転職エージェントを使える人はだれ?転職サイトと違って使いにくい?

      2017/06/14

転職エージェントと転職サイトの違いは?お店だと思って考えてみよう!

転職活動で表通りばかりを歩いていないか

求人を探すときにどこで探しているだろうか。

ハローワーク?

転職サイト?

どちらにしても、表の世界だ。

求人には表の世界にあるものと、裏の世界にあるものがある。

いつも表通りばかりを歩いていると、出会うことのない求人が実はたくさんある。

町の中で歩いているあなたを想像して欲しい。

大きくて人がたくさん行き交う表通りがある。

そこにはたくさん店も並んでいるだろう。

そのお店で買い物をしよう。

お目当ては、いい条件の求人だ。

表通りには目に入るような看板も多いだろう。

だから、多くの人が店に入るし、求人も探しやすい。

裏通りに行ってみる

賑やかな表通りを外れると、道幅も狭い、ちょっと静かな裏通りがある。

そこにもお店がある。

でも、そのお店には、お客さんはそれほど入って行かない。

その店の存在を知らない人も多いのではないだろうか。

入ってみれば、そこにもちゃんと求人がある。

でも、看板もないし、商品を陳列していることもない。

誰にも見られないようにして、欲しい人にだけ紹介するシステムだ。

裏通りのお店は、どこか入りづらい雰囲気もある。

入るにはちょっとした勇気も必要なのかもしれない。

入ってみれば普通なのだが。

大事なものを店で売るならどっち?

今度はちょっと違った方から見てみよう。

あなたがとっても大事にしているものがあるとする。

売らなければいけない。

表通りで売るか、裏通りで売るかだ。

表通りでは、たくさんの人の目に触れるかもしれない。

一方、裏通りに出せば、本当に欲しい人に売れる可能性がある。

どっちを選ぶか。

どっちが高く売れるだろうか。

おそらく、裏通りに出した方がいいだろう。

本当に欲しい人が探して来る可能性が高いからだ。

表通りでは、そこまで関心の高くない人が買って、安い金額で売れてしまうかもしれない。

よく考えると、表通りが目立つわけだが、一本の道でしかない。

大通りと大通りの間には、たくさんの裏通りがある。

裏にあるものの方が実は多い。

そして、表にあるものは目立つものの、価値の低いものが多い。

転職サイトと転職エージェント

道の話ではないので、転職の話に戻そう。

表通りと裏通りは、転職サイトと転職エージェントの違いだ。

転職エージェントは、裏通りにあるわけだ。

求人の中身を知ることはできない。

本当に欲しい人にだけ紹介する。

このあたりが、転職エージェントの特徴と言ってもいいだろう。

一方、表通りは転職サイト

求人がたくさん並んでいて、いろんな人が見ている。

きっと応募する人も多だろう。

目立つ通りにあるものだから、探しやすいし、入りやすいお店なのだ。

数に注目するとどうだろう。

実際に非公開求人を扱う転職エージェントは求人数が転職サイトにある求人の何倍もある。

世の中の求人の多くは、人の目に触れ得ないところで扱われている。

転職エージェントでは、誰も知らない求人が転職者に紹介されているわけだ。

実はその方がライバルもいないし、企業にとっても楽でいい。

たくさん応募が来ることもないし、本当にマッチした人がくる確率は高いのだから。

転職エージェントを使うには、ちょっとした勇気も

転職サイトで求人を探すのには抵抗を感じる人は少ない。

誰でもやったことがあるだろう。

インターネットがあれば、誰でも見られるのだから当然だ。

一方、転職エージェントとなると、ほんの少しではあるがハードルが高いような気がするのではないだろうか。

まさに、裏通りの雰囲気である。

お店に入るには勇気が必要?

裏通りのお店ならそうかもしれない。

でも、転職エージェントは、そんなことはない。

転職サイトを運営している企業がエージェントをやっているからだ。

怪しい企業がやっているのであれば怖いのは当然だ。

でも、リクルートとかマイナビとかインテリジェンスとか、転職業界の大きな会社がやっているサービス。

まず、怪しいこともない。

まだ、エージェントを使ったことがない人は、ぜひ使って欲しい。

非公開求人というものがどういうものかを見た方がいい。

きっと、裏通りに入ってみて良かったと思うだろう。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ