転職の面接では、本音と建前を使うテクニックで他の応募者に差をつけろ!

      2017/06/13

転職の面接で有効な本音と建前の使い方テクニック

本音と建前

人間には本音建前がある。

これは誰にでもある。

ないと思っている人でも、必ずあるものだ。

人間であるがゆえの習性のようなもの。

それがなければ人間ではないことになる。

さて、転職活動においての本音と建前について考えてみよう。

自分はこうしたいというのがある。

でも、そうはできない。

周りの人に迷惑がかかるとか、自分が不利になるとか。

そんな理由で思い通りにはできないことが多い。

生きていれば、特に気にしようと思わなくても、こんな心の中での葛藤があるわけだ。

転職活動で気にしがちなのはどちらか

本音?

建前?

普通は建前だと思う。

採用されるには相手にいい印象を持ってもらわなければならない。

そのためには、自分の思っていることを正直に言うわけにもいかない。

この会社、なんかイマイチだなと思いながら応募したとする。

でも、さすがに面接でそんなことは言わないだろう。

志望理由として、素晴らしい会社だと褒めるようなことを言うものだ。

そうすると、あなたの本音は隠れてしまう。

本音は全て丸出しにしていいことはない。

それは当たり前なのだが、全部を隠す必要もない

本音の部分を、どう見せるかが転職活動では重要になる。

給料はどのくらい欲しい?

面接で給料の話題になったとする。

欲しい給料の額はどのくらいかを具体的に言う場面。

転職では低めに言おうとする人が多い。

あまり、がっついた印象を与えないためだろうか。

日本人の謙遜の美学だろうか。

相手にとっても、給料が安くていい人材を取れるならそれに越したことはない。

完全に本音は隠れてしまうわけだが、これではもったいない。

本音をうまく活用することを勧めたい。

一度は、欲しい給料を安めに言ってもいい。

でも、本当に欲しい金額も伝えた方がいい。

なぜなら、本音は決して悪いものではないからだ。

建前と本音のセットで有効

転職のコツとして言えることだ。

本音と建前をセットで使うと効果的だ。

建前を使いつつ、本音をちょっとのぞかせる

逆ではいけない。

こうすることで、相手にどんな印象を与えることができるか。

決して悪い印象にはならない。

本音が出てきたら、それは実に人間らしくて可愛らしいものになる。

本音というのは単独だと、図々しいもの。

ところが、建前とセットになると、可愛らしいものになる。

相手は人間の弱い部分を見たという感情を持つ。

これがいいのである。

誰でも持っているから当然のこと

建前の中にチラッと見えた本音は、実は誰もが思うことだ。

お金は欲しいし、残業はしたくない。

そんなのは当然のこと。

でも、それを隠そうとするところに、やはり日本人の美学がある。

相手もやっぱり同じ感覚を持っている。

相手もそりゃそうだとなる。

自分勝手な奴だとは思わないはずだ。

あくまで建前の中に本音を埋め込むことを忘れずに。

セットで使わないと逆効果の危険があることには注意が必要だ。

強がって見せたけど、本当は弱いんです。

この感じで伝わるかが重要。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ