孤独を感じるような転職活動は失敗する!企業と自分の間に何がある?

      2017/06/13

孤独を感じるような転職活動は失敗する。企業と自分の間に何があるか

孤独を感じる転職活動は避けよう

転職活動は孤独だと思うだろうか。

転職=孤独?

仕事を辞めてから転職活動をすると、そう感じる。

それもそのはず、前の会社を辞めてしまうと、組織に属していない。

とても不安になるものだ。

孤独というのは良くない。

孤独ということは、どんな転職活動かを想像して欲しい。

まずは求人を探すわけだ。

そして、気になる仕事が見つかる。

求人を頼りに履歴書や職務経歴書を送る。

面接に行く。

合否を決めてもらう。

人と関わるのは面接のときぐらいである。

しかし、面接のような緊張感の中では、孤独が癒やされることもないのである。

これだとさすがに孤独を感じる。

でも、こんな転職活動をしている人が多いのが事実なのだ。

ここで言っておきたい。

孤独を感じる転職活動は絶対に避けるべきだ。

なぜ、孤独ではいけないのか。

良い転職ができないからである。

なぜ、孤独だと良い転職ができないのだろうか。

ちょっと考えてみればわかる。

よい転職とは、仕事を始めた後にわかるもの

そもそも良い転職とは、どんな転職を言うのか。

ただ採用されればいいというものでは決してない。

新卒採用と中途採用では違うのだ。

働いた経験がある今、何が大事なのかは、ある程度わかるのではないだろうか。

採用後に、実際に入社する。

そして、働いてみてどうなのかが重要。

やりがいを感じながら仕事ができるか。

その仕事ぶりをちゃんと評価してもらえるか。

そして、自分自身が仕事の中で成果を上げられるかもある。

つまり、幸せを感じながら働けるかが最も大事。

そうじゃないから、転職したくなったらのだろう。

同じことを繰り返されないように、転職活動では意識しなければいけない。

どこで意識するのか。

応募する企業を選ぶときである。

ここが一番大事なのだ。

では、このような企業の選び方は、どうすれば可能だろうか。

求人をどこで探すかにかかっている!

どの企業に応募するかというのは、まさに企業との出会いがあるかだ。

転職を結婚に例えることはよくあるが、どんなに相性のいい相手でも出会わなければ結婚できない。

当たり前の話だ。

企業も同じで、どこかで出会わなければいけない。

その出会いをどこに求めるかで、よい転職ができるかが決まってくる。

あなたは、求人をどこで探しているだろうか。

良い求人と出会うには、場所を選ばないといけないことになる。

結婚相手を探すのならば、渋谷に行くのか、銀座に行くのかでタイプは変わるのである。

良い求人はどこにあるのか

さて、良い求人とは、どこにあると思うだろうか。

求人雑誌に掲載されているのか、ハローワークの検索機の中か。

それとも転職サイトで探すのか。

どれも、正解ではない。

まあ、中にはいい求人もあるだろうが、もっと見るべきところがある。

それは、人なのである。

求人雑誌もハローワークも転職サイトも、たしかに求人であふれている。

しかし、それはもうすでに公になった情報である。

いい情報というのは、流通しない。

だから、人の頭の中にあるだけだ。

それを手に入れるのが、一番いい求人に出会うことなのである。

まだ出回っていない求人がベスト

よく考えてみるとわかるはずだ。

企業が社員を探したいとき、まずはどうするかである。

人を頼るのだ。

知り合いの人とか、社員とか。

そういう近くにいる人に、「いい人はいないか」と聞くのだ。

これを人脈という。

人脈で決まっている採用というのは、かなり多いのである。

昔いた会社から、社員を引き抜くとか、そういうケースもそうだ。

だけど、周りの人に聞いても、社員が見つからないときはどうするか。

求人雑誌やハローワーク、転職サイトに求人広告を出すのである。

これは面倒な作業だし、コストもかかる。

でも、人がいないと困るから、求人を出すのである。

なぜ人が集まらないのかというのも、もう少し考えたほうがいい。

何か理由があるわけだ。

すごくいい会社なら、周りの人に聞けば、決まっていくのに、そうはならなかった。

そういうこと。

孤独だと転職が失敗する理由

よい求人情報はどこにあるかを思い出して欲しい。

人の頭の中にあるのだ。

そして、最初に書いたような孤独な転職とは何だったか。

あなたがいて、次に入る会社があって、やがて二者間での合意があって入社に至る。

あなたと会社、その間に人はいないわけだ。

なぜなら、求人の入手が雑誌やネットだから。

紙面とか、パソコンしかないから、孤独になる。

これではいい転職は望めない。

それよりも、人が持っている、まだ文字になっていないような求人を見つけるといい。

間に人がいるからこそ、よい情報に出会うことができる。

つまり、人脈とかコネというのは転職者にとってすごく価値のあるものなのだ。

ほかに応募するライバルも少ない。

もし、利用できるものがあるなら、利用しない手はない。

ただ、人に頼ることが嫌な人もいるはず。

あるいは、人脈が豊富な人ばかりではない。

そういう人には別の方法があるから安心してほしい。

それが、転職エージェントなのである。

転職エージェントが持っている求人は、非公開求人と言われる。

なぜ、求人を非公開にするのか、気になる人もいるだろう。

でも、それが普通である。

人脈を使った採用というのは、非公開なのだ。

また、転職エージェントを使うと、孤独からも解放される。

わずらわしく感じる人もいるかもしれないが、エージェントにはキャリアアドバイザーという人がいる。

そういう人と一緒に転職をしようということになる。

相談もできるし、アドバイスもくれる。

相談やアドバイスという意味では、ハローワークも同じなのだが、両者はだいぶ違う。

何が違うかと言えば、いろいろ違う。

ここで1つだけ言うならば、非公開かどうかだろう。

ハローワークは求人を隠さない。

転職エージェントは、ほとんどの求人を隠し持っている。

そして、この人ならということで紹介してくれる。

そこに転職者にとっての大きな価値があるのである。

まだ、転職エージェントを利用していないならば、ぜひ利用することをおすすめする。

孤独な人ほど、使うべきなのである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ