中途採用の面接で質問すると採用される?どんな事を聞けばいいか

      2017/06/13

なぜ中途採用の面接でリターンを意識すると採用されるのか

助けてもらったらどう思う?

あなたがもし誰かに助けてもらったとする。

どう思うだろうか。

ありがとう

そう思う。

そして、もし今度はその助けてくれた人が困っていたらどうする?

今度は助けてあげたいと思うものなのだ。

これがリターン

逆にあなたが誰かに何かをしてあげれば、いつかリターンとして返ってくる。

だから、「毎日いいことをしよう」というような道徳の話ではない。

このリターンを転職に有利に使うべきだと言いたい。

採用されるためのテクニックとして使う。

リターンの本質

何かをしてもらった人は返さないといけないと思うものなのだ。

少し響きが悪くなるが、借りを作るということになる。

借りを作ると返さずにはいられないのが人間なのである。

これは面接での採用、不採用でも確実に現れるものだ。

例えば、趣味の話で会話が盛り上がった面接で、たいていその応募者は落ちないのである。

なぜだろうか。

楽しい話を聞かせてもらったからという理由も少なからずあると思うのだ。

楽しい会話だったのに、あの人を落とすなんてできない。

相手が神様なら話は別だが、面接する人だって、普通の人間だ。

特別に偉い人でも何でもない。

だから、借りを作れば、面接は通りやすくなるということになる。

面接では、最後の質問で借りを作るのがおすすめ!

リターンの効果を面接で活かすならば、最後の質問の時だ。

だいたい、面接の最後の方に聞かれるだろう。

何か質問はありますか?

ここで使うのが最も簡単。

そこでリターンの力を利用したい。

相手が答えやすいことを質問する。

相手が、知ったかぶりのように話せる話題を振ってあげるのだ。

そして、話を真剣に聞いて納得してあげる。

そうすれば相手は気持ちよく面接を終えられるだろう。

これだけでも面接後に、相手があなたに対して持つ印象は全然違ってくる。

落としてはいけないと思うのだ。

つまり、リターンとして採用される。

面接は採用したいと思うかどうか

転職のマニュアル本にはアピールがどうとか、自分の経験がどうとか、スキルがどうとか書かれている。

でも、実際は採用されるかどうかに、そんなものは関係ない。

いかに、相手に採用したいと思わさられるかの方がずっと重要。

ここで紹介したテクニックはリターン。

落としてはいけないと思わせるテクニック。

これで採用されるのである。

本当にそうなの?と思うかもしれない。

でも実際はそういうものだ。

嘘だと思うなら、何度か面接で試してみて欲しい。

他にもこのブログには転職活動のコツを書いている。

採用を勝ち取りたいならば、ぜひ知っておいて欲しいことばかりだ。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 面接のコツ