「辞めたい」は口癖!「忙しくて転職できない」は言い訳!

      2017/06/13

「辞めたい」は口癖、「忙しくて転職できない」は言い訳

転職したい人の口ぐせ

辞めようかな。

そんなことをよく言う人がいる。

まるで口癖にでもなっているかのように言う。

頻繁に。

私の経験上だが、こういう人はなかなか辞めない

かと思えば、転職する兆しの全くなかった人が突然辞めたりする。

辞めたいと口癖のように言う人は実はやめたくないのだろうか。

忙しいから転職できない?

転職したいと思いながらも、しない人の中には仕事が忙しい人が多いと思う。

なかなか時間がなくて転職活動に踏み切れない人は結構いるのではないだろうか。

時間がないと転職できない。

いやいや、そんなはずはない。

忙しいから転職できないは、嘘だ。

言い訳でしかない。

その本気度を疑ってしまう。

本当にやめたかったら時間がなくても動き出すものである。

転職ってどうやって活動するの?

そうは言っても時間的に厳しい?

なぜそう思うのかが大事だ。

そこに勘違いがあると思う。

転職活動って、そんなに時間を拘束されるものではない。

一日中、求人を探して雑誌に目を通したり、ハローワークに毎日通うわけでもない。

そういうのは暇な人がやればいい。

それに職務経歴書なんかも内容はどうであれ、一度作ればいいだけだ。

実はそんなに時間を必要としないものなのに、なぜかとても重い作業のような気がしてしまっているだけなのだ。

時間をかけないで採用されるのかという問題

確かに職務経歴書だって、雛形に従って作るなら時間はかからない。

履歴書も書くことは決まっている。

問題は、そんなに時間を短縮して作った書類で採用されるのかだ。

採用どころか、面接に進むことすら厳しいのではないか。

私はこのブログでも転職活動には時間をかけた方がいいと言っている。

考えて作らない書類はゴミだともどこかで書いた。

じゃあ、ここで言っていることは矛盾しているのか。

そうではない。

転職活動をスタートさせることの意味

ここで言いたいのはスタートのことなのである。

とにかく転職しようと本気で考えるなら、すぐに動き始めた方がいいと言っているのだ。

もちろん、職務経歴書を適当に作ったら採用されない。

そんなの当たり前だ。

でも、反応を見ることはできる。

何より、転職について自分自身で考えることができる。

さらに「採用されないこと」ができるのである。

これは転職活動には必須だ。

失敗することで転職活動は成功に近づいていくからだ。

まず、動き出すこと。

これで状況は変わる。

忙しかった毎日は忙しくなくなるかもしれない。

そして、辞めたかった会社は辞めたくなくなるかもしれない。

それは動いてみないと、わからないのだ。

かなり楽にできる方法がある

転職にはエージェントを使うような方法もある。

それは、転職活動を手伝ってもらえることを意味する。

一から十まで全部自分でやる必要もない。

エージェントなら毎回履歴書を書いて送る必要もない。

そういった方法なら時間をかけないで転職活動ができる。

負担を少なくする方法を使うこともお勧めしたい。

とにかく、始めてみることだ。

失敗したら作戦を変えればいい。

最初から完璧にやろうとしないで失敗しながら進めた方が、早くゴールにたどり着くはずだ。

忙しいから転職できないという言い訳をやめる。

転職したいという口癖もやめる。

そして、動き出す。

そんな口癖を言う暇もなくなると思う。

何もやっていないからこそ、やめたいなんて口に出したくなるわけなのだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え