転職サイトに登録するならどこがいい?やっぱりここは外せない…

      2017/08/09

転職サイトに登録するならどこがいい?やっぱりここは外せない…

転職サイトはいろいろあるけど、どこがいいの?

私は転職する気がなくても転職サイトを見ている。

どう変わるのかというのが、意外とおもしろい。

最近で言えば、エン転職は勢いがあるが、まだ件数では他社に負けている。

さて、転職サイトを使う場合、どこがいいのだろうか。

総合型と言われる転職サイトは、いろんな業種の求人が集まっている。

それだけではない。

業界に特化した転職サイトというのも、けっこうある。

女性の求人を集めた転職サイトもある。

エンジニアだけ、工場の求人だけというのもある。

そう考えると、全ての求人をチェックするのは、難しいと感じる。

何を基準に、どの転職サイトを見ればいいのか。

これは人によって変わるだろうと思う。

ここでは、一般的なビジネスマンが転職する場合で考えてみたい。

リクナビNEXTは基本

リクナビNEXTは、リクルートキャリがという会社が運営している転職サイト。

私が見てみたとき、ここには8,000件ほどの求人があった。

国内最大級の求人数であることは間違いない。

リクルートというのは、人材業界では最大手なのである。

だから、企業からの信頼も厚く、豊富な求人を揃えているのが特徴だ。

特に欠点がないというのが強みだろうと思う。

転職者が採用されているという実績を誇っているのがリクルートである。

迷うぐらいなら、リクナビNEXTで探すといいだろう。

間違いはない。

リクナビNEXT

DODAも期待できる

もう1つ、ぜひチェックしたいのがDODAという転職サイトである。

DODAもやはり求人数が多いことで知られている。

特にメーカーの求人が他のサイトに比べて、多いのが特徴であろう。

私の印象は、DODAは堅いと感じる。

堅実というか、まじめな転職サイト。

リクナビNEXTも近いと思うが、エン転職やマイナビ転職のようなサイトとはだいぶ違う気がする。

DODAは、検索条件を指定できる。

これは他のサイトでもできるが、検索条件と求人のマッチの仕方が高いという感じはある。

検索してみたら、これ全然違う仕事じゃん!と思うケースが少ないのがDODAだと思う。

メーカーの求人が多いということも、DODAの信頼から来ているような気もする。

安心感があるのがDODA、これが私の印象だ。

リクナビとDODAを使う理由

転職サイトも、それぞれの特徴があるわけだから、自分で使いやすいものがいいのだろう。

なぜ、ここで、リクナビNEXTとDODAをあげたのかというと、やはり求人数なのである。

求人数が多いということは、それだけ、可能性があるというわけだ。

転職というのは、企業が必要としている人材と転職者の経験やスキルがマッチしなければ決まらない

そういう意味では、転職者は、サイトで求人を見ながら、自分の経験やスキルに合うものを探しているわけだ。

つまり、求人数が多いということは、自分に合った求人というのも多くなる。

全体の数が多いということにメリットがある。

だから、今のところは、リクナビNEXTとDODAを使っておき、決まらないようであれば、別の業種特化型なども使ってみるといいのかもしれない。

DODA

転職エージェントも検討してみる

転職サイトとして、リクナビNEXTとDODAの2つをおすすめした。

もし、この2つで決まらない場合は、どうするか。

他の転職サイトで探してもいいわけだが、そこまで大きな変化は期待できないように思う。

そこで、ぜひ使いたいのが転職エージェントなのである。

実は転職サイトでの応募は、採用されるのが難しいのである。

そのため、多くの転職者が、転職サイトで探すのをあきらめて、転職エージェントに頼るわけだ。

そして、転職が決まっているのが現実である。

転職エージェントを使うということは、ちょっと面倒なことも確かにある。

エージェントのキャリアアドバイザーと面談したりする。

これが面倒なら、転職サイトで探すのもありだが、それを超えるメリットがあるのも事実だ。

面倒がらずにやってみるといいだろう。

リクナビとDODAは求人数が多いと言ったが、どちらも転職エージェントがある。

リクナビもDODAも転職エージェントには、転職サイトの求人よりも多くの求人があると言っている。

それは3~4倍ぐらいはあるようだ。

これはものすごい数で、リクルートエージェントで言えば、10万件を超える数だ。

これだけでも、あなたが採用される確率は、数字の上では上がるのである。

しかも、条件のいい仕事と出会う確率も同様に上がる。

面談を行うので、より採用される確度の高いものが紹介されることも期待できる。

なので、面談が面倒でなければ、転職エージェントはぜひ使うことをおすすめしたい。

ここでも、やはり求人が多い方から使っていくのがいい。

つまり、転職サイトと同じになる。

リクルートエージェント

DODAエージェントサービス

転職サイトとは登録のページが違うので、間違えないように登録してください。

登録は簡単なので、この際に、2つ登録した方がいいと思います。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ