リクルートエージェントとリクルートキャリアの違いは何?

      2017/06/16

リクルートエージェントとリクルートキャリアの違いは何?

リクルートキャリアは会社の名前

転職エージェントというのがある。

「エージェント」なんていう言葉はなかなか聞かないものだ。

転職するときに聞くぐらいだろう。

転職なんて、頻繁にしないもの。

だから、詳しくない人も多いと思う。

リクルートキャリアとリクルートエージェントの違いは何か。

リクルートキャリアというのは会社の名前である。

この会社が、転職する人に向けたサービスを行っている。

その1つがリクルートエージェントというものだ。

これでもよくわからないと思うので、もう少しだけ詳しく説明しようと思う。

全体像を知っていると、転職では役に立つと思う。

リクルートキャリアという会社のサービスは?

リクルートという会社はものすごく大きな会社。

不動産事業があったり、メディア事業があったりする。

その中で人材に関する事業を担うのがリクルートキャリアという会社。

リクルートキャリアの仕事も、いくつかある。

まず、新卒採用で使われるリクナビというサイト。

これは新卒者向けのサービスなので、ここでは置いておく。

派遣も別である。

転職の分野だけでも、いくつかのサービスがある。

リクナビNEXT

リクナビと似ているが、中途採用で使われるのは、リクナビNEXTというサイト。

リクナビNEXTは、転職サイトと言われる。

求人広告がたくさん掲載されているサイトだ。

インターネットがあれば、どこからでも見られる。

そして、会員登録をすれば、応募もできるというサイト。

リクルートエージェント

次に転職エージェントだ。

冒頭でも言ったように、リクルートキャリアが行う転職エージェントが、リクルートエージェントだ。

転職エージェントは人材紹介と言われる。

企業から採用したい人材の要望を聞き、その条件に合った転職したい人を企業に紹介する。

企業で書類や面接といった選考が行われて、採用が決まる。

紹介した人が採用されると、企業がリクルートキャリアにお金を払う。

転職サイトのリクナビNEXT。

転職エージェントのリクルートエージェント。

この2つが主に転職で使われている。

リクナビNEXT

リクルートエージェント

転職のサービスは細分化されている

リクルートキャリアの転職サイトはリクナビNEXTである。

これは誰でも使えると思っていい。

もっとも幅広いユーザーに向けたサイトになっている。

リクルートグループで言えば、他にもいくつかのサイトがある。

例えば、女性向けの転職サイトであるのが、とらばーゆだ。

アルバイトの仕事のサイトはフロムエー

あとは派遣事業のスタッフサービスもリクルートグループ。

派遣では、リクナビ派遣というサイトもある。

正社員としての転職で考えるならば、先に書いた、リクナビ転職とリクルートエージェントを知っていればいいだろうと思う。

転職業界の大手のサービスはどうなってる?

この仕組みは他の大手企業でも似ている。

転職サイトと転職エージェントがセットになっている。

DODAという転職サイトを運営しているインテリジェンスには、DODAエージェントサービスがある。

マイナビという会社には、マイナビ転職という転職サイトと、マイナビエージェントがある。

マイナビの人材紹介は、非常に細かく入り口を増やしている。

薬剤師だとか保育士だとか、業界別にエージェントの入り口を作っているのが特徴だ。

エン・ジャパンはエン転職とエンエージェントがある。

エン転職とは別に「ミドルの転職」というサイトもある。

これはまたちょっと違うのである。

提携エージェントが入ってくるところの違い

ミドルの転職は提携エージェントと転職者の接点を作っているサイト。

なので、エンエージェントとは違う。

ここがわかりにくいところだと思う。

エンエージェントはエン・ジャパンという会社が行う人材紹介。

エン・ジャパンと提携している他社の転職エージェントが人材紹介を行うのは別で、その提携エージェントが転職者を募集しているがミドルの転職という感じ。

だからミドルの転職は転職サイトではないので、そこから応募はできない。

ミドルというだけあって、少し高めの求人を扱っているのが特徴。

そこがエンエージェントと違うのかと思いがちだが、だれが紹介するのかが決定的な違いだ。

この提携しているエージェントのサイトというのは、マイナビにも同様の形がある。

マイナビエージェントはマイナビという会社が行う人材紹介。

提携エージェントが行うときに転職者を募集するのが、マイナビ転職エージェントサーチというサイト。

マイナビ転職エージェントサーチ

では、リクルートはどうしているのか。

リクルートキャリアと提携している他の転職エージェント(人材紹介会社)は、リクナビNEXTのスカウト(オファー)という機能を使って転職者にアプローチしている。

スカウトというのが、それぞれの転職サイトにはあり、この機能も提携している転職エージェントが入ってくる場所になっているのである。

使い方はあなた次第

よくわからなくなってくるが、要は転職者として何ができるかだ。

まずは、リクナビNEXTのような転職サイトから企業に応募ができる。

そしてリクルートエージェンのような転職エージェントに登録すると、仕事を紹介してもらえる。

これとは別にリクルートキャリアが提携しているリクルート以外の転職エージェントに登録して、仕事を紹介してもらえる。

この3つで、だいたいの転職者は決まっている。

ちょっとずつ違いがあるが、リクルートキャリアという会社だけでなく、インテリジェンス、マイナビ、エン・ジャパンといった企業にも同じような仕組みがある。

ちなみにパソナは、エージェントはあるが、転職サイトはない。

パソナキャリアという転職サイトのようなものがあるが、応募するときは、転職者と企業との間にパソナが仲介者として入る。

パソナのやり方は人材紹介なので、転職エージェントのやり方である。

パソナキャリア

転職サイトの場合は、間にエージェントは入らないので、直接企業とやり取りすることになる。

そのやり取りはサイトを通して行うこともできるのである。

やはり時代とともに転職のやり方も変わっている気がする。

今、どの方法で転職するかは、まさにあなた次第。

私がおすすめするならば…という記事を書きましたので、気になる方は読んで下さい。

2017年…おすすめの転職エージェント!

記事がお役に立ちましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 - 企業・求人探しのコツ