リクナビNEXTとリクルートエージェントの違い。採用されやすいのはどっち?

      2017/06/15

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いとは。どちらを使うべきか

「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」はどちらを使うべきか

リクルートキャリアのサービスの中での話をする。

「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」というのがある。

これがそれぞれ転職サイトと転職エージェントになる。

あなたはどちらを使うべきだろうか。

特に理由がなければリクルートエージェントを使うべきだと私は思う。

リクルートエージェントは求人数が他社よりも多く、それらは非公開求人である。

ライバルは少なくなる。

リクルートキャリアに行って面談する時間がないという人は、夜や休日も利用できる。

遠い場合は電話での面談も可能だ。

逆にリクナビNEXTで応募するという方法もある。

これは簡単に応募ができる。

紹介を受けることもなく、サイト上で企業を選んで応募できるのだ。

どちらも、メリットとデメリットはあるのだが、私ならエージェントを選ぶ。

それはリクナビNEXTは、遠回りだと思うからだ。

なぜ遠回りなのかと言えば、リクナビNEXTで応募して採用される人は、かなり少ないと思われるのである。

実際は多い。

リクルートの人の話によれば、リクナビNEXTでの転職の方が、リクルートエージェントでの転職者よりも多いという。

それは事実だと思うが、例えば、やりたいことがあるなど、仕事選びに条件を持つ人だと話は別だ。

同じように、年齢が高い、転職回数が多いなど、転職する上でマイナスな面を持っている人もどうなのか。

こういう場合は、リクルートエージェントである。

私は転職はそう簡単にするものではないと思っている。

人生の中でも大きなイベント。

そういう転職は、難しいのだ。

簡単に決まる転職でいい人なら、リクナビNEXTにがおすすめ。

ただし、上を目指すような難しい転職には、リクルートエージェントだろう。

また、転職サイトにあるのは、全体の求人の20%以下である。

ほんの一部の求人から選んでいるに過ぎない。

そこに自分が求めているものがある可能性が低い。

希望の仕事があったところで、転職サイトは誰でも見ることができるのであるから、ライバルも多いというわけだ。

だんだん、リクルートエージェントの魅力が伝わってきただろうか。

そこであるデータを知っておいて欲しい。

それはリクナビNEXTの使われ方の話だ。

リクナビNEXTに登録後のオファーについて

リクナビNEXTに登録すると、オファーというのがある。

オファーとは、企業側から転職者に声をかけてくるシステムだ。

普通は転職者が仕事を選んで、企業に応募するのであるが、その逆がオファー。

企業側も、良い人がいないかと探している。

本当に企業が探しているかどうかは知らないが、そういうことになっている。

リクナビの場合は、プライベートオファーとオープンオファーに分かれていて、これで企業の興味の強さも確認できる。

だが、実際に登録してみるとわかることがある。

普通の企業がオファーしてくることは少ないと考えていい。

どんな会社がオファーしてくるのか。

よほど人が足りないか、魅力がなくて応募が集まらない企業がオファーをするわけだ。

何もしなくても、応募が来るのなら、オファーなど必要ないだろう。

ところが、そういう企業からのオファーもあまり少ない。

一番多いのはどんな会社かというと、人材紹介会社なのである。

それは言い方を変えれば、リクルートとは別の転職エージェントということになる。

そして、転職サイトに登録した人の半数が、オファーが届いた人材紹介会社を利用していると、リクルートは公表している。

これがぜひ知っておいて欲しいデータである。

ということはどういうことだろうか。

転職サイトでは採用されにくい?

転職サイトで普通に応募しても半分は、決まらないのである。

それで結局は、転職エージェントに流れているのが実態なのだ。

(しかも、それは他社に流れる数であって、リクルートエージェントに流れる数も相当あるはずだ。)

転職サイトに登録することは、だいぶ遠回りだと思って欲しいのだ。

リクナビNEXTに登録して、オファーが来る。

最初はオファーに対してあまり気が乗らない。

転職サイトにある求人に応募すれば採用されると思っている。

だから最初はオファーを無視する人は多いと思う。

しかし、そう簡単ではないとわかる。

そこで、オファーが気になり始める。

そして、人材紹介会社に行ってみるという流れである。

だから、はじめから転職エージェントを使う方が効率がいいと言えるのである。

そもそも転職サイトの何倍もの求人があるのだから。

リクルートエージェントの限界

ここまで読んで、疑問に思うことはないだろうか。

ぜひ疑問に思って欲しい。

わからなければ、上の部分をもう一度、読み直したほうがいい。

リクナビNEXTとリクルートエージェントは同じ会社、リクルートキャリアが運営している事業だ。

ところが、リクナビNEXTを使って、なかなか決まらない人は、他社である人材紹介会社のオファーに反応する。

これはおかしいだろう。

もちろん、リクナビNEXTに登録すると、同じ会社なのだから、リクルートエージェントへの誘いもある。

なので、そっちに流れるのが順当だとは思う。

しかし、現実は、かなりの数が他社に流れてしまっている。

人材紹介会社は全国で18,000社もあるそうだ。

だいぶ小さい会社もあるのだろうと想像できる。

それらの会社がリクナビNEXTに登録した人を誘っている。

リクルートからすれば、これはハイエナのような存在だ。

リクルートはだまされているのか。

いや、そうではない。

人材紹介会社もちゃんとしたルートでやっている。

リクルートキャリアは、何百という数の人材紹介会社と提携しているのである。

その提携している会社がリクナビNEXTの中で、求職者にオファーしているのだ。

しかも、リクルートキャリアは、これらの提携会社を年度ごとにランキングしたりもする。

むしろこの流れが、主な転職の流れだとすら思わせる。

ここで、あなたは考える必要がある。

なぜ、リクルートキャリアは、リクナビNEXTで転職が決まらない人を、リクルートエージェントで引き取らずに、他社に渡してしまうのか。

リクルートエージェントで転職を決めれば、その方が利益は大きいだろう。

だが、実際はそうしない。

それは、リクルートエージェントの弱点でもあり、リクルートエージェントの限界と考えられる。

他社と提携する形の方がいいわけだ。

つまり、リクルートエージェントでは、採用につながらないというケースは多々あるということだろう。

全てがうまくいくなら、自社ですべての転職者の面倒をみればいいはずなのだから。

思えば、私も転職者として、また企業側として、リクルートエージェントを利用したことがあるが、かなり若い人が担当として来るのである。

若いから悪いというつもりは決してない。

言いたいのは、リクルートエージェントとは、百貨店のような存在だということ。

とにかく企業の数は多い。

数が多ければ、採用されるチャンスは高まる。

しかし、それだけでは、採用に至らないケースもかなりあるわけだ。

そこで重要になるのが、経験やコネということになる。

人材紹介会社に期待できるのはそこであろうと思う。

人材紹介会社の中でも優秀なところは、かなりすごい。

何がすごいのか。

採用を決める力がスゴイのである。

これは別の記事に書くので、ぜひ知っておいて欲しい。

転職エージェントの非公開求人で採用される方法

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ