これができなきゃ不採用!面接で絶対覚えておきたい3つの基本原則

      2017/06/09

これができなきゃ不採用!面接で絶対覚えておきたい3つの基本原則

面接が苦手なら基本原則を守れ!

面接のコツを書きたいと思う。

面接が苦手な人は多い。

そんな人は、まず基本原則を理解しよう。

いろんなテクニックもあるわけだが、面接の基本がなっていないと効果はない。

ここで書くのは面接における3つの基本原則

どう答えるかとか、内容をどうこう考える前に、知っておきたいことなのである。

なぜ趣味の話ばかりだった面接で受かるのか

面接では趣味の話で盛り上がったりすると合格になる。

100%の保証はできない。

だが、実際にそうなのである。

前職の仕事のことを評価されなくても、過去がどうであろうと合格だ。

それはどういうことかを考えてみよう。

相手は面接の時間が楽しかったから合格にしたのだろうか。

そういう人もいるかもしれないが、私はちょっと違うと思う。

趣味の話をしながらも、しっかり応募者のことを評価した結果だと思うのである。

趣味の話で何を評価したのだろう。

不思議に思うかもしれない。

面接ではどんな話し方をしたのか

中途採用の面接では、前の仕事の経験とかスキルが大事だと思う人は少なくない。

でも、そればかりではない。

話の内容ではなくて、話し方の方が実は大事なのだ。

趣味の話をした人はどんな話し方をしたと想像できる?

おそらく、楽しそうにはっきり話す

趣味の事ならくわしい。

自信を持って話せる。

分かりきっていることだから自分の考えもはっきり話せるはずだ。

ここを評価されたわけだ。

面接の中で話される内容よりも大事なことがある。

面接で意識したい「7-38-55ルール」

知っている人もいるかもしれないが、7-38-55ルールと言われるものがある。

合わせて100。

言葉による情報で伝わることは7%

耳への入り方で伝わることが、38%

目から入る情報は、55%

こういう研究結果がある。

つまり、どんなにいいことを言葉で言ったとしても、それはわずか7パーセントの情報に過ぎない。

目で見て感じた印象は55パーセントにも昇る。

どちらが面接で重要かのポイントになる。

面接の基本原則

ここまで見てくると、言葉だけじゃないなと思うだろう。

そこで面接での大事なポイントを3つ紹介しよう。

何1つ新しいことはないが、面接では大事なこと。

それが、笑顔はっきり話しすぎない

この3つだ。

笑顔

笑顔を馬鹿にすると面接はまずダメだ。

逆を考えてみるといい。

面接の相手が笑顔で接してくれるのと、しかめっ面で見られるのとどっちがいい?

笑顔がいいに決まっているはず。

同じように相手だってあなたの顔を見ている。

笑顔の方がいいだろう。

絶対に印象がいい。

はっきり話す

はっきりと話すことも大事だ。

とくにやってしまいがちなのが尻つぼみだ。

最初ははっきりした口調で話し始めたのに、最後の方をモゴモゴ。

何とかだと思いますけど」で終わりなんてあり得ない。

思います」でしっかり終わること。

それから、余計な前置きも邪魔に感じることが多い。

ああ、どうなんでしょうねー」とか最初に言ってから答え始める人がいるがこれもやめよう。

言ってはいけないとまでは言わないが、だいたいそういう人は、最初だけでなく、いろいろと余計なことを話しの中に入れがちなのだ

話しすぎない

話し過ぎないことも面接ではすごく大事。

はっきり言っておきたい。

もういいです。

もっと簡潔に。

あなたが面接で答えている途中に、こんなことを言われたらもうおしまいだ。

話している内容以上に相手に伝わってしまっている。

印象の悪さが伝わっているのだ。

それで、どんなに立派な人間だと主張しても、もう手遅れだ。

中身とは関係ないことで不採用になるな!

面接に行くときに、絶対に覚えておいて欲しいことを書いた。

面接における3つの基本だ。

簡単なようだが、できていない人が実に多い。

忘れないで欲しい。

話の中身に関係ないことが、とても大事なのだ。

かなり伝わってしまうのだ。

どうせ不採用になるなら、中身で不採用になるべきだと思わないか。

こんな基本的なことで印象を悪くして落とされるなんて、本当にもったいない。

でも、実際にこの基本ができずに落ちている人は山ほどいるのが現実だ。

趣味の話になったらどうする?

最後に、趣味の話に戻ろう。

面接で実際に趣味の話になったらどうすればいいのか。

採用になるか、不採用になるか。

それは、どう話すかによるのである。

趣味が違うから、不採用になるなんてことはない。

笑顔で、はっきりと話すのだ。

そして、しゃべりすぎてもいけない。

これだけ押さえておけば、面接は通過する。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ