「転職エージェントを探すサイト」を使うメリット

転職エージェントを探すときに、どうしても大手ばかりに目が行きがちですよね。でも、全国には2万社の転職エージェントがあります。そのほとんどは小さな転職エージェントです。

規模が小さい、つまり知名度もありません。つまり、探せないから、みんな知らないわけです。そして、よく目にする大手ばかりを使っています。

問題は、大手の転職エージェントでは決まらないことなんですよね。そこで必要になるのが、無名の転職エージェントを探すことのできるサイトです。

転職エージェントを選ぶ前に知っておきたい2つのこと

転職エージェントを探すことのできるサイトを使うメリットを知ってください。要するに、転職サイトで求人を探したり、大手の転職エージェントを利用するのとは違うメリットのこと。

そこには、2つの意味があります。転職が決まりにくい人が使うべきなのが、中小の転職エージェントなんですね。

転職が決まりにくい人のための受け皿

マイナビを例に考えてみましょう。マイナビ転職という転職サイト、マイナビが運営する人材紹介サービスのマイナビエージェント。

転職サイトと転職エージェントがありますよね。こういうのはリクルートでもDODAでも、大手と言われるところには両方ありますよね。

マイナビの場合には、もう1つ転職する人が利用できるサイトがあるのをご存知でしょうか。それが「マイナビ転職エージェントサーチ」です。

マイナビ転職エージェントサーチ

でも、転職サイトや転職エージェントで決まる人は、一部の人です。だから、マイナビ転職エージェントサーチが存在するのです。

それぞれの求人数について、下の図を見てください。

マイナビエージェントサーチの求人数

実はこのぐらいの求人数の差があります。それなのに、ほとんどの人は、転職するときにマイナビ転職のような転職サイトを使っています。あるいは転職エージェントの大手。

全体の求人のほんの一部しかない所で探しています。世の中にはもっとたくさんの求人があるのに。すごく狭いんですよね。

特に、転職がなかなか決まらない人が問題なのです。すごく狭い範囲で探しているのに気付いていない。視野を広げれば、採用される求人が見つかるのに、見えていないんです。

求人の数の問題ではない

マイナビ転職エージェントサーチは6万件ほどの求人があります。ただし、転職業界の大手であるリクルートエージェントやDODAエージェントサービスでは10万件以上あります。

数ではリクルートやDODAの方が上ですけど、重要なのは、転職の決め方です。大手と中小の転職エージェントではやり方がまったく異なるのです。

採用されるためのハードルの高さの問題

転職するときのハードルの高さは求人ごとに違います。でも、企業側も考えています。どこで人材を探すべきか。だいたいみんな同じようなことを考えるんですね。

知らない人が多いのですが、転職サイトは採用されるハードルの高い求人が集まっています。でも、転職するときに使う人が多いので、採用が決まる数は最も多くなっています。

転職サイトって、かなりの数の人が見ています。あなただって見ていますよね。簡単に見られる、探せる転職サイト。だから、採用されるためのライバルも多数いるのです。

転職エージェントを探すサイトの利用者は少ない

転職サイトの次にハードルが高いのは、大手の転職エージェントですね。これも基本的には転職の決め方が転職サイトと一緒です。

マッチングで仕事を探す。検索機能で探しています。だから、マッチしにくい人は決まらないわけです。

ここまでの話で何が言いたいのかわかりますよね。すごく狭い範囲で、しかもすごくハードルの高い所でみんな仕事を探しているということ。決まらない人は探す場所を間違えている可能性が高いということです。

狭い範囲で探した難しいところで勝負している

それでは決まらない人が多くいてもおかしくありません。そういった人の受け皿となるのが、中小の転職エージェントです。そして中小の転職エージェントが集まっているのが、転職エージェントを探すためのサイトなんですね。

探す場所を探すことから始める最先端の転職活動

もう1つ重要なことがあります。それは目的についてです。

求人ではなく、転職エージェントを探す目的は、たしかに転職するためではありますが、直接仕事を探すのではありません。仕事を紹介してくれる人を探すことになります。

あなたに代わって、あなたに合っている仕事(求人)を見つける人(転職エージェント)を探すということです。

転職の仕事探しも進化している

昔はどうやって仕事を探していたでしょうか。おそらく顔の広い人に「いい仕事はないですか?」とお願いしていたのでしょう。

それがハローワークや転職サイトが出てきて、数千件の求人を家にいながら探せるようになりました。ただ、そこには問題があります。

顔の広い人の場合は、知り合いの数以上のライバルはいません。転職サイトだとライバルがかなり多く生まれてしまい、決まらなくなってしまいます。

インターネットは便利ですが、だれでも、どこでも求人が見られる環境は、採用されるといった目的を達成するためには邪魔になることもあるんですよね。

その欠点を埋めているのが、転職エージェントです。正確に言えば、中小の転職エージェントです。彼らが決まらない人を採用につなげているんです。

仕事ではなくコネを探す方法が最先端

どの転職エージェントでもいいわけではなく、中小ですから業種の範囲や地域が限定されている。選ばなければいけないことになります。それは転職する人からすれば、仕事を探すのではありませんよね。

仕事を探す場所や人、会社を選ぶことになります。これだけ転職が一般的に行われる現代では、最先端とも言えるのが、転職エージェントを探すという方法なのです。

もちろん、20代の人や企業が欲しいと思うような経験がある人は、どこで仕事を探しても採用されます。ですが、転職活動が厳しいと感じる人は、この最先端の方法が必要になります。

転職エージェントを探せるサイトは少ない

中小の転職エージェントを探すには、そういった専用のサイトを利用するのが一番です。ただし、転職エージェントを探せるサイトは少ないのが現実です。

主に2つしかないんですね。人材バンクネットとマイナビ転職エージェントサーチです。エンエージェントのミドルの転職というのも近いのですが、ミドル層に限定している求人が多いので、使いにくい部分があります。

それでは、具体的に中小の転職エージェントを探すことのできるサイトの特徴を見てみましょう。

目次へ

関連記事

×