資格があると転職に有利という幻想を捨てて冷静に考えてみよう

      2017/06/13

資格があると転職に有利という幻想を捨てて冷静に考えてみよう

資格があれば有利?

転職と資格はとても近い存在のような気がする。

資格を取って転職と考える人も多い気がする。

私は警鐘を鳴らしたい。

資格があると転職活動に有利だと思っていないだろうか。

それは勘違いではないのか。

一度冷静に考えて欲しい。

どんな資格なのか

あなたが目指している資格はなんだろうか。

まず重要なのは、企業の利益に直結するのかどうかだ。

これをまず考えた方がいい。

直結するというところを勘違いしないで欲しい。

その資格があると、仕事を受注できるとか、そのレベルだ。

仕事に役立つかも…とか、仕事の内容に関係がある。

このレベルでは直結しない。

あなたが持っている資格で業務の幅が広がるかどうか。

会社としての利益に貢献できるかが重要なのだ。

そう考えてみると、どうだろうか。

あなたが持っている資格は?

あなたが目指している資格は?

役立ちそうというぐらいのレベルならば、残念だが転職に役立つほどのものではない。

資格で転職に有利になるという幻想

意外と抜け出せない幻想が資格にはある。

資格を取れば大きく未来が広がる気がしていないか。

自分を必要とする会社が、どっと何倍にも増える気がしていないか。

それは幻想の場合が多い。

会社の利益に直結しない資格ならなおさらである。

そんな資格を追い求めていても意味がない。

幻想を突き破って現実に戻ることが必要だ。

仕事をして資格は取るもの

まるで資格がないと転職できないというのも間違いなのである。

その考え方はやめた方がいい。

チャンスを逃すことにもつながっていく。

資格はどちらかと言えば、ついてくるものだと考えた方がいい気もする。

仕事をしていく中で、知識が増えて、資格を取ってみる。

これが一番正解である。

経験を転職では伝えるものだ。

ちゃんと伝えるには、その証明が必要。

それが資格。

こういう使い方が正しいわけだ。

仕事の結果として資格が取れた。

もちろん努力は必要だが、仕事の延長のようなものである。

こうして取った資格は意味がある。

なぜなら、仕事もできる上での資格だからだ。

逆はあまり意味がない。

仕事では活かせない知識があっても、企業としてはありがたくもないわけだ。

だけど現実に多いのは、そっちだろう。

そういう場合ほど、資格を持っていることを声高に言いたがるのである。

特に資格を取ってから就職しようなどと、仕事を後回しにして勉強に専念する人がいる。

本当にその資格は評価されるのか。

とても疑問である。

資格と転職はあまり関係ないと考える方が得策で、転職にはもっと重要なことがあることを忘れてはいけない。

働く力が見られている

転職のコツを言うなら、資格のことよりも、もっと大事なことはたくさんある。

転職における資格の位置付けには、あまり期待しない方がいいのだ。

魔法の道具のように思ってはいけない。

企業はあなたが持っているものではなく、あなたの働く力を見たいわけだ。

そして採用するかどうかを決めるのだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え