企業に直接アプローチする「直接応募」のメリットとやり方

      2017/06/08

企業に直接アプローチする「直接応募」のメリットとやり方

直接応募とは

転職活動は応募しなければ採用されることはない。

企業への応募の方法は様々だが、直接応募という方法がある。

その名の通り、企業に直接アプローチする。

この場合、具体的な求人情報がない場合もある。

会社のホームページに採用ページがあって、応募フォームがある企業はまだいい。

本当に何もない会社もある。

採用の情報など何もないのに、いきなり応募?

どうやって?

そこから、ぜひ入社したいと伝えるにはどうするか。

ホームページとかタウンページを見れば、住所や電話番号はわかる。

電話や手紙で応募してみることが可能だ。

こういった直接応募も実際には採用につながっている。

どんなときに使うべきか

募集企業が転職サイトで見つかる場合にはもちろん転職サイトを通して応募する方がいいだろう。

別に直接応募の方が絶対に有利だとかいうわけでもない。

あえて使う必要もないわけだ。

もしどうしても入りたい企業があって募集を行っていないのなら使ってもいいのではないだろうか。

直接応募する場合の心構え

直接応募は基本的には相手にされないという「ダメ元」な考えで臨まないといけない。

求人のルートに沿っているわけではない場合もあるだろうから当然だ。

ただし、応募するからには全力を投じなければいけないのも事実。

中途半端な意気込みでのいきなりの応募は、企業にとってものすごく邪魔に違いない。

直接応募のメリット

さて、直接応募はハードルが高く、合格率は非常に低い。

これが現実だ。

でも、チャンスがないわけではない。

大きなメリットもある。

それはライバルが少ないことだ。

ライバルが少なければ転職では有利なことぐらいは、誰でも想像がつくだろう。

みんながやらないことは強い

直接応募から学びたいことは、だれもがやらないことの強みだ。

直接応募は普通はやらない手段である。

普通の人はやらないことをやるということは、どんな場面においても有利になる。

もちろん非常識でない範囲であることは重要だ。

直接応募は決して非常識ではない。

礼儀をわきまえて、きちんと応募すれば、逆に熱意が評価されることもある。

直接応募の注意点

実際にやって見る時の注意点を書いてみよう。

まず、手紙を使うことだ。

メールは、まず読まれないことが多いので避けるべきだ。

そして、電話もいけない。

なぜ電話やメールがいけないのだろうか。

手っ取り早いからいいような気もするがそうではない。

電話を受けるのは、その企業の受付の人だ。

そうでないにしても人事部が受けるとは限らない。

そして人事部に回ったとしても、人事部長が受話器を持つことはまずない

担当者レベルで終わるのである。

応募する側がどんなに本気でも、相手は何の権限もない社員である。

会社のことなどまじめに考えている人は少ない。

だから、そんな電話を早く切りたいと思うのである。

面倒なことをやりたくない。

せっかくかけた直接応募の電話が、どうでもいい仕事と受け取られてしまう。

残念だが、これが現実なのだ。

電話はだからおすすめできない。

ホームページの採用ページならともかく、一般的なコンタクトフォームで送っても同じことが言える。

人事部長が送信元がサーバーとなっているメールを真剣に見る時はやってこない。

そこで、有効なのは手紙なのである。

手紙を人事部長に読まれるように送る

手紙は昔からある手段だが、未だにやはり有効なのだ。

もちろん、送る相手は人事部長とすることだ。

人事部の担当者や会社の受付に届いても、電話と同じ結果になる。

人事部長に読ませることが大きな目的だと考えなければならない。

会社宛に出して、あとは社内をめぐって、ちゃんと人事部長に届くだろうというのは勝手すぎる。

勝手に期待してはいけない。

ちゃんとそうなるように戦略を持つことが大事なのだ。

転職活動は仕掛けることが大事。

社長宛に出すのは…

逆に一気に社長宛に出す人がいる。

これもあまり期待できないと、私は思う。

社内で通用するようなビッグネームが差出人でなければ、秘書が開封してしまうだろう。

いきなり社長宛にくる手紙など、どちらかというと気味が悪いと思われる。

だから、直接応募は手紙で人事部長宛に送るのが最善の策だ。

直接応募のメリットがうまく活きて、面接したいとなったらこれはチャンスだ。

あなたに興味を持っている証拠。

そして、普通に求人広告を見て応募して面接に進むのとはわけが違う。

おそらく、あなた一人しか面接は受けない。

もうこの時点で勝利は目の前にあると言ってもいい。

直接応募の熱意そのままに面接を受ければ、突破することは間違いないだろう。

恥ずかしいこと、面倒なことの価値

誰もやらないことに手を出す。

相手にされなかったら恥ずかしいと思うかもしれないが、転職活動ではそれが生きる。

覚えておいて欲しい。

面倒なこと、恥ずかしいことは誰もやりたがらない。

もし、自分でもそう思うことがあったらやってみるといい。

大きくライバルを引き離すほどの威力がある。

これも転職活動のコツである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ