転職するときに応募したい求人が見つからない人が見えていない場所とは

   

応募したい求人が見つからない人が見えていないもの

求人はあっても応募したいとは思わない場合

転職しようと考えると、求人を見始めるだろう。

簡単に求人を探せるのが、いわゆる転職サイト

転職サイトは有名なのがいくつかある。

リクナビNEXT、DODA、エン転職などがある。

これらのサイトには求人が腐るほどある。

何千件も出てくるのである。

そこにあなたが望んでいるような求人があるだろうか。

もしかすると、ないかもしれない。

つまり、数ではないのである。

何千件も求人があろうと、欲しい求人があるとは限らない。

それが転職である。

新卒採用のようなイメージとはまるで違う。

仕事内容をある程度イメージできるからこそ、見つからないのだろう。

やりたい仕事があるのか、ないのか

どこにあなたが探している求人があるだろうか。

ちょっとその前に、やりたい仕事があるのかに触れておきたい。

転職するときに、ほとんどの人はやりたいことがないのだという。

特にやりたいこともないけど、転職する。

これが一般的な転職者である。

企業から見るとどうなんだろう。

何とも採用しにくいタイプが多いのは残念だが仕方ない。

これが現実である。

やりたいことがないのに求人を探している。

そこで、見つからないと言われても、どうしようもない。

何を探していて、何が見つからないのか。

それに近いものはあるのか。

ここを明確にしておきたい。

見えない求人がかなりある

転職サイトというのは、罪な部分がある。

特に最近出てきた転職サイトは、けっこうアバウトだ。

私もよく見ているが、そうなのである。

相当の数の求人を見ても、なんだかわからない。

求めている仕事は、転職サイトにはないのかと思ってしまう。

今の転職サイトは、いろんな条件で検索ができる。

大企業や有名な企業が良ければ、「上場企業」と入れて検索。

残業がしたくないのであれば、「定時退社」と入れて検索。

@typeという転職サイトなどは親切すぎるぐらいだ。

「服装自由」まで検索できる。

すると、それに合った企業の求人が表示される。

すごく便利だ。

だが、すごく不便でもある。

よくわからない求人まで、どっさり出てくるのである。

検索条件がかなりアバウトな転職サイトがやっぱりあるのだ。

これを毎日のように見ているとどうなるか。

だんだん当初の目的を忘れてしまいそうになる。

そして、いつのまにか、どうでもよかったはずの求人が目につくようになる。

そして応募してしまったり…

だから、何も考えずに転職活動を始めた人と同じだ。

結果的には同じになる。

志の高い人ほど、こういうことに注意して欲しいと思う。

おそらく、あなたが探している求人はどこかにある。

欲しいと思っている仕事の情報は、見えないところにある。

それを探し出す。

転職サイトに迷い込んで、見失う前に、探し出すべきだ。

隠されている求人を探せ!

転職サイトを使っている人は相当いる。

そして、実際に採用が決まっているのだろう。

だが、これは、あなたが使うべきかは一度考えてみるべきだ。

やりたい仕事が明確ならば、隠れている求人を探すべきだ。

それを非公開求人と言っている。

転職サイトにあるような公開されている求人ではなく、非公開求人

つまり、隠されているのである。

その理由はいろいろあるが、隠したほうがいいわけだ。

なぜ、隠すのか。

いいものだから、隠すに決まっている。

どうでもいいガラクタは隠さない。

宝物を隠すのである。

そこであなたは、その宝物を見つけ出さなければいけない。

これは面倒だが、おすすめの方法だ。

変な求人に惑わされないからだ。

転職サイトで探していてもダメ。

転職エージェントに行かなければいけない。

そこで、非公開求人を紹介してもらうしかない。

きっとあると思う。

なければ、どうするか。

別の転職エージェントに当たってみるのだ。

転職活動は妥協しないで進む

やりたいことがない転職者が依然として多い。

あなたはそうではないのだろう。

やりたいことが明確な人は採用される。

中途採用では、やりたいことがある人の方が圧倒的に強い。

問題は、その求人を見つけ出せるかである。

しかし、あまりに特殊な求人でなければ転職エージェントが持っている可能性は高い。

丁寧に説明して、希望に近い企業や仕事を紹介してもらうことだ。

エージェントも大小様々な企業がある。

こういうときは、なるべく大手から攻めたい。

数が豊富な方が見つかりやすいからだ。

見つかる可能性が高い。

転職エージェントは、いろいろと持ってくるだろう。

あまり関係のない求人もあるかもしれない。

そこであなたは問われている。

どこまで妥協できるのかが問われているのである。

簡単に妥協しないようにしたい。

転職エージェントは他にもあるのだから、最初の気持ちを大切にすること。

そして、納得の行くまでやってみて欲しい。

そういう人は、間違いなく採用されやすい。

ほとんどの人は、転職エージェントの言いなりなのだから。

がんばってください。

大手の転職エージェントと言うと、このあたりだろう。

リクルートエージェント
DODAエージェントサービス

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ