転職である企業に応募した方がいいかどうかの判断基準は何?

      2017/06/15

転職で応募した方がいいかどうかの判断は、会社の儲け方が基準になる!

応募する企業をどのように決めるか

求人はどんなに不景気のときでも、たくさんあるのだ。

とくに今の時代、転職市場は活発である。

だから、良い人材が欲しい企業は、常に求人を出していることもあるほどだ。

転職者から見ると、そうは見えないかもしれない。

必要なときに求人広告を出して、採用が決まったら広告をやめる。

これが一般的な求人の出し方のイメージではないだろうか。

実はそうではない。

それはまさに急募となるような案件だけである。

すぐに人が欲しい場合。

企業は常に良い人がいれば、面接して採用したいと考えている。

例えば、リクルートなどと密に情報を取り合ったりしているのである。

つまり、いつでも企業の求人はあるわけだ。

それは転職者であるあなたが、選ぶ立場になれることを意味している。

たくさんある求人の中で、どの会社に応募するか。

その上で大切なことを考えてみよう。

まずは企業選びの最低条件を設定しなければいけない

実際に転職サイトで求人を検索してみるといい。

数千から多いところでは、一万件を超える求人が出てくるのだ。

さて、その中からどのように選んでいくべきだろうか。

まず、考えなければいけないのは最低条件だろうと思う。

例えば、給料はいくら以上ないと、生活していけない、ということもあるだろう。

何かの事情で職場が近いことが必要、それから残業はできないという場合もあるかもしれない。

この線をクリアしていなければ、応募する意味がなくなる。

しかし、その線を超える企業にしてもかなりの数はあるものだ。

まして、若い20代の独身の転職者であれば、業界にもこだわらない。

どんな仕事でもやってみたいと思う人も多いだろう。

条件なんて設定できないというケースも出てくるのではないだろうか。

そういうときに、必要になってくることは何か。

まさかすべての企業に応募するわけにもいかない。

何を優先すべきかの話になるのである。

将来のことを考えて企業は選ぶべき

優先したいのは現在でもなければ、過去でもない。

将来を考えることが大切だ。

なぜなら、これから入社したとして、長く働くことでスキルも上がる。

大きな仕事を手掛けることもできるようになる。

仕事をする上では、良い企業で、いい仕事ができるかどうかが大事だ。

そのためには転職する時に将来のことを考えるのである。

たしかに最近は流行のスピードも速い。

製品サイクルのスピードも速まっていることは確かではある。

ここで重要なのは企業を見るときの考え方だ。

1つの主力製品で何十年も繁栄の続く企業はもうあり得ないわけで、常に新しいビジネスに目を向けている。

そこで、長く活躍できる企業かどうかが、応募すべきかどうかの条件になる。

いろいろな考え方や見方があると思う。

ここでは最低条件として考えたいので、だいぶレベルの低い話になるかもしれないが、さて、どんな企業に応募すべきかを考えてみて欲しい。

社会の要請に応えているかどうかが大事

企業は社会の中にある。

社会のニーズに対して、製品やサービスを提供して利益を得るのである。

そうすると、ここが最低限のハードルである。

しかし、その利益の獲得方法をよく見てみよう。

それは社会からの要請に応えているのかどうかである。

世の中に本当に必要なものとして企業が存在しているのか。

ここが大事だ。

そんなのはどの企業もそうだろうと思うかもしれないが、実はそうではない。

不要な企業というのがある。

そもそも業界自体が不要だと思えるものもある。

どの企業、どの業界とまでは言えないが、考えてみればわかるだろう。

例えば、すごく儲かっている会社があるとする。

その企業はたしかに人々のニーズに応えて、利益をあげているのであろう。

しかし、将来までそれが続くかは別の問題である。

一時的な利益ということだって考えられるからだ。

ただここの数年の業績がいい部分だけを見ていては、本当の企業の姿は見えてこない。

そのサービスや製品に着目して、その儲け方にまで考えを及ばせてみる。

そうすると、きっと見えてくるはずだ。

社会の要請に応えているかどうか、応えようという姿勢があるかどうか。

そして、ちゃんと応えている企業こそが、あなたが応募すべき企業になる。

そうでなければ、その業績は一時的な可能性が大きい。

入社しても将来まで保証されないかもしれない。

人生に何度もない転職、その中ではある程度は将来まで頑張れる企業を選びたいものだ。

マナーがないと一時的に終わる

社会の中にある企業が、社会の要請に答えるということはマナーである。

マナーのない企業に入ってはいけないと言いたいのだ。

そんな企業に入ってしまうと、将来が怪しいことになる。

社会の要請に応えるという姿勢が感じられる企業での採用を目指そう。

これを最低の条件として、求人や企業を見てみるといいだろう。

逆にも言えることだ。

転職者としてのマナーである。

マナーなんてどうでもいいと思っているかもしれないが、決してそんなことはない。

マナーのない人は、一時的な活躍しかできない。

長期的に活躍できる人が少ないのである。

自分のマナーをしっかり考え、企業のマナーもよく見る。

良い転職につながるのではないだろうか。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ