ご縁がなかったでは終わらせない!不採用の理由を知る方法

      2017/06/09

ご縁がなかったでは終わらせない!不採用の理由を知る方法

不採用通知に書かれること

転職活動では、不採用になることは誰にでもあることだ。

企業から届く不採用通知は無情なものに感じる。

企業の募集に対して頑張ったのなら、どんな結果でも仕方ない。

自分を責め過ぎてはいけない。

あなたは悪くない。

そんな思いからか、企業から届く不採用通知には理由がこんな風に書かれている。

今回はご縁がなかった。

もっと、はっきりと書いて欲しいと思ったことはないだろうか。

あなたのここが気に入らないから、うちの会社は不採用にしましたと。

本当にそんなことを書けば、トラブルに発展することもあるから、実際は無理だ。

でも、不採用通知が来た時、どうするか、これは転職活動にとって重要なことだ。

ご縁がなかったわけじゃない!

不採用通知には「ご縁がなかった」と書かれている。

まさか、真に受ける人はいないだろう。

では、何がいけなかったのか。

徹底的に見つけるべきだと思う。

不採用になったのには必ず何か理由があるはずなのだ。

それでなければ採用されている。

もう一度念のため言っておくが、ご縁がなかったから不採用になったのではない

不採用の理由は考えてわかるのか?

実際に不採用になったばかりの人はいるだろうか。

さてどうすればいいだろう。

不採用の理由は何だろうか。

まずは自分で考えてみるといい。

意外と自分の手応えと結果が矛盾していることも多い。

うまくいったはずだったのに。

何がいけなかったのか。

もしかして、考えても理由がわからない人がいるだろうか。

その人は正しい。

わからないものなのだ。

明らかに失敗したことがあるならわかるかもしれない。

でも、それが本当に不採用につながったのか。

失敗をしたと思っていても採用された例はいくらでもある。

自分の視点で考えている限り、正解にはたどり着けない。

なぜなら、自分が出した不採用ではないからだ。

自分で不採用の理由を考えるのはやめよう。

時間の無駄だ。

いつまでも抜け出せないことになる。

時間を損するだけではない。

間違った答えにたどり着いたら悲惨だ。

自分のいいところまでも失ってしまうかもしれないのだ。

不採用の度にいいところを失っていったら、あなたは最終的に何も取り柄のない人になってしまう。

企業に不採用の理由を聞いてもいいけど

では、どうすればいいだろうか。

一番手っ取り早いのは企業に聞くことだ。

当然だろう。

企業が判断して、あなたを不採用と決めたのだから。

その理由を教えてもらうのが一番正確だ。

じゃあ、企業に電話してみようと思える積極的な人はいいが、何となく気がひけるという人もいるはずだ。

ここで勇気を出せとは言わない。

電話してみろとは言わないから安心して欲しい。

聞いてみてもいいが、たぶん教えてくれないと思われる。

適当に受け流されて終わり。

勇気なんか出す必要はない。

自分でもわからない企業にも聞けない

それでは誰に聞けばいいのか。

答えはある。

転職エージェントに聞くのがいい。

転職エージェントは当然理由を知っている

私は転職活動には転職エージェントを利用するのがいいと思っているが、その理由の1つがここにある。

不採用の理由を聞くためだ。

転職エージェントは、企業と応募者の間にいる。

情報を持っているのだ。

あなたが採用を断る時も、企業が不採用を決めた時も、その理由を転職エージェントは聞いてくる。

お互いの間で、何がいけなくて採用に至らなかったのかを把握している

知っているのだ。

知らないというならそれは嘘だ。

もし、ルールがあったりして、転職者に理由は教えられないという転職エージェントがあったとしても、何かしらのヒントは教えてくれるはずだ。

なぜか。

転職エージェントは求職者をいくら抱えても仕方がない。

どんどん採用させないと、お金が入ってこない。

採用させるためには、不採用の理由を教えるのが一番効果的。

だから、転職エージェントは教えてくれる。

不採用通知が届いたら確認しよう

もし、転職エージェントに登録しているなら、不採用通知が届いたらすぐに確認してみよう。

それはあなたの頭の中にまったくなかった理由かもしれない。

明日の面接で改善できるかもしれないのだ。

転職エージェントに登録していない人がいたら、ぜひ登録しておくことをおすすめする。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 採用・不採用