40代で転職エージェントを使うならどこがいい?

   

40代で転職エージェントを使うならどこがいい?

40代の転職にも転職エージェントは有利に働く

仕事の探し方は様々な方法がある。

その中でも、主流と言ってもいいのが転職エージェントを使う方法。

いわゆる人材紹介である。

採用されるのが難しいような転職、もっと有利な転職を希望する場合に、特に転職エージェントを使った方法が向いている。

ただ、転職エージェントはいろいろある。

細分化されていて、人によって使い分けが必要になる。

ここで見たいのは40代の転職についてだ。

40代の転職と一言で言っても、それは複雑なものである。

20代の転職のようにポテンシャルだけでどうにかなる話ではない。

40代の転職は、大雑把に分けると、2つの転職に分けられる。

ハイクラスへの転職とどこでもいいから働きたい転職

40代の転職の特徴として、二極化という見方ができる。

まずは、ハイクラスと言われるような年収の高い仕事を探している場合だ。

転職者は、より高い条件を望んでいる場合が多い。

もう1つは、前の会社が倒産したりして、とにかくすぐに働ける仕事を探しているような場合。

この場合は、年収がどうというよりも、わりとどこでもいいから早く決まることを願っている場合が多い。

このような別々の転職を一緒に扱うと混乱する。

転職エージェントの世界は、細分化がどんどん進んでいる。

専門化しているということだ。

ターゲットを狭くして、より専門性を高めているのだ。

例えば、ハイクラスの仕事を専門に紹介しているような転職エージェントがある。

テレビCMなどでもおなじみのビズリーチがその1つである。

転職者というのは、それぞれ特徴がある。

今の時代は、転職者の特徴に合った転職エージェントがあると考えた方がいい。

できるだけ、自分が入るべき市場を見極めないと不利になってしまう。

いくつか場合分けをしながら、使うべき転職エージェントを見ていこう。

使わない方がいいエージェント

まず、最初に40代なら使わないほうがいい転職エージェントを言っておこう。

決してダメなエージェントと言っているのではない。

40代には合わないということ。

転職者にはそれぞれの特徴があると先に書いたが、まず1つ、大きな特徴が40代という年齢である。

年齢によって使うべき転職エージェントは異なってくる。

例えば、マイナビエージェントだ。

マイナビエージェントは、20代が中心である。

だから、40代の人が使っても、うまく機能しない。

機能しないというのは、登録しても仕事を紹介してもらえない、あるいは採用が決まらないこと。

ややこしいことにマイナビエージェントが自ら40代は登録しないでくれと言っていないことだ。

でも、そういうものだと認識しておいて間違いない。

あとはエン・エージェントもあまり期待できない。

エン・エージェントは、エン・ジャパンという会社が運営している人材紹介サービスだ。

エン・ジャパンは、エン転職という転職サイトが有名で、利用者も多いが、まだ人材紹介では弱い。

マイナビもエンも知名度は高いが、40代が使うものではないと考えておこう。

使わない方がいいエージェントを先に見たが、次はいよいよ使うべき転職エージェントだ。

40代の転職で使うべき転職エージェント

では、次に40代の転職で使うのに適した転職エージェントだ。

慎重に選ぶ必要がある。

彼らは、決して否定することはない。

「あなたのような人はうちでは転職できない」とは親切に言ってくれない。

だから、余計に危険なのである。

転職につながらない活動をしても無駄な時間を過ごすだけである。

慎重にということは、より自分に合ったエージェントに登録することだ。

ハイクラス求人

先ほども書いたが、これまでの経験や実績を生かすようなハイクラスの仕事を探すなら、おすすめは2つある。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴は有料であること。

普通は企業側がお金を負担するので、転職者は無料で紹介を受けられるところが多い。

だが、ビズリーチは有料である。

企業側やヘッドハンターからのスカウトを待つのであれば無料。

ただし、自ら求人へ応募したいなら3,000~5,000円ほどかかる。

1カ月数千円というぐらいの金額。

ハイクラスを狙う人からすれば、それほど大きな負担ではないだろう。

私からすると、お金を払った方が安心できる感じがするがどうだろうか。

ビズリーチ

JACリクルートメント

ハイクラスの転職で、もう1つおすすめなのは、JACリクルートメントだ。

ビズリーチは知っている人が多いと思うが、JACリクルートメントはあまり知らないかもしれない。

だが、評判のいいエージェントである。

JACリクルートメント

経営層や管理者や外資系企業の仕事を得意とするエージェント。

ビズリーチとは違って、無料で利用できる。

また、JACリクルートメントの特徴として、担当の付き方が違っている。

これは下の記事をご覧いただきたい。

参考:
JACリクルートメントで採用される人は?採用決定力のある転職エージェントの事例

技術職・エンジニアの転職

ハイクラスというわけでもなく、技術職での転職をするなら、2つのおすすめがある。

DODAエージェントサービス

メーカーの求人を多く持っている。

また、年齢層も高めで経験を重視している企業が多い。

DODAエージェントサービス

type転職エージェント

メーカーの求人ももちろんあるが、主にIT関連での強さがある。

転職サイトで見ても、年収が高めの求人が多く出やすい。

逆に小売業やサービス業での転職なら、typeはおすすめではない。

type転職エージェント

技術職・エンジニア以外

技術職やエンジニア以外だと、リクルートエージェントがいい。

技術職でも悪いということはない。

リクルートエージェントは人材紹介の業界では最大手である。

なので、とにかく求人数が多いことが特徴なのだ。

他のエージェントの数倍は求人を持っていると考えていい。

リクルートエージェント

欠点は大手であること。

長所でもあるが、短所でもあると考えられる。

企業の数も転職者の数も多いわけだから、自然と機械的なマッチングとなる。

数の上では有利だが、より狭い条件での転職には適していない。

40代の転職では、経験を求めている狭い募集が多い。

20代のような人物重視といった採用ではない場合が多いのである。

つまり、40代で転職に苦労する人には、リクルートエージェントは向いていないということだ。

ただ、最初から、転職で苦労するかどうかはわからない。

やってみないとわからない。

そこで、どんな人でも市場価値を測るのであれば、最高のエージェントがリクルートエージェントである。

採用されにくい40代の人が使うべき転職エージェント

40代の転職で、なかなか採用に至らないケースもあるだろう。

そいういった場合は、ここまで見てきたようなエージェントよりもさらに小さなエージェントがおすすめだ。

全国に18,000社もある転職エージェント。

そのほとんどが、中小の転職エージェントである。

ここで何社か例を挙げても、わからないと思う。

どこで探せるのかは知っておいた方がいい。

40代の転職で言えば、人材バンクネットというサイトが便利だ。

かなりの数の中小の転職エージェントが掲載されている。

大手のエージェントでは転職が難しいと感じたら、人材バンクネットで探してみることだ。

人材バンクネット

最後に

40代の人は自信がない人も多いのが事実だ。

だが、どこで何が評価されるかわからい部分が転職にはある。

はじめから、中小の転職エージェントに頼るのは、その意味では損である。

40代の人にはかなりの経験があることを忘れてはいけない。

その経験を軽視したのではもったいない。

ハイクラスの求人にも挑戦してみる価値は十分にある。

転職者にとっては、自分のことほど、よくわかっていないのである。

つまり、40代におすすめの転職エージェントはこの2つなのである。

ビズリーチ

JACリクルートメント

可能性を自ら捨てずに、ぜひ、登録してみてほしい。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 40代の転職