書類選考すら通らない人が間違えているポイントはどこ?

      2017/06/27

書類選考すら通らない人が間違えているポイントはどこ?

書類選考だけで採用が決まる?

書類選考とは何だろうか。

応募書類と言えば、履歴書に職務経歴書。

転職サイトで応募するならばWeb履歴書だったりする。

これを見た企業の反応が良くない。

だから、書類選考で落とされている。

知っておいて欲しいことがある。

書類選考だけで採用が決まることはない。

つまり、その後には普通は面接がある。

面接につなぐためのもの、それが書類選考。

そして、あなたという人間をはじめて企業に見せるものでもある。

ということは、初対面なのだ。

何も面識のない人。

人は見た目が大事と言われる。

第一印象が大事なのだ。

一目惚れさせれば、まず書類選考は通る。

というか、採用まで行ってしまうだろう。

それぐらいのインパクトがある。

書類選考だけでだ。

最初のアプローチとしての書類というのはこれぐらい大事。

それなのに、軽く考えている転職者は多い。

とりあえず興味を持ってもらえればいい?

面接に呼ばれたら本気を出そう?

そんな風に考えてはいないだろうか。

甘すぎる。

これだと採用されない。

採用どころか、面接すらしてもらえない。

違うのだ。

応募書類の時点でだいたい最後まで決まっている。

転職者ならそう考えておくべき。

なぜ、あなたの書類が通らないのか。

考えてみる必要がある。

どこかのタイミングでこの流れを変えるのだ。

なんでその応募書類は通らない?

書類の書き方で大事なことは別の記事にも書いている。

要点はいくつかある。

重要なのはあなたの見せ方にある。

どう見せるかではない。

あなたのどこをどう見せるかが大事だ。

ありのままではダメだということは重要なポイント。

しかし、これがけっこう難しい。

だから、みんなできない。

ということは、もしあなたができれば有利になる。

書類選考が通るようになるのである。

だから、一度、学ぶといいと思う。

さっきも言ったように、書き方のコツは別の記事に書いている。

参考:
中途採用で書類選考が全然通らない理由と簡単にできる改善法

ここではもう少し違った視点から考えてみたい。

応募書類の書き方以前の話

転職はどうやって採用が決まるか知っているだろうか。

困ったときは、こういう基本的なことを考えるのだ。

転職とは何だ。

人が欲しい企業がまずいる。

そして、仕事が欲しい人がいる。

その両者がいて、成立する。

当たり前の話。

ここがブレるとおかしくなる。

つまり、欲しい人材があなたかどうかが重要なのである。

中途採用の求人票を見てみよう。

あなたが応募した求人。

応募しようとしている求人でもいい。

その企業は、はたしてあなたのような人が欲しいのだろうか。

何が言いたいかわからないだろう。

書類選考が通らないケースというのはこういうこと。

企業が欲しいと思える人材でない。

これが根底にある。

しかも、かすりもしていないということなのだ。

面接にすら進めないわけだから。

多少のズレならば、面接での確認になるはずだ。

少しでも興味が持てるのならば、面接をしたい。

せっかく来た応募者を大事にしたい。

これはどの企業も同じである。

それなのに、書類選考すら通らない。

これは重症である。

何かが見えていないということ。

それは、マッチングの意識が不足しているということになる。

企業の欲しい人材にマッチしているかどうか

中途採用で、採用が決まる人とはどんな人だろうか。

私は思う。

だいたい転職者は2つに分かれる。

ポンポンと内定が出る人。

その逆で、全然内定が出ない人。

この違いはなんだろう。

おそらく、優秀な人が採用されると思うのではないだろうか。

そうではない。

採用されやすい求人を見つけるのが上手かどうかだ。

採用されやすい求人に応募すれば採用されるのである。

逆に採用されにくい求人に応募すれば採用されない。

そして、その基準は、みんな同じではない。

これまでの経験が違うのだから、違って当然。

自分の経歴と照らし合わせて、この企業なら採用するだろう。

これが見えてくれば採用される。

要はマッチングということ。

このマッチングが上手な人は、採用されやすい。

それは経験が求人票とマッチしやすいというだけではない。

マッチしないということもわかることの方が大きい。

マッチしていないことがわかれば、対策が打てるのである。

企業が欲しい人材と、自分がやりたい仕事との間のギャップ。

そのギャップを埋める対策をする。

いつ対策するのか。

面接ではない。

最初のアプローチである書類の時点でやる。

だから書類選考は通る。

それでもマッチしない場合がほとんど

求人票というのは、実に情報不足である。

転職者が見て、どこまで把握できるか、疑問なのだ。

だけどヒントは隠されている。

企業がどんな人が欲しいのか、それがわかれば有利になる。

ある一定のところまでは、わかるかもしれない。

ただし、その先は想像に任せるしかなくなる。

なぜなら、求人票の情報は足りないからである。

もう1つ重要なことがある。

さっき、マッチするかどうかが大事だと言った。

さっそく転職サイトの求人票と自分の経歴を見比べてみるといい。

マッチしない。

別の企業の求人票にも自分がマッチしない。

次も、次も、マッチしない。

これが普通。

だいたいマッチすると思う人は求人票を読み切れていない。

何か足りない部分があるのが普通である。

企業だって、できるだけいい人を採りたいわけだ。

どこにでもいるような人をイメージして採用活動はしない。

(誰でもいいと思っている求人ならあり得るが。)

だから、理想的な人が求人票の中に書かれるのである。

すると、普通の人の経歴では不足する。

では、マッチするまで、探しまくるのか。

それは違う。

例えば、リクナビNEXTというサイトには8,000件もの求人がある。

その1つ1つを自分と照合するのか。

そんな馬鹿なことをする必要はない。

もっと、賢いやり方をするべきだ。

ギャップを埋める方法を探る

私の個人的な考えだが。

転職は少し上を目指さないと意味がない。

あなたが今イメージしている条件よりも上。

そういう転職をしないとダメだ。

誰でもいいと言うような求人もある。

そんな仕事で頑張れるか?という話。

まず転職活動で頑張れるか?

ただし。

少し上の求人ならなおさら自分の経歴が不足することになる。

そのままでは、書類選考すら通らない。

だから、不足分を補う必要が出て来る。

何で補えるか。

これが見える人が、さっきも言ったように採用されやすい。

数をこなすのも1つの方法ではある。

不採用になる中で、見えてくる部分が転職活動にはある。

しかし、時間もかかるので、別の方法を紹介しよう。

それは、転職エージェントだ。

使ったことがあるだろうか。

彼らを使うメリットは様々だ。

その1つは、ギャップを埋めるプロだということ。

ただ、仕事を紹介してくれるだけの転職エージェントはダメ。

企業にあなたという人物をどうやって見せればいいかを一緒に考える。

彼らの方が企業のことには詳しいだろう。

こういうところで、転職エージェントは使うべきなのだ。

転職サイトと転職エージェントのどっちがいいか。

こんな比較自体が馬鹿げている。

転職エージェントの使い方を知らなすぎる人の考えること。

何のために使うのかというのを理解して使わないといけない。

転職サイトで採用される人は自分でギャップを埋めるのがうまい。

あるいは、採用される求人を見つけるのがうまい。

それが出来ない人は、書類選考で落ちている。

なかなか自分で改善するのは難しいのも事実なのだ。

そこで、転職エージェントを活用するのである。

それも転職の上手な人だ。

注意点がある。

転職エージェントもいろいろある。

まずはパートナーとしてふさわしい転職エージェントを探してみて欲しい。

書類選考は通るようになるだろう。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 応募・書類選考のコツ