30代での転職は厳しい?売れない?20代との違いを武器に戦えば売れる!

      2017/06/08

30代からこそ20代とは違った転職の価値が出てくる

30代の人の価値はどこにあるのか

20代と30代のビジネスマン。

その価値は全く違う。

これは理解している人も多いと思う。

会社から求められることが全然違うこと。

気にしたことがない人も、実際はそうなのだ。

では、具体的にどんな違いがあるのか。

例えば、こんなことが言われたりする。

20代は仕事が早く、正確にできればそれでいい。

30代は結果を求められる。

そんなことが言われる。

結果が出せるかどうかで、その人の価値が決まるの?

すごく曖昧な気はするが。

ある本に書いてあったが、大企業だと3ヶ月、ベンチャー企業では1ヶ月で結果を求められるそうだ。

1カ月でどんな結果を出せるのだろうか。

無理なんじゃないか。

不安に思うだろう。

でも、こんなことで恐怖を感じて転職しないことの方がさらにもったいない

誰であれ、転職してすぐは新人であることには変わりない。

プレッシャーをかけることはあるにしても、1ヶ月で結果が出るなんてわずかな人だ。

転職は給料を上げるチャンスであることも確かなのだから、夢を持って挑戦して欲しい。

自信のない30代

30代、40代の人が転職に自信を持てないのには理由がある。

この年代のほとんどの人が自分には何もないと思いがちなのだ。

新卒のときは可能性を感じていた。

でも、今になって冷静に考えればわかるだろう

何も知らないから可能性があっただけなのである。

それが数年働いてみて、とくに自分には何もできなかった。

ただただ、働いて来ただけ。

誰でもできるようなことをただ毎日やってきただけ。

そう考えている人が30代、40代には多い。

とくに今まで転職することなく、1つの企業で頑張ってきた人はなおさらそうだ。

転職するにも自分には市場価値がないと思い込んでしまっている

でも、全然そうではない。

30代が持っているもの

30代の人はあるものを持っている。

明らかに20代にはないものを持っているのである。

ただし、問題はそれが目に見えにくいのがこの年代なのだ。

勘とかコツとか。

それは働いてきた中で、特に気にすることもなく身に付けてきたもの。

あるのかどうかすら、わからないものだけど、確かに持っているのだ。

これは毎日普通に働いていただけの人でも必ず持っている。

だから自信を持って欲しい。

それは何か月とかで取れるような資格などの比ではない。

これに比べたら資格なんて簡単なものだ。

勘やコツは、新卒のど新人では絶対に持っていないものなのだ。

しかし、それをどう説明することもできずに、ないものと思っているだけ

資格と違って、証明するものもないから、そうなるのも仕方ない。

貴重なものだと知らないのは自分だけ

1つの企業で働き続けると、そういった貴重なものを自分が持っていることにも気づかないだろう。

気付かないのだから、活かせることも知らない。

どんな場面で活かせるか。

これが活きるのが転職なのである。

なぜ転職で?

30代のビジネスマンが目に見えないけど、本当は全然20代に負けないものを持っている

企業の方が、そのことをよく知っている。

だから、30代、40代の転職者を求める企業はたくさん存在するのである。

30代だからこそ価値のある転職

私は30代からの転職にこそ価値があると思っている。

それはなぜか。

みんなは厳しいと言っているのに。

なぜなら30代の転職者は完成品になっているからだ。

商品として売れるのである。

新卒は材料を売っている。

材料には製品としての価値は何もない。

少し社会で働いてからの20代の転職はどうか。

20代の転職はまだ半製品を売っているようなもので製品を売っていない。

材料も半製品も買ってくれるのは製造業だろう。

消費者の手には届かない。

業者に販売することになると、えてして安売りしてしまうものだ。

逆に完成品となって自分を売る30代の転職は、ようやく製品として消費者の目に届くのだ。

材料の段階では、わからない反応がそこにはある。

売り方も、アピールの仕方も違う。

材料の時とは全く違う価値観で評価される。

つまり、20代と30代の市場は違うし、客も違う。

価格(転職で言う給料)のつけ方も違う。

30代が求められる市場でなければ正当に評価されないのは当然。

商品なんだから、材料を欲しがるメーカーにはもう売らない。

どこのメーカーが同業他社の製品を買うだろうか。

メーカーが欲しいのは材料だ。

製品を欲しがるのは消費者だ。

売れない転職者はいない?

30代後半あたりで転職活動をやってみて、転職は厳しいと言っている人がいる。

そういう人は市場を間違えている

全く違うところで売ろうとしている。

だから需要がない。

自分にあった市場で売れば、確実に売れる。

ある不動産屋さんが言っていたが、売れない不動産はないと言っていた。

価格の問題はあるにしても、いつまでも売れ残ることはないのだそうだ。

転職者も同じである。

売れない転職者はいない。

しかし、その中でも良い条件で転職しなければいけない。

給与が大きく下がったのでは転職の意味はない。

それも勘違いしないで欲しいのだ。

20代の市場とは価格が違うのだから。

材料よりも製品が安いなんてことは世の中にはあり得ない。

あり得ないことを、そうかもしれないと考えてしまうことが残念だと思わないか。

見えないものを恐れて動かないことは本当にもったいないのである。

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 転職の心構え