どうしたら伝わる?面接でやる気をアピールしたいときのベストな方法

      2017/06/14

どうしたら伝わる?面接でやる気をアピールしたいときの最善の方法

転職ではやる気を見せるのは大事

いろんな会社の求人票を見ると、やっぱりやる気のある人を企業は欲しがっているようだ。

まあ、当たり前のことではある。

やる気がある人を採用するか、そうでない人を採用するかでは大違いだ。

ある本に、転職ではエンジンが大事だと書いてあった。

車に例えるならば、どんなに見た目が良くても、エンジンが良くないとダメ。

なるほどなと思う。

エンジンは車を動かす原動力だ。

いくらデザインが優れていても、結局車は走ることを求められる。

転職でも同じことだ。

仕事に熱意を持って取り組めるか。

そのためには、エンジンが必要、つまりやる気が必要なのである。

やる気をアピールするには?

採用したいと思わせるには、自分にやる気が備わっていることを伝えたい。

やる気だけは誰にも負けないとアピールしたいと思うのではないだろうか。

では、どのようにやる気をアピールすればいいのだろう。

やります!やります!なんでもやります!

これも1つの方法ではあるが、ちょっと正直なことを言えば幼稚くさい感じだ。

やる気なら負けません!

これも直接的すぎて、なんとなく信用できない。

もう少しオブラートに包んだらどうか。

となると、残業でもへっちゃらです。

給料が安くてもこの仕事がやりたい。

こういったアピールはどうなのだろうか。

やる気は伝わるのかもしれない。

でもだ。

こんなことを言って満足するのは言った時だけだ。

もし、実際に安い給料で採用されたらどうする?

残業ばかり押し付けられたらどうする?

自分から言い出したんだから受け入れるしかないのだろうか。

そんな状況になったら、はっきり言って、もうやる気も失っていくだろう。

次の会社を探したくなるものだ。

誰が悪いのでもない。

自分でやる気をアピールするために言ったのが悪いのだ。

というわけで、こんな危険なアピールはやめた方がいいと言いたい。

安全なアピールの方法を使おう

やる気をアピールするのに危険と隣り合わせではいけない。

もっと安全な方法でアピールしたいものだ。

では、もっといい方法をご紹介しよう。

よく知られていることだが、企業を調べることが、やはりおすすめ。

これが一番だ。

熱意がなければ、意外とできないことでもあるのだ。

企業を知るということで熱意を見せる!

企業のホームページがある。

あまり有名でない企業のホームページがあるとして、あなたは誰が一番その情報を見ると思うだろうか。

実際に調べたわけでもないので、私の個人的な意見。

おそらく、転職しようとしている人ではないと思う。

その企業の商品を買う人。

サービスを利用する人。

こういう人も見るはずだが、もっと見る人がいるはずだ。

とてもその会社が気になる人。

どんな部署があるのか、どんな人が社長か。

沿革はどうなっているのか。

ここまで見る人はかなり限定される。

私は、もうすぐ入社する人ではないかと思うのだ。

転職でも新卒でもいいが、もうすぐその会社に入ることが決まっている人。

そういう人はすごく気になって見るだろう。

これがどういうことかわかるか。

人は物事が切実にならなければ、本気で知ろうとしないのだ。

病気に関する本を見るのは誰か。

病気になってしまった人なのだ。

予防しているような段階で、病気を詳しく調べる人などいない。

明日がガンの検診だからと言って、ガンに関する本なんて読まない。

検診でガンが見つかった人だけが本気で見るのだ。

さて、転職の話に戻ろう。

企業のことを調べるのは採用されてからが普通

それまでは、そこまでの意欲が湧かないからだ。

これが普通の人。

普通の人であっては、面接に行っても普通の人と見られて終わる。

やる気をアピールしたいなら、普通を超える必要がある。

だから、企業のこと、業界のこと、これを調べるのがいい。

他の応募者はそこまでやらないだろうというぐらいまで調べてみよう。

それぐらい企業に関心を持つということが大事。

転職に限らないことだが、自分に関心を持ってもらえることは嬉しいことなのだ。

面接で大事なこととは

面接では、ぜひ、あなたが他の人よりも、熱心に相手のことを知ろうとしたかを伝えよう。

これができれば、十分にやる気は伝わるだろう。

安っぽいアピールなんかより、ずっと伝わる。

それは、応募者がその会社に入社したところまでイメージしているかの差でもある。

これで、全く違ってくる。

面接での答え方も違ってくるものだ。

そうして、面接の結果につながる。

もしかしたら、落ちるかもしれない会社。

面接で採用になったら、一生縁のない会社になるかもしれない。

だから、普通はやらない。

だけど、あなたはやる。

腹のくくり方で結果は違ってくるわけだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ