転職では不満だった前の会社での給料を基準にするな!収入を上げる転職のやり方

      2017/06/14

不満だった給料を基準にするな!転職で給料を上げるための方法

有利な転職を実現するには

転職でいい境遇を手に入れる人もいれば、その逆もある。

せっかく転職したのに、今までよりも納得のいかない状況になったのでは残念だ。

自分にとって有利な転職にすることは大事である。

人生は進んでいくものなのだから、戻るようなことはしたくない。

もう1つ上のステップに行く。

これが転職活動では大切になる。

有利な転職とはどんなものか

人それぞれに思うところは違うだろう。

収入面で有利になるのか、それとも仕事の内容で有利になるのか。

収入も下がる、仕事もきつくなった、こんな転職はしてはいけない。

そうならないためには考えておくべき重要なことがある。

ここでは主に収入面について見ていきたい。

転職で収入を上げるには

転職では給料が下がる人もいるが、上がる人がいるのも事実だ。

どうやったら、少しでも転職後の給料を上げることができるだろうか。

簡単に言えば、あなた自身の評価を高められるかがカギになる。

資格を取るのも1つの方法だろう。

難しい資格、そして仕事に重要な資格であるならば、あなたの価値は高まる。

前の会社での役職なども考えられる。

役職が高いときに転職した方が価値は高まるだろう。

だが、こういう考え方はやめておこう。

だいたいはうまくいかない。

資格を取れずに転職の時期が延びるかもしれない。

昇進することも、不確定要素が多すぎる。

だから、こんな考え方はやめるべきなのだ。

では、どうすればいいか。

正解は欲しい金額をちゃんと伝えること。

これしかない。

やってみる価値

転職活動では企業の採用条件がある一方で、入社するのに必要な条件もある。

両者が満足して入社することになる。

だから、こちらに言い分があってもなんらおかしなことはない。

やってみるべきだ。

今の自分の価値として、高い金額の給料を要求することを。

欲しい金額を伝えてみること。

うまくいくだろうか。

うまくいかないかもしれない。

でも、やるべきだ。

ただ、普通にやってもダメだ。

なぜ、これまでにもらっていた給料よりも高い金額を要求するのか。

その理由がしっかりしたものでなければ無理だ。

どう説明するか。

その説明で、相手を納得させられれば、高い給料で入社できることになる。

転職前の給料を基準にしない

転職する前には、給料に不満を抱く人が多い。

でも、転職時は給料を目一杯に要求しない。

むしろ、不満だったはずの前職の給料を基準に考える。

こんな馬鹿げた話はない。

どれぐらいが適当な給料なのか。

その金額があなたの入社の条件になるはずだ。

転職でもしないと給料はなかなか上がらない

転職の時ほど、給料にはこだわるべきだ。

なぜなら、入社してから金額を上げるのはなかなか難しい。

一気に上がるというのは、よほどのことがないと無理だと言ってもいい。

転職のタイミングの方がずっと楽なのだ。

年収400万で入って、500万にするのに、何年かはかかる。

一方、500万で入れるかどうかは転職時の一時的な問題になる。

たとえむずかしくても、やってみた方ががいいだろう。

これまでの給料が400万であった人が、いきなり500万になる?

そう思うかもしれないが、やってみた方が得なのである。

もちろん、そんな簡単にうまくいかないことだろう。

それでも、簡単に妥協しないで、より高い金額を追い求めて欲しい。

なぜ、こんなことを言うのか。

転職の理由に給料を挙げる人が少なくないからだ。

新卒ならともかく、転職で入った会社であったならば、転職時の努力が足りなかったのではないだろうか。

転職時だけでなく、後々まで収入面はついて回るので、ここで努力すべきなのだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え