働いていてもたまに旅行したい人が転職するときの求人の探し方

旅行は好きですか?

仕事を頑張ったご褒美に旅行に行ったりして、ストレスを解消するのもいいですよね。

ここで言っている旅行は、日帰りとか週末の一泊二日とかじゃないですよ。 1週間とか2週間とか使って海外に行っちゃったりする旅行です。

気分もリフレッシュしてまた仕事のやる気も出るってもんですよね。

ところが、企業によってはなかなか休みが取れない場合もあります。

転職する場合、旅行が生きがいとなっている人にとっては求人探しが重要になります。

転職サイトのデータをもとに、たまに休みを取って旅行に行きたいなら、どのように求人を探すべきかを考えてみます。

旅行に必要な検索条件を考えてみる

どのような求人を探すと、転職後にも仕事を休んで旅行に行けるでしょうか。

DODAとか、リクナビNEXTとか、マイナビ転職とか。これを転職サイトと言います。

転職サイトにはたくさんの求人があるわけですが、条件を設定して絞り込みを行うのが普通ですよね。 この検索の条件次第では、旅行好きにピッタリの求人が見つかります。

長期休暇が取れる企業の求人

まずは少し長めの休暇が取れる企業に転職しなければいけません。

企業にはそれぞれの文化がありますからね。 求人サイトで公言しているぐらいの会社の方がいいですよね。

求人検索では「長期休暇」を条件として検索できるサイトがあります。 どのサイトでもできるわけではないのがポイントです。

DODAとマイナビ転職とリクナビNEXT、@type、エン転職のサイトで検索をしてみてください。

長期休暇という検索条件があるのは、DODA、マイナビ、@typeです。 ただ、それぞれの言い回しは違います。

DODAは「独自の休暇制度」、マイナビは「5日以上連続休暇取得可能」、@typeは「長期休暇制度あり」です。

まあ、どれも休みが続けて取れることを言っています。

検索してみると、こうなりました。

DODA マイナビ転職 @type
1,279件 2,996件 561件

DODAが1,279件、マイナビ転職が2,996件、@typeが561件出てきました。 マイナビが多い結果になりました。

外資系企業の求人

個人的なイメージかもしれませんが、外資系の企業は長期の休みが取りやすい気がします。

私のまわりの外資系企業の人もプロジェクトが終わったとか言って、半月ぐらい休んで海外に行ったりしているんですよ。

それに日本人は真面目なイメージがありますしね。 海外はもっとゆったり仕事しているでしょ?

旅行のための長期休暇を取るならば、外資系企業は狙い目ということになります。 そこで、今度は外資系企業の求人を転職サイトで探してみます。

DODA マイナビ転職 リクナビNEXT @type
70件 134件 149件 74件

DODAが70件、マイナビ転職が134件、リクナビNEXTが149件、@typeが74件でした。

どのサイトも全体の求人件数は数千件以上はありますから、数としては少ないですが出るのは確かです。

服装自由の企業の求人

さらに個人的なイメージは強くなりますが、スーツで仕事する職場と服装が自由な職場ならどうでしょう。

どっちかと言えば服装自由の方が休めそうですよね。自由ですもの。

これが意外にもどのサイトでも検索条件にあるんですよね。

DODA マイナビ転職 リクナビNEXT @type
459件 1,257件 785件 442件

外資系企業の求人より多く出ました。 このへんを組み合わせると、旅行に行きやすい求人が見つかるんじゃないでしょうか。

こんな感じで探してみた場合に、探しやすい転職サイトをランキングしています。下の記事をご覧ください。

3つの条件で検索してみる

ここまで書いた条件を組み合わせて実際に検索してみます。

総合的に最も求人数が多くなりそうなのはマイナビ転職でしょう。

マイナビ転職では「詳しい条件を指定する」というところがあって「外資系企業」「服装自由」「5日以上連続休暇取得可能」の条件を設定できます。

さっそく実際に検索してみました。

全国で20件ありました。 けっこう少ないですね。 まだ業種や職種、そして勤務地も未入力です。

職種を営業にしてみます。 そしたら5件になりました。 もうだいぶ少ないので業種を選ぶとなくなってしまいそうです。

具体的には関東で1件、関西で1件、九州で1件ありました。 もちろん検索結果はそのときに登録されている求人によって異なりますが、私がやってみたときの結果です。

少ないように思えますが、これは一番多く出ることを考えてマイナビ転職を選んだ結果です。 全く同じ条件で@typeで検索してみると、1件です。

転職サイトも特徴があるので、選び方は自分の目的に合わせないといけないということですね。

旅行に行きたい人は転職が難しいのか?

旅行を生きがいにしているあなた、ガッカリしないでください。

転職は難しいような気がしてしまいましたか? 大丈夫です。 なぜ、こんなに求人は少ないのでしょうか。

それは求人数が少ないところで見ているからなんですね。 つまり転職サイトで探しているからです。

実は求人はもっともっとたくさんあるんですね。 それが非公開求人と言われるもの。

転職の80%は非公開求人で決まっているとも言われています。 そして非公開求人を持っているのが、転職エージェントです。

転職サイトではないのです。

旅行に行きたい人の転職で有利な転職エージェント

転職エージェントで求人を探すというのは無理です。探すのではなく、紹介してもらう必要があります。

転職サイトというのは、場所の提供だけで、あとは企業と転職者が直接やり取りするんですよね。

一方、間に仲介役としてキャリアアドバイザーが入るのが転職エージェント。彼らはよく企業のことを知っています。

休みが取りやすいかぐらい簡単に聞いてくれるでしょうね。

まとめ

たまに休みを取って旅行したいという人の転職に限定して、求人情報の探し方を考えてみました。

私のおすすめは、マイナビ転職を使うべきで、同じような求人の管理がされているマイナビエージェントなら求人数は数倍に増えます。

ただし、マイナビの求人は若い転職者がターゲットのメインとなっています。 ですから、30代以上の方なら、DODAや@typeの方が転職活動はスムーズに行くのではないでしょうか。

もっと転職に求めるもので優先したいものがあれば、どの転職エージェントを選ぶかは変わるでしょう。 目的によって使い分けるといいのではないでしょうか。

関連記事

×