面接だけでは企業のことがわからない。もっと知るために情報源を増やす!

      2017/06/14

面接だけではわからない。企業の事をもっと知るために情報源を増やそう!

面接は知らないもの同士の出会いの場

転職活動に面接はつきものだ。

面接がなくて入社するなんてことはあまり聞かない。

誰もが通るわけだが、面接では何をするのだろうか

お互いを知る場であることは確かだろう。

初めて見る企業、初めて会う応募者。

お互いにまだ何も知らない。

だから、面接でどんな会社か、どんな人物かを見るわけだ。

面接というと、転職者の立場からすれば、自分が見られることばかり考えがちだ。

でも、逆もそうなのだということは意識しておいた方がいいだろう。

転職する企業というのは、今後はとても重要な存在になるのだから。

一社員であるが逆に言えば生活のすべて

面接できちんと知りたいことは確認するべきだ。

あなたの情報だけを相手に提供する場ではない。

あなたにも十分知る権利がある。

むしろ、そっちの方が重要なのだ。

会社から見れば、あなたは1人の社員である。

それ以上でもそれ以下でもない。

あなたがどんなに優秀でも、他の社員がいなければ成り立たない。

もっと言えば、あなたがもし退職しても、休みを取っても会社はやっていける。

でも、逆に考えてみよう。

あなたにとって会社は生活の大部分である。

収入のすべてをそこから得るわけだ。

会社から見た自分、自分から見た会社。

存在を強く意識すべきはどっちか。

あなたから見た会社の方である。

だからこそ、転職活動の中で、よく企業のことを知る必要があるのだ。

企業の事を知るためには情報源を増やすこと

それにしても、面接の時間は短い。

相手を知るための時間は限られていると言わざるを得ない。

しかも、面接は多くの時間を企業からの質問で占められている。

あなたが企業のことを聞けるのは、いくつかの質問だけだろう。

どうやったら、もっと知ることができるか。

まず、面接だけに頼ることはダメだ。

もっと情報源を増やすことを考えた方がいい。

そこで使えるのが転職エージェントだろう。

第三者としての転職エージェントの情報も参考に

転職エージェントを使ってみたことはあるだろうか。

ない人はハローワークに近いものだと思えばいい。

でも、ちょっと違う部分もある。

ハローワークも仕事を紹介してくれるが、とても事務的だ。

なぜそうなるのか。

企業との接点が弱いからである。

民間の転職エージェントは企業との密な情報交換をしているものだ。

だから、ある会社がどんな会社かということも、ハローワークとは比べものにならないぐらい知っている。

そういう点ではすごく役に立つ存在だと言える。

普通は、転職活動は企業と自分との二者間で進める。

そこに転職エージェントという第三者が加わる。

これが転職エージェントのサービスで、その第三者は、また別の視点で両者を見ている

企業からだけでなく、転職エージェントからの情報もぜひ参考にしよう。

いい会社は転職エージェントにとっても自慢したい

率直に聞いてみるのもいいだろう。

どんな会社かと聞けば、答えてくれるはずだ。

今はどんなものでも口コミがある。

あれは自慢のようなものも多い。

こんないいものを知っているというような自慢。

ブログやSNSでレストランでの食事の写真をよく見る。

つまり、こんないいお店を知っているという自慢だろう。

転職エージェントも同じだ。

いい企業を知っていれば、言いたくなる。

自慢したくなるものだ。

だから、あなたにも「いい企業だ」と紹介してくれるはずだ。

しかも、知っていることを自慢気に、いろいろ教えてくれるだろう。

そういう企業はたぶんいい企業だと思う。

自慢したいぐらいの会社なのだから。

短時間の面接では多くの情報を得ることは無理だ。

よくわからない企業のまま、採用されてしまって入社してしまう。

こんなに危険なことはない。

情報源を増やすために、転職エージェントを使ってみてはどうだろうか。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ, 転職の心構え