人を求めています」ということが書かれているものを見たことはないだろうか。

転職サイトを見れば、それなりの数の求人で見られるので、見たことがないという人は、見方が足りない証拠だ。

そこで求められている人物像に何が書かれているか。

よく目にするのがコミュニケーション力というやつだ。

話すというのと、コミュニケーションとは違う。

話すよりも双方向の意味合いが強いのがコミュニケーションである。

つまり、転職活動ではコミュニケーションは大きな意味を持つのだ。

もちろん、入社した後にも重要だからこそ、こういった求人票が多く見られる。

感謝とは何のためにするものかを考えて欲しい。

まさに、コミュニケーションのためである。

人と人のつながりを円滑にする効果が感謝には非常に多く含まれている。

逆に感謝することができない人は、コミュニケーション力に乏しいと言える。

だから、感謝することが大事だと言っている。

コミュニケーションを意識する

感謝がコミュニケーションを円滑にする。

そして、コミュニケーションは転職活動を成功させる。

こういうことになる。

なぜ、コミュニケーションが転職に関係してくるのか。

そもそも、ただ求人票でそういう人を欲しいと言っているだけなのに。

ここも重要なポイントだ。

転職活動自体がコミュニケーションなのだ。

応募して、採用に至るまでのプロセス。

これはコミュニケーションなのである。

面接のことなら想像しやすいかもしれないが、それだけではない。

よく考えてみればわかるはずだ。

採用されるには、書類選考もあるし、面接もある。

そして、採用に至る。

これらは、誰のプロセスなのか。

あなただけのプロセスではない。

あなただけがいくら頑張っても、採用までは到達できない。

常に相手がいる中で進められる。

面接はもちろん、書類選考もあなたが書いた履歴書や職務経歴書を読む人がいる。

そして、あなたに連絡する人がいる。

各プロセスでも決して1人の力でクリアできるものはない。

両者で作り上げて採用にたどりつく

採用とか不採用ということにこだわりすぎると、この辺りが見えなくなってくる。

自分が採用されるかどうか。

企業が採用するかどうか。

これで採用か不採用が決まっていると思いがちなのだ。

この意識であるうちは、採用されるのはなかなか難しいと言わなければならない。

そういうことではないからだ。

先ほどから何度も言っている通り、転職活動はコミュニケーションである。

だから、どちらか一方の問題ではない。

両者で作り上げていくものが採用だと言える。

あなたが企業に勝つというような話ではないのだ。

あなたと企業の双方が、同じ方向を向く。

あなたが企業に採用されるという方向に一緒に進めていく。

これが転職活動だと思った方がいい。

もちろん自分だけがそう思っていても仕方がない。

相手もそう思わなければ、採用されないわけだ。

相手の気持ちを、あなたの採用に向かわせるために必要なもの。

それがコミュニケーションであり、感謝する気持ちである。

転職エージェントの存在意義

転職活動に転職エージェントを利用するケースもある。

いろんなエージェントがあるが、何をしてくれるのかと言えば、ここで書いたことのサポートだ。

企業とあなたの両者に対して、同じ方向に進むように手伝う。

これが本来の転職エージェントの役割だと思う。

いい転職エージェント、悪い転職エージェントなどと評価するなら、どれだけ支援する力があるかを見るべきだ。

感謝というのは、意識してすぐにできるものでもない。

普段から心がけておかないと、できないのである。

感謝するだけで、転職活動は有利に運ぶ。

今まで、転職活動がうまく行っていない人は特に、これから感謝の気持ちを意識してはどうだろうか。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え